Category Archives: 性犯罪被害解決

性犯罪被害解決

ロリコン 小児性愛障害

Published by:

ロリコン 小児性愛障害

兵庫県の小学校で講師が下半身裸の児童の動画を撮影したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で逮捕されました。容疑者がどういう意図で撮影したのかはいまのところ不明ですが、もし性的な目的があったとしたら「小児性愛障害」の可能性があります。俗に「ロリコン」と言われるものですが、精神疾患として定義されているのです。

小児性愛障害

思春期前の小児を性的対象とするのが「小児性愛障害」(ペドフィリア)です。精神疾患のマニュアルであるDSM-5では、「少なくとも6か月間にわたり、思春期前の子どもまたは複数の子ども(通常13歳以下)との性行為に関する、性的に興奮する強い空想、性的衝動、または行為が反復する」(小児性愛障害 基準A)と定義されています。

なお同書の基準Cでは、通例、16歳以上の人が5歳以上年長で、13歳以下の小児を、空想上または実際の性的対象として、苦痛や対人的困難を引き起こしていることが要件に挙げられています。ロリコンといえば「オジサンの性的嗜好」というイメージがありますが、この基準に照らせば、16歳の少年が11歳以下の子供を性的な対象ととらえることも小児性愛障害なのです。
身近な子供が対象になる

一般に小児性愛者は、対象となる小児の知人、つまり、家族や義理の親、教師などの場合が多いようです。特に、その対象を自分の身内に向けるとDV(ドメスティックバイオレンス)や性的虐待のケースとなります。また、複数の小児が対象の場合、近隣の子供が犠牲となることもあります。その際、性的行為を強要するだけでなく、脅迫による口封じをしたり、「小児も求めていた」と妄想にかられたり、合理化したりといったこともよくあるようです。

性犯罪被害解決

性犯罪前歴者らのGPS監視

Published by:

性犯罪前歴者らのGPS監視

性犯罪者GPS監視、性犯罪を犯した前歴者を、GPSを利用して監視することをいう。性犯罪の再犯率が高いことが背景にある。例えば、日本の強姦・強制わいせつの再犯率は、2010年の犯罪白書によれば37.5%に上っている。

現在特定の前歴者にGPSの取り付けを義務付ける制度がある国はアメリカ合衆国(半分以上の州)、大韓民国、イギリス、フランス、ドイツ、カナダ、スウェーデンなどで実施されており、日本、台湾、オーストラリア、ブラジルでも導入が検討されている。

宮城県の村井嘉浩知事は18日、仙台市で開いた有識者懇談会で、東日本大震災前から検討していた性犯罪の前歴者らに全地球測位システム(GPS)を常時携帯させて行動監視する条例制定を見送る方針を表明した。

村井知事は「震災からの復旧、復興が最優先課題。大変な人手と財源がかかるため、県として対応する体力がない」と説明。性犯罪の逮捕者にDNA提出を義務付ける対策の検討も中止する考えを示した。懇談会メンバーから異論は出なかった。今後は児童ポルノの単独所持を規制する条例などを検討する。

宮城県は2010年12月、大学教授らによる懇談会を発足させ、女性と子供への暴力的行為をなくす対策の検討を開始。性犯罪の前歴者やドメスティックバイオレンス(DV)の加害者へのGPS監視も対策の一つとして提示した。しかし有識者からは効果を疑問視する意見が出たほか、県議会でも人権上の観点から批判が出ていた。

性犯罪被害解決

児童ポルノ

Published by:

児童ポルノ

児童ポルノとは、児童を被写体としたポルノ。キッズポルノとの国際的な総称もある。

児童ポルノの定義について、国際連合が採択した児童の売買、児童買春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書において、「現実の若しくは疑似のあからさまな性的な行為を行う児童のあらゆる表現(手段のいかんを問わない)又は主として性的な目的のための児童の身体の性的な部位のあらゆる表現」としている。

日本国の法律では、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(略称: 児童買春・児童ポルノ処罰法)(平成11年法律第52号)の2条3項に定義があり、特に次のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したものである。

1.児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態。
2.他人が児童の性器等(性器、肛門又は乳首)を触る行為又は児童が他人の性器等(性器、肛門又は乳首)を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの。
3.衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの。

 

7月15日から始まる「児童ポルノ」の所持禁止。「自己の性的好奇心を満たす目的」と制限はつけられたものの、意図せず「児童ポルノを所持している」という理由で逮捕される可能性はぬぐえない。

一方で、警視庁広報課では、7月になってからTwitterを用いて「罰則適用まであと1週間!!」とカウントダウンまで行って、「児童ポルノは、確実に廃棄をしてください」と周知に努めてきた。しかし、現在に至るまで具体的な廃棄の方法、何が児童ポルノにあたるか、は明らかにしていない。

昨年、本サイトでは児童ポルノの範囲と廃棄の方法を警察庁に取材した(参照)。この際の取材に対して、警察庁は明確な答えを避けてきた。

その問題が解決されないまま、始まる児童ポルノ一部所持の禁止。おそらく多くの人が逮捕の不安に怯えているのではないか。

性犯罪被害解決

性的被害の対象

Published by:

性的被害の対象

 

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

女性は、性的被害の対象になりやすいですね。
性的暴行、現金強奪…20代女性の部屋侵入、40歳男逮捕 大阪北部で多発
20代の女性宅に侵入し、性的暴行を加えた上、現金を奪って逃走したとして、
強盗強姦(ごうかん)と住居侵入容疑で吹田市岸部北の職業不詳、S容疑者(40)を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、今年2月上旬の未明、府北部の集合住宅で、鍵がかけられていなかった20代の女性の部屋に侵入し、性的暴行を加えた上、現金約2万円を奪ったとしている。

府警によると、府北部では今年に入ってから無施錠のマンションなどを狙い、部屋に侵入して女性に乱暴したり、現金を奪ったりする事件が相次いでおり、S容疑者との関連を慎重に調べている。

あきらめる前に対策を!

ストーカー対策 盗聴器調査 盗撮機調査 身辺調査

岡山 アンバサダー調査事務所まで

086-226-1099
~お知らせ~

春は、新しい環境 新しい出会いの季節です。
浮気調査・素行調査のご依頼は
岡山 アンバサダー調査事務所へどうぞ

離婚をお考えの方は、行動に移す前にご相談を。
優位に離婚をすすめましょう。