Category Archives: 不倫調査

不倫調査

不倫調査 不倫疑惑

Published by:

不倫疑惑

不倫

不倫とはは本来は、倫理から外れたこと、人の道から外れたことを意味する。近年では特に、近代的な結婚制度(一夫一婦制)から逸脱した男女関係、すなわち配偶者のある男や女が配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことを指して用いられる。

最近では、タレントのベッキーが不倫報道でテレビから姿を消している。
男性国会議員として、初めて「育児休暇」を取得する意向を示していた、自民党の宮崎謙介衆議院議員が一部報道で不倫疑惑を報じられた。
宮崎議員が、女性を地元の京都の自宅などに連れ込むなど、不倫疑惑を報じたもの。
宮崎議員は、周辺に対して、女性との不適切な関係を認めているという。
宮崎議員は、2015年2月、同じ自民党の金子恵美衆議院議員と結婚し、先週、第1子が誕生しばかりで、男性の育児参加を促すために、男性国会議員として初めて、育児休暇を取得する意向を示していた。

 

本人も不倫を認めているなら今後どのような身の振り方をするのか関心がある。

 

不倫調査

不倫調査に関してのお問合せをよく頂きます。パートナーの帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、不倫のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。

不倫トラブル 不倫復讐 浮気復讐 不倫脅迫 浮気脅迫 不倫調査

不倫路チュー

Published by:

不倫路チュー

不倫は不法行為

夫婦の一方が、異性の愛人と不貞行為(浮気・不倫)をした場合に不貞行為の相手に慰謝料を請求することが出来る場合があります。
損害を被った配偶者は、貞操義務に違反した配偶者と異性の愛人に対して、貞操権侵害による精神的苦痛に対する慰謝料として、
損害賠償を請求することができることがあるのです。

その際、不貞行為が異性の愛人の誘惑によるものか、自然の愛情によって起こった事かは関係ありません。純愛を装っても、不倫は不倫です。
不貞行為そのものに違法性があるとして慰謝料の請求を認めているのです。

これら民法の規定を根拠に、共同で不法行為をした配偶者と異性の愛人に対し、精神的苦痛を受けた配偶者は、慰謝料として損害賠償の請求をすることができます。
農水政務官問題

この様な問題は、政治家の間では国民はすぐ忘れると言われています。

農林水産省の中川郁子(ゆうこ)政務官(56)が12日午後の衆院予算委員会で、週刊誌の“不倫路チュー報道”をめぐり、野党から厳しい追及を受けた。

妻子ある自民党の門(かど)博文議員(49)と路上でキスをする写真が報じられたことについて、民主党の大西健介議員が(43)が質問に立った。「酒を飲み、酔った勢いで門議員とセック…」と言いかけた後で「“不適切な行為”に及ぶとは、政務官として適性を欠くのでは?」と指摘。「無理をせず、早く自ら身を引いて地元に戻り、説明と謝罪をしに回る方がよいのでは」と辞任を求めた。

中川氏は暗い表情でうつむき、体をすくめるように着席。議長に促されて起立した後は、マイクの前に立って深々と一礼した。「酒席の後とはいえ軽率な行動で、深く反省しています」とあらためて謝罪。終始伏し目がちで、答弁中も視線を上げることはなく、今にも泣きだしそうな声で「大臣を支え、政務官の職務に全力で取り組むことが私の責務」と続投の意思を示した。

直前まで、タレント山本モナ(39)との“不倫路チュー”が06年に報じられた民主党の細野豪志政調会長(43)が質問に立っていた。“不倫路チュー”では“元祖”ともいえるが、「そうだ!そうだ!」とあおる同党議員の援護射撃もあり、大西氏の追及の手が緩むことはなかった。中川氏の夫で09年に急死した中川昭一元財務相の名前を挙げ、安倍晋三首相(60)に「首相の盟友だった中川さんは草葉の陰でどう思ってるでしょうね」と皮肉った。

これに先立ち午前の予算委で林芳正農相は「国民に不快な思いをさせ残念。公人として自らを律し、職務に専念してほしい」と続投させる考えを強調。安倍首相も官邸で自民党の谷垣禎一幹事長と会談した際に、中川氏について「しっかりやってもらわないといけない」と苦言を呈していた。

不倫調査

セックスレス

Published by:

既婚者のほぼ半数「セックスレス」

コンドームの会社の調査

既婚者のほぼ半数が自分たち夫婦をセックスレスだと感じている・・・

そんな調査結果を、コンドームの会社が発表しました。

全国の男女にセックスの回数や意識について聞き、年齢別にまとめた結果からですが
1月にインターネットでアンケートをし、20~60代の男女計1万4100人から回答を得た結果。
セックスレスと感じているのは、

交際相手のいる未婚者は29・0%、

既婚者は55・2%。

40~50代の男性では6割を超えていました。
1カ月の平均回数は

未婚者の4・1回に対し、

既婚者は1・7回とほぼ半減。

セックスが少ないと感じる人のうち、

「もっとしたい」と答えたのは男性75・2%、

女性35・8%。

回数が少ない理由は「相手がその気にならない」「きっかけがない」など。
初体験の年齢を聞くと、

60代の回答の平均は21・7歳。

20代は平均18・7歳で、低年齢化している実態が浮かんだ。

 

 

浮気調査のご依頼は,倉敷 探偵

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099
ストーカーでお困りの方は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099
~詐欺被害解決~  倉敷 探偵  倉敷市 探偵

詐欺被害トラブル相談の受付ています。

泣き寝入りをするまえに、どうぞご相談ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099
.

不倫調査

親の不倫

Published by:

親の不倫

 

今日も、探偵のブログを読んでくださってありがとうございます。
不倫に修羅場はつきものですが、

こんなこともあるんです!
母の不倫知った中学生娘 FBで相手に脅迫書き込み

 

お互いに家庭のある身でありながら、ついつい男女の関係に……。不倫はその危うさゆえにこそ、溺れてしまうのかもしれない。しかし、ひとたび発覚すれば、待っているのは修羅場です。

地元の飲み屋で知り合った、1歳年下の専業主婦とカラダの関係を持つようになったA氏(50代・自営業)。ダンナと中学生の娘が会社や学校に行っている間に、家に上がり込んでイチャイチャするのがお決まりのパターンだった。

ところがある日の昼、いつものように彼女の家でエッチを始めようとしたタイミングで、夕方まで帰ってこないはずの彼女の娘が、突然、帰宅したんです。どうやら彼女が予定を勘違いしていたらしい。幸い、服はまだ脱いでいませんでしたが、母親の動揺ぶりに、娘は何か察したようでした。

しばらくして、A氏のフェイスブックに脅迫めいた書き込みが続くようになる。

『お母さんを返せ』『お父さんに話すから!』といった内容で、読むたびに背筋が凍りました。未練はあったけど、泣く泣く彼女とは別れることに。でも、彼女のダンナにバレて脅されるんじゃないかと、いまだに不安で眠れない夜が続いています・・・

不倫調査、恐喝被害解決のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

~エステサロン被害相談~

最近では男性専用のエステサロンも見かけるようになり、

男女ともに『美』に対する意識が高くなった事を感じざるを得ません。

そのような中、トラブルや詐欺の被害も絶えません。

契約したにも係らず、予約が取れない。

施術で肌に炎症が起こった。

説明不足で、施術後日焼けをして色素沈着が起こった。

脱毛で火傷をした。

など、被害は様々です。

エステサロン被害でお困りの方は、ご相談ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

不倫調査

独身

Published by:

独身

 

 

独身に戻りたいと思うことはありますか?
はい 34%
いいえ 66%
どんなときにそう思いますか?
■ひとりの時間が欲しい!!
・「一人の趣味の時間が取れない」
・「好きなときに好きなことができるから」
・「ひとりの時間を持ちたいときや、お金をもっと自由に使いたいとき」
・「もともと一人っ子で、カギっ子だった。さらに就職してすぐに家を出て一人暮らしだったので、一人でいることが当たり前になってしまっている」
・「自分の時間が十分に持てない時。普段は問題なく感じているが、たまにそういう時がある」
■自由を求めて
・「ひとり旅に出たいなと思う時」
・「一人でふらっと旅に出たいとき」
■気になる異性がいる
・「好きな人ができたとき」
・「ふと浮気したくなる時、若い子がやっぱり気になる」
・「かわいい子に出会ったとき」
■お金の問題
・「財布の中身を見た時」
・「生活費を実感した時」
・「お金を渡すとき」
■妻とけんかすると
・「夫婦げんかしたとき」
・「妻がうるさい時」
■独身の友人が楽しそう……
・「独身が楽しそうなのを見て」
・「友達の恋愛話や旅行話を聞いている時」
■家事につかれたとき
・「子供の相手に疲れたとき」
・「家事をやっているとき」
■その他
・「何もかも疲れている時」
・「最近いつも」
・「土日に起こされるとき」
■総評
「独身に戻りたい」と思うことがある男性の割合は34%。この数字は女性に質問した場合となんと同数だった。とはいえ回答を見てみると、男女での違いが目立つ。
男性版の圧倒的1位は「ひとりの時間が欲しい」というもの。
「趣味に没頭したい」のように、ひとりになった時間で具体的に何かやりたいことをあげた人は少なく、多くの人が”ただ”ひとりになりたいと答えていたのが印象的だった。
2位は「すてきな異性に出会ったとき」と「家にお金を入れるとき」が同数でランクイン。パートナー以外との恋愛感情にまつわる理由は女性でも少なくなかったが、後者は男性特有。手元に残るのは少ないお小遣いのみ、という男性にとってみれば、たしかにため息が出てしまう瞬間だろう。

に戻りたいと思うことはありますか?
はい 34%
いいえ 66%
どんなときにそう思いますか?
■ひとりの時間が欲しい!!
・「一人の趣味の時間が取れない」
・「好きなときに好きなことができるから」
・「ひとりの時間を持ちたいときや、お金をもっと自由に使いたいとき」
・「もともと一人っ子で、カギっ子だった。さらに就職してすぐに家を出て一人暮らしだったので、一人でいることが当たり前になってしまっている」
・「自分の時間が十分に持てない時。普段は問題なく感じているが、たまにそういう時がある」
■自由を求めて
・「ひとり旅に出たいなと思う時」
・「一人でふらっと旅に出たいとき」
■気になる異性がいる
・「好きな人ができたとき」
・「ふと浮気したくなる時、若い子がやっぱり気になる」
・「かわいい子に出会ったとき」
■お金の問題
・「財布の中身を見た時」
・「生活費を実感した時」
・「お金を渡すとき」
■妻とけんかすると
・「夫婦げんかしたとき」
・「妻がうるさい時」
■独身の友人が楽しそう……
・「独身が楽しそうなのを見て」
・「友達の恋愛話や旅行話を聞いている時」
■家事につかれたとき
・「子供の相手に疲れたとき」
・「家事をやっているとき」
■その他
・「何もかも疲れている時」
・「最近いつも」
・「土日に起こされるとき」
■総評
「独身に戻りたい」と思うことがある男性の割合は34%。この数字は女性に質問した場合となんと同数だった。とはいえ回答を見てみると、男女での違いが目立つ。
男性版の圧倒的1位は「ひとりの時間が欲しい」というもの。
「趣味に没頭したい」のように、ひとりになった時間で具体的に何かやりたいことをあげた人は少なく、多くの人が”ただ”ひとりになりたいと答えていたのが印象的だった。
2位は「すてきな異性に出会ったとき」と「家にお金を入れるとき」が同数でランクイン。パートナー以外との恋愛感情にまつわる理由は女性でも少なくなかったが、後者は男性特有。手元に残るのは少ないお小遣いのみ、という男性にとってみれば、たしかにため息が出てしまう瞬間だろう。