Category Archives: 告訴 告発

告訴 告発

加害者生徒を告訴 告訴 告発 岡山県 倉敷市

Published by:

加害者生徒を告訴

子供だからと言って責任を逃れりことはできません。刑事告訴は当たり前のことです。子供にも責任をとるという考え方を教える必要があるのです。

岩手県矢巾町で、いじめを訴えて自殺した中学2年の男子生徒について、学校は「いじめが自殺の一因」とする調査報告書をまとめ、26日、遺族に説明した。

矢巾町の中学2年・村松亮さん(13)は生前、担任とやり取りするノートに「いじめ被害」を再三訴え、今月5日に自殺した。中学校の校長らは26日午前、教職員や同級生からの聞き取り結果などをまとめた調査報告書を父親に手渡した。報告書は、「机に頭をたたきつけた」「朝礼で嫌がらせをした」などの6件を「いじめ」と認め、「自殺の一因」と結論付けている。

亮さんの父親「私が思ういじめという認識と学校側が思ういじめという部分では、やっぱり考え方が違うというか、認識の仕方が違う」

学校は26日夕方、保護者会で報告書の内容を説明。臨時登校日の27日には、生徒にも説明する予定。保護者会後の会見で校長は、「亮さんのかけがえのない命を守り切れなかったこと、たいへん申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

一方、父親は26日夕方、加害者の生徒4人を「暴行」や「強要」などの疑いで岩手県警に告訴した。

 

子供の犯した犯罪でのトラブルは、私どものクライアントには事件にするように勧めています。子供は将来があるからと言って穏便に済ましても、犯罪者になるための将来では意味がなく、悪いことは悪いとして責任を取らすという考えで、対応をとっています。

告訴 告発

やらせ告発

Published by:

やらせ告発

a君が芸能界を干されたのが分かります。報道番組で無い以上このようなやらせはあるものと考えている視聴者が大半でしょう。

大した仕事もしなくていい給料もらっているのでうらやましいと思いますが、ますます世間を狭くした感じです。

便利屋の前は探偵をしていたようですが、うまくいかなかったのでしょうか。

無能な人は何をやってもうまくいくことは無いのです。

 

便利屋の全国チェーン「便利屋!お助け本舗」(以下「お助け本舗」)の取締役を今年3月まで務めたa氏(44)は、週刊ポスト(5月22日号)誌上で衝撃の告白をした。「お助け本舗」がNHKの人気番組『ドキュメント72時間』(毎週金曜・夜10時55分~)の取材を受けた際、「やらせ行為」をしていたと暴露したのだ。撮影に関わった仕事の依頼者はいずれもスタッフの知人であり、「夜中に風呂場のナメクジを取る」という依頼のためにナメクジをセットしたこともあったという。

だが、「やらせ」はNHKだけではなかった。a氏はテレビ朝日系『いきなり!黄金伝説。―特別編 2泊3日便利屋!お助け本舗密着生活』(2012年6月17日放送)で「恋人が来るので3時間で片付けてほしい」という依頼について、依頼者はNHKの番組でナメクジを除去した同社の社員で、「ゴミ部屋の捏造」が行なわれたことを告発。また、TBS『キスマイフェイク』(2014年2月6日放送)でも依頼者は同社の社長の妻でや撮影場所は社長の自宅だったという。読売テレビ『す・またん!』(2014年1月27日放送)では、オーストラリアに住みハウスクリーニングの会社を営むa氏の兄に依頼し、「架空の海外支店」を登場させたことも明かした。

a氏の告発に「お助け本舗」はどう答えるか。運営会社社長のA氏が書面で回答した。

『いきなり!黄金伝説。』でNHK番組での「ナメクジ駆除社員」が依頼者だったことについては、「撮影当時、当社の社員ではなく、撮影後に自ら便利屋を行ないたいと申し出があった」と回答。また、外から「ゴミを部屋に入れた事実は一切ありません」とした。

『キスマイフェイク』でA氏自宅が舞台だったことは「事実です」と認めている。

オーストラリア支店については、a氏と言い分が異なった。

「元々、a氏の兄が当社の仕事と重複するハウスクリーニング業をオーストラリアで行なっており、a氏の提案を受け現在に至っております。依頼としては成約しておりませんが、同国でのご相談を何度かお受けしております」

a氏の兄の会社は、いわばフランチャイズ加盟店であるという主張のようだ。そこでオーストラリアにいるa氏の兄に電話取材すると、こう答えた。

「弟から『(同社)相談役のBさんに頼まれた』といわれ手伝いました。うちの会社のスタッフがユニフォームを着て撮影し、写真を送りました。お助け本舗からは仕事も貰っていませんし、契約も結んでいない。弟も会社を去ったのでHPからも消して欲しいです」

a氏のいうとおり、番組内容がウソで塗り固められていたら、テレビ局はまんまと騙されたということになる。しかし各局とも検証したり、視聴者に説明したりする気はないようだ。

「a氏の当時の様子をクイズ形式で取り上げたバラエティ番組です。それ以上お答えすることはありません」(TBS)

「番組担当者や、取材対象者に事実関係等を確認致しました。ご指摘の内容については把握しておりません」(読売テレビ)

「事実関係を確認しているところです」(テレビ朝日)

坂本氏が悔恨の念をこめていう。

「同じスタッフや住宅が依頼者として何度も登場していましたし、いつも“今度こそバレるんじゃないか”と冷や汗の連続でした。もうこんな嘘に塗り固められた生活は送りたくない。すべて吐き出した上で、テレビ局の皆さんにも、視聴者の皆さんにも改めて謝りたいと思います」

日本を代表する大メディアが、ここまで原始的なやらせ、仕込みを堂々と放映していたとすれば、それこそ自民党に呼び出されて吊るし上げられそうな話である。「ウソでもいい」は日本のテレビ界全体の悪習なのだろうか。

告訴 告発

不正受給 

Published by:

年金5,000万円以上不正受給

この問題は不正受給した者からちゃんと回収することができるのかということです。生活保護の不正受給然も当然必死に回収行うことが重要です。

不正してもお金の回収がなければ、不正受給ははいっこうに減ることはありません。

女は市正規職員・税務課で定年退職

死亡した両親の年金5,000万円以上を不正受給。86歳の女による犯行には、制度上の死角が深く関係していた。

8日午後0時40分、鈴木光枝容疑者(86)の身柄が、岐阜地検多治見支部へと送られた。

死亡した両親の年金をだまし取った詐欺などの疑いで逮捕されたのは、岐阜・恵那市の鈴木光枝容疑者。

鈴木容疑者は、1965年に母が60歳、その3年後に父が65歳でそれぞれ亡くなった。

しかし、市役所に死亡届は出したものの、年金については、両親が生存しているかのように装い、2人分の年金を、およそ50年にわたって不正に受給していたとみられている。

近所の人は「(亡くなって)もう何年になるか、わからないくらい。(お葬式は?)やったよ」と話した。

およそ50年にわたり年金を不正に受給し続けた鈴木容疑者。

その額は5,000万円以上にのぼるとみられている。

玄関に、大きなタヌキの置き物が置かれた住宅。

鈴木容疑者は、ここで、妹とその娘との3人で暮らしていた。

近所の人は、「結構、いろんなところに出かけたり、金遣いは結構、派手だったと、おばあちゃんたちに聞いたことがある」、「(みんなで集まった時に)みんな駄菓子を持ってきたんだけど、あの人(鈴木容疑者)は、おまんじゅうとかいいものを持ってきた」などと話した。
また、80年来の友人だという男性は「美人で、このあたりでも一番の鈴木光枝です。一番。(何が一番?)人間的。『金は何とかなるからいらん』(と言っていた)」と語った。

裕福そうに見え、いつもおしゃれに着飾っていたという鈴木容疑者。

8日、恵那市役所は会見で、鈴木容疑者が1989年に定年退職するまで、市の職員として働いていたことを明らかにした。

恵那市役所は、会見で「最後は税務課です。(正規職員?)そうです。定年で退職しています」と語った。

鈴木容疑者の両親がもし生きていれば、112歳と110歳という年齢になる。

年金機構の担当者は「死亡の情報というのは、市町村ではないので持っていない。(生存の)確認方法として、現況届の確認と現在なっています」と語った。

年金機構によると、現在は、年金受給者の99%以上が、住基ネットで情報が共有されているので、生存の確認ができるという。

しかし、0.4%にあたるおよそ14万人については、年に1回提出される現況届に、生存の記載があれば、年金が支払われるという。

塩崎厚労相は「再発防止にしっかり努めていかないといけないので、住基ネットによる生存確認が、いっそう徹底されるよう、手を打ちたい」と述べた。

今回、事件が発覚したきっかけは、75歳以上で介護保険を利用していない人を対象に行った、年金機構による一斉調査だった。

警察の調べに、鈴木容疑者は「身に覚えはない。現況届は見たことがない」と容疑を否認しているという。

告訴 告発

告発 

Published by:

告発 

信頼と実績のリピート率72.8%!!お悩み事、問題事の解決方法をお探しのお客様、当社へ是非ご相談ください!一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。そのようなお悩みをお持ちのお客様がいらっしゃいましたら、ご相談くださいませ。確かな知識を備えた専門のスタッフがあなたのお悩みや問題を徹底的にサポートし、早期解決とへ導くべく、お客様の幸せの一助になる事を志し、誠心誠意、まごころを持ってお手伝いをさせて頂きます。男女のもつれや近隣とのやっかい事、金銭や犯罪にまつわる問題だけでなく、家族・親族間での心配事は勿論の事、職場や企業における悩み事、商取引における衝突などにも対応させて頂きます。これら以外にも諸々のご相談事を承っておりますので、該当するものがないと思われるケースに遭遇しておられる方も、是非一度当方までお問い合わせ頂ければ、専門スタッフがご相談に応じさせて頂きます

NHKドキュメンタリー番組で“やらせ”

また“やらせ問題”か!? 報道番組「クローズアップ現代」での“過剰な演出”で、担当記者らへの懲戒処分が7日に発令されたばかりのNHKをめぐり、新たな告発が飛び出した。別の番組で取材対象者側の作為的行為による「“やらせ”があった」というのだ。告発者は、取材対象の関係者だったタレントのa(44)ら。「ドキュメンタリーでウソは許されない。NHKが全く真偽を確認しないまま企業の誇大広告を垂れ流したようなもの」と本紙に、番組のからくりを洗いざらい明かした。

“やらせ”があったというのは、企業や店を3日間“定点”で追いかけ、現代の人間模様をあぶり出すNHKのドキュメンタリー番組「ドキュメント72時間」(金曜午後10時55分)。a自身が3月まで取締役を務めていた「便利屋!お助け本舗」を取り上げた「便利屋、都会を走る」(今年2月13日放送)の回だ。

これまでは知名度を生かしてaが「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系)や「スクール革命!」(日本テレビ系)など数々のバラエティー番組に出演し、同社の宣伝をする広告塔の立場だった。

aは本紙と一部週刊誌に「今回、僕は(その番組には)出演しなかったが、番組で紹介された依頼内容のほとんどが“やらせ”で、登場した依頼主の家は過去に私が番組のロケで何度も訪れた同社代表の奥さんの実家なのです。バラエティー番組での多少の仕込みは許容できても、ドキュメンタリーでウソは許されない。NHKが全く真偽を確認しないまま企業の誇大広告を垂れ流したようなもの」と告発を決意した経緯を説明した。

密着取材は昨年12月5日午後から8日午前までの72時間。お客の要望で、風呂場に出たナメクジ駆除、結婚記念日に妻に贈るケーキの購入代行、ケガした主婦の大掃除代行、犬の散歩代行などの依頼内容に出向く便利屋の仕事に密着した内容だった。

だが、現場に同行した関係者は本紙に「夜中に依頼電話がかかってきたナメクジ駆除も仕込みです。従業員が調達した2匹のナメクジを撮影前に風呂場にセッティングしたんです。NHKカメラマンに『こんなキレイな風呂にナメクジが出るんですねぇ』と聞かれて言葉に詰まりました。窓もないのにどこから侵入したのか(苦笑)」と明かした。

取材を受ける側がやらせをしていたというのだ。では、取材したNHK側は、それを知っていたのか。取材クルーは1班5~6人からなる2班態勢で密着取材した。

前出の関係者は「NHKから“こういう絵が欲しい”などと指示されたことはない。ですが、ある従業員が依頼を終えて事務所に戻ると、別の従業員が“依頼”されたというジグソーパズルを完成させており、NHKはずいぶん効率よく絵が撮れておいしいとは思ったはず。実際には12月に依頼の電話がジャンジャン鳴ることはないし、ジグソーパズルの依頼なんてまず聞いたことがない。便利屋の事務所には24時間、定点カメラ2台が設置されていたので、その映像と音声を確認すれば、こちらでやらせを指示する様子にもNHKは気がつく部分もあったと思う」という。

aは責任を感じている。自身が広告塔となってフランチャイズに加盟した人々がいたからだ。バラエティー番組では取締役で「年収2000万円」と語っていたが、取締役とは名ばかりで実際は月給数十万円だった。

「加盟店に対する搾取などの社内的問題でたまりかねていたところにNHKの番組が放送されて、これ以上“ウソ”の広告塔に利用されるのは嫌だと会社を離れることにした」

告訴 告発

政活費不正議員を刑事告訴

Published by:

政活費不正議員を刑事告訴

東大阪市議会の政務活動費の不正支出問題で、同市の野田義和市長は15日、領収書を偽造するなどして政務活動費を不正に受け取った議員について、詐欺や有印私文書偽造・行使などの容疑で刑事告訴する方針を固めた。弁護士に手続きを委任し、今月中にまず1人について告訴状を提出する。

野田市長は複数の議員について告訴を検討していることを明らかにし、「公金を明確な意図を持って私物化した。市長として看過できない」と話した。

同市議会では昨年夏以降、政活費の運用マニュアルに反した事務所賃料や飲食費などの不正支出が次々と明らかになった。

野田市長は昨年12月、市監査委員に対し、2011~13年度の3年分の監査を要求。監査委は支出済みの約2万件(約2億8000万円分)の領収書を点検し、今年3月、大阪市内の高級ホテルで開かれた会合の開催日と領収書の日付が異なったケースなど、「不適切な支出が1488万円あった」と認定。野田市長に、議員が既に自主返還した額を差し引いた250万円を市に返還させるよう求めた。

一連の問題では、09~13年度分で32人が総額3883万円を自主返還。責任を認めた1人が議員辞職した。正副議長は2代続けて辞任している。

告訴 告発

政治不信

Published by:

政治不信

 

熊本県五木村議会は2010年、議員の仕事ぶりを村民代表が査定し、報酬額を決める成果主義を導入した。委員4人が、議会質問の回数や質などを5段階で採点。最高評価なら月21万3千円を満額支給し、最低なら2割を減額する仕組みだった。

 

村は人口約1200人。「消滅可能性」が指摘される。「地縁や血縁なくして票集めは難しい」(現職)という政治風土。ダム計画の中止方針決定後、村の将来像を描けない行政や議会に住民はいら立った。「議員報酬は妥当なのかという不満が、導入の背景にあった」と元村幹部は明かす。

画期的試みは結局、当時の議長の不正行為が発端となって頓挫した。ある村議は「そもそも議員の活動を客観評価すること自体が難しかった」と振り返る。
佐賀県伊万里市議会は昨年、議員定数削減をめぐって揺れた。人口減と高齢化が進む長崎県小値賀町議会は、若い層の流出を食い止めようと、50歳以下の町議報酬を増額することを決めた。各地で再生に向けた試行錯誤が続いている。

報酬への厳しい目線は、人口150万の政令市議にも向けられている。福岡市議の報酬月88万円の使途などを伝えた記事(7日付)を読み、新聞社に電話してくれた男性は憤っていた。「年間1400万円をもらうほどの仕事をしているのか」。記事はネットニュースに転載され、約700件の書き込みがあった。

「政治は金がいる。報酬を下げれば、普通の人は議員になれない」。議員たちの言い分に一理あっても、有権者の不信の根っこは、報酬だけではない。取材先で何度も「議員の仕事ぶりが見えない」と聞いた。

地方議会には、重い役割がある。行政の仕事に不正や抜かりがないかチェックすること。住民の声を吸い上げて街づくりに生かす政策を立案すること。本来の仕事を果たし、住民に丁寧に伝える努力が十分なら、報酬の多寡がこれほど批判されるはずがない。

有権者の役割も大きい。投票を棄権する人が増えるほど地盤、看板、カバンが幅を利かす。候補の主張や人柄、日ごろの振る舞いを採点する最も重要な仕組み-。それが、有権者が等しく1票を投じられる選挙だ。

五木村議会の議場は土足禁止だった。傍聴者が履き替えるスリッパに、選挙管理委員会のメッセージが印刷されていた。「その一票 あなたの未来がかかってる」。いかにもお役所的な使い古されたフレーズ。けれども、統一地方選の低投票率が懸念される今、ほかに言葉が見つからない。

 

告訴 告発

政治献金

Published by:

政治献金

 

根本的に、このような政治家への撲滅しようとするなら、献金をした側の企業のペナルティーを今以上に厳しくすればいいですが、献金を受ける側の議員で法律を作っていくので期待しても無駄なことでしょう。

 

 

原発設備会社世耕氏側に幹部5人献金 計750万円

 

 

世耕弘成(ひろしげ)官房副長官の資金管理団体「紀成会」に兵庫県の原子力発電所設備会社の社長ら幹部5人が2013年、個人献金の上限である150万円ずつ計750万円を献金していたことが分かった。うち3人が同年2月20日に、2人が6月5日にそろって献金しているものの、社長は「会社と関係なく、献金日が同じだったのは偶然」と話すが、専門家は「金額も日付も同じなら自由意思なのか疑問で、個人献金を装った企業献金の疑いがある」と指摘する。
紀成会を巡っては昨年11月にも大阪市内の人材派遣会社の幹部ら5人から07年以降100万円ずつ、毎年計500万円の献金を受け、08年と09年は献金日も同一だったことが明らかになっている。この時も人材派遣会社側は「個人で行っていることで会社は関係ない」と説明している。

紀成会の政治資金収支報告書によると、13年に献金したのは原発設備会社の社長のほか同社の技術担当、財務担当役員や総務部長など幹部社員。社長は12年11月15日にも150万円を献金しているが、他の4人は13年に初めて献金している。

同社のホームページ(HP)や信用調査会社によると、1971年に現社長が創業した非上場会社で、従業員は120人、年間売上高は約60億円。福井県にある関西電力高浜、大飯、美浜各原発に事業所を設け、原子炉の冷却水系統のメンテナンスを受注するなど関電関連が売り上げの8割を占める。HPでは「資源の乏しい我が国には原子力発電が必要です」「産業立国『日本』の基盤を支える原子力発電」などと原発の重要性を強調している。

献金について原発設備会社社長は「献金日が重なっているのは偶然で、個人の政治信条によるもの。私が献金した理由についてはお答えする必要はない」と答えた。一方、幹部の1人は「(世耕氏が創設一族である)近畿大の(マグロなどの)養殖研究を応援したかった」と説明。別の1人は「その件に関しては答えられない」と話した。同社には質問状も出し、「献金を当社や社長が社員に指示した事実はなく、調整したこともない」との回答が文書で寄せられた。

世耕氏は12年3月の参院予算委員会で、細野豪志環境相(当時)の資金管理団体がパチンコ業界団体幹部らから受けた献金について「振込日まで同じで実質は業界団体からの献金ではないか」と批判していた。

世耕氏は政党支部でも企業献金をほとんど受けておらず、事務所は「企業献金の禁止が叫ばれる昨今、真に支えてくださる個人の寄付に限定するよう努めている」と説明。その上で「企業側に幹部社員などの個人献金を奨励している事実はなく、要望や陳情を受けた事実もない。企業献金の『抜け道』的な個人献金は問題があるが、指摘された献金はいずれも純粋な個人の支援者からの寄付だ」と文書で回答した。

告訴 告発 横領 背任 社内調査

社内調査

Published by:

社内調査

ブログを読んでくださってありがとうございます。

仕事を優位に運ばせるために営業マンはいろいろな手段を考えます。
社内調査では、いろいろなお金の流れが読み取れます。

医療機器会社からチケット…厚労省課長戒告処分

職務上、利害関係のある医療機器会社からコンサートチケットを受け取ったなどとして、厚生労働省は、同省の男性課長を国家公務員法に基づく戒告処分とした。

この課長は、東京都内の医療機器会社が開催した創立記念のクラシックコンサートのチケット3枚を受け取るなど、計6万円相当の利益提供を受けていた。医療機器会社は、複数の同省職員に計9枚のチケットを渡したというが、同省では、課長は同社の製品の許認可に関係する部署にいるため、特に責任が重いと判断した。

医療機器会社によると、都内で開催したコンサートは定員約1800人で、医療関係者や取引先などに招待券を配布したという。同社は「ご迷惑をおかけして大変申し訳ない。社員教育を徹底し、再発防止に努めたい」と話している。

内部告発のご相談は、

岡山 アンバサダー調査事務所
086-226-1099

 

ストーカーでお困りの方は、

対策を依頼してください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

 

 

~詐欺被害解決~

詐欺被害トラブル相談の受付ています。

泣き寝入りをするまえに、どうぞご相談ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099