Category Archives: 不倫復讐 浮気復讐

不倫復讐 浮気復讐

不倫相手に復讐、制裁

Published by:

不倫相手に復讐、制裁

不倫相手に復讐や制裁を考えている人は多くいます。

なぜそのような感情を抱くのでしょうか、それは気持ちに整理がつかないからです。実際にパートナーの浮気や、不倫に苦しみその後の人生を台無しにしてしまっている人も多く不幸なことです。

自分の気持ちに整理がつかないため、復讐、制裁を考えているのです。当然何らかのアクションを起こさないと気が収まらなくなります。そんなときには犯罪を犯さないよう対応を考える必要が出てきます。

そんな時には当者を利用ください。

不倫調査、浮気調査を通じて最適な方法を考えましょう。

浮気調査、不倫調査とは、一方の配偶者や婚約者又は恋人に浮気の疑いがある際に、その事実を確認する為に実施される行為をいう。調査は疑いを持った人物が自ら行う事もあるが、一般的には、専門の探偵や興信所などの浮気調査を取り扱う調査会社に依頼することも多く行われている。

ここに云う、浮気、不倫とは、異性交際において本命の恋人と交際関係を維持しながら、無断で他の異性と交際することを指す。但し、厳密には交際する相手は特に異性に限定されていない。 なお、一般に浮気調査という場合には、既婚者が他の異性と肉体関係を結ぶ不倫行為の調査も含まれている。

 

浮気や不倫の話題は、みなさん多く耳にすると思います。 会社でも浮気や不倫の話が聞こえてくることもあるでしょうし、 ママともやパート先でも浮気や不倫の話で盛り上がることもあると思います。 女子会や飲み会の席でもこのようなトークは日常です。 それほど浮気や不倫が起こっているのが今の世の中です。決して 岡山も例外ではありません。

岡山県の浮気調査、不倫調査はアンバサダー調査事務所へご依頼下さい

不倫復讐 浮気復讐

浮気の復讐方法 岡山 倉敷 津山

Published by:

浮気の復讐方法 岡山 倉敷 津山

 

浮気の復讐とは何でしよう

 

浮気の復讐には、いろいろな方法があるのですがどんな復讐をしても恨みがはれなければ意味がありません。

要は、どうすれば浮気をされたことに対して、気持ちが、すっきりできるかということうことに尽きるのです。裁判をして気持ちがはれるならそれも一つの方法でしょう。

浮気相手に対して様々な主張もできます。慰謝料の請求、払えない場合は給料の差し押さえなど様々なことが考えることができます。

またこのようなことを弁護士に依頼することもできますが、当事者であれば被害者本人で対応することは違法なことではないのです。弁護士の仕事は代理業ですので、あなたの代理としての行為ですから当事者の権利の範囲を越えなければよいだけです。

感情、怒りに任せて復讐に走るようではだめです。十分な思考を巡らせ効果的に、なおかつ冷静に復讐を行うのです。

不倫相手の会社や家の前で暴れる、リベンジポルノをばら撒くセクストーションなどを行うなどな違法行為と主張される行為は控えるべきです。

十分に情報分析を行い、効果的な方法を考え空いて覆い詰めることを考える必要があります。被害者本人にはリスクのない方法を考えておく必要もあるのです。

浮気の復讐は捨て身の行動では意味がないのです。

 

浮気や不倫で悩んでいるあなたと一緒に解決します!

浮気や不倫で悩んでいるのは、時間の無駄かもしれません。 悩む時間も、浮気相手や不倫相手との関係は深まっていくのです。 人は、時間を共にすることで愛着が湧いていくものです。

浮気が本気になることもよくあります。 もし、あなたがパートナーとの仲が良くなかったとすればなおのこと、 浮気相手に本気になる可能性は高くなります。

浮気や不倫を放置していると、浮気相手との間に子供が出来ることもあります。 ダブル不倫の場合は、相手の配偶者からの慰謝料請求の可能性や、浮気をネタに脅される可能性も出てきます。 浮気や不倫を放置することで二次被害が起こる可能性もあることを念頭に置いておきましょう。

 

浮気や不倫は隠そうとするものです。

探りすぎると余計に痕跡を残さなくなります。

そうならない為にも、岡山の探偵社アンバサダー調査事務所へ浮気調査をご依頼ください。

 

不倫トラブル 不倫復讐 浮気復讐 不倫脅迫 浮気脅迫 不倫調査

不倫路チュー

Published by:

不倫路チュー

不倫は不法行為

夫婦の一方が、異性の愛人と不貞行為(浮気・不倫)をした場合に不貞行為の相手に慰謝料を請求することが出来る場合があります。
損害を被った配偶者は、貞操義務に違反した配偶者と異性の愛人に対して、貞操権侵害による精神的苦痛に対する慰謝料として、
損害賠償を請求することができることがあるのです。

その際、不貞行為が異性の愛人の誘惑によるものか、自然の愛情によって起こった事かは関係ありません。純愛を装っても、不倫は不倫です。
不貞行為そのものに違法性があるとして慰謝料の請求を認めているのです。

これら民法の規定を根拠に、共同で不法行為をした配偶者と異性の愛人に対し、精神的苦痛を受けた配偶者は、慰謝料として損害賠償の請求をすることができます。
農水政務官問題

この様な問題は、政治家の間では国民はすぐ忘れると言われています。

農林水産省の中川郁子(ゆうこ)政務官(56)が12日午後の衆院予算委員会で、週刊誌の“不倫路チュー報道”をめぐり、野党から厳しい追及を受けた。

妻子ある自民党の門(かど)博文議員(49)と路上でキスをする写真が報じられたことについて、民主党の大西健介議員が(43)が質問に立った。「酒を飲み、酔った勢いで門議員とセック…」と言いかけた後で「“不適切な行為”に及ぶとは、政務官として適性を欠くのでは?」と指摘。「無理をせず、早く自ら身を引いて地元に戻り、説明と謝罪をしに回る方がよいのでは」と辞任を求めた。

中川氏は暗い表情でうつむき、体をすくめるように着席。議長に促されて起立した後は、マイクの前に立って深々と一礼した。「酒席の後とはいえ軽率な行動で、深く反省しています」とあらためて謝罪。終始伏し目がちで、答弁中も視線を上げることはなく、今にも泣きだしそうな声で「大臣を支え、政務官の職務に全力で取り組むことが私の責務」と続投の意思を示した。

直前まで、タレント山本モナ(39)との“不倫路チュー”が06年に報じられた民主党の細野豪志政調会長(43)が質問に立っていた。“不倫路チュー”では“元祖”ともいえるが、「そうだ!そうだ!」とあおる同党議員の援護射撃もあり、大西氏の追及の手が緩むことはなかった。中川氏の夫で09年に急死した中川昭一元財務相の名前を挙げ、安倍晋三首相(60)に「首相の盟友だった中川さんは草葉の陰でどう思ってるでしょうね」と皮肉った。

これに先立ち午前の予算委で林芳正農相は「国民に不快な思いをさせ残念。公人として自らを律し、職務に専念してほしい」と続投させる考えを強調。安倍首相も官邸で自民党の谷垣禎一幹事長と会談した際に、中川氏について「しっかりやってもらわないといけない」と苦言を呈していた。