Category Archives: 浮気の悩み解決

浮気の悩み解決

浮気の疑惑

Published by:

浮気の疑惑

浮気の疑惑を放置すると

浮気の疑惑を抱えたまま夫婦生活をおくることは苦痛です。実際に事件に発展したケースも少なくなく「浮気の疑惑」の解決は夫婦生活にとって重要なことと言えます。一度不信感を持ってしまうと疑惑は消えることはなく、よくないことばかり考えてしまいます。

どうすればよいにかといえば、事実を知ることです。パートナーが浮気をしていても、浮気をしてなくても、事実は一つなのです。その事実が分かったうえでいろいろなことを考えることで解決策が見えてくるのです。

 

「5年前から寝室が別々」浮気疑い木刀で妻を殴打、夫を殺人未遂で現行犯逮捕

29日午前9時ごろ、大阪府高槻市の高槻の住民から「別の階の女性が助けを求めている」と110番があり、駆けつけた高槻署員が、木刀で妻(63)の頭などを殴ってけがをさせた団地に住む無職の男(66)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。妻は頭や肩に全治1週間のけが。

同署によると、29日朝、男は妻と口論になり、自宅にあった木刀(長さ約1メートル)で妻の後頭部や背中などを殴ったという。

調べに対し男は「5年前から寝室が別々になり、妻の浮気を疑っていた。懲らしめようと思った」と供述しているという。

 

浮気や不倫をしていると、「後ろめたい」気持ちから不審な行動をとるものです。 ウソも多くなります。相手の言うことを鵜呑みにせず、事実を知ることが重要です。

浮気調査からウソを暴くことは、自分を守る手段の一つです。岡山の探偵社アンバサダー調査事務所岡山へご依頼ください。

 

浮気調査の調査依頼なら岡山の探偵アンバサダー調査事務所へ

浮気の悩み解決

同性カップル

Published by:

同性カップルに公的書類発行

そもそも結婚とは何だろうと思う

学術的には「結婚」は配偶関係の締結を指し、「婚姻」は配偶関係の締結のほか配偶関係の状態をも含めた概念として用いられている。

日常用語としては「結婚」という表現が用いられる頻度が増えている。広辞苑では「婚姻」の定義として、「結婚すること」とした上で、「夫婦間の継続的な性的結合を基礎とした社会的経済的結合で、その間に生まれた子が嫡出子として認められる関係」としている。「結婚」の文字は「婚姻」の文字とともに漢籍を由来とし、日本では平安時代より用いられてきた。しかし、当時はどちらかといえば「婚姻」の文字の方が使用例が多かった。明治時代になり、この関係が逆転して「結婚」の二文字が多く使用されるようになった(出典:日本国語大辞典第二版)。中国では「婚姻」である。

 

東京都世田谷区は、区内の同性カップルから申請があれば結婚に準じる関係と認める公的書類を発行する方針を決めた。11月をめどに実施する。4月に同性パートナーシップ条例を施行した渋谷区が同様の書類を発行しており、全国で2例目となる。

29日の区議会常任委員会で区が報告した。対象は20歳以上の区内の同性カップルで、2人の住所や氏名を記した「パートナーシップ宣誓書」を提出すれば、保坂展人区長名で「受領証」を発行する。宣誓書は10年間保存するが、カップルの双方が望めば廃棄する。

渋谷区の条例は、区内の事業者が証明書に最大限配慮するよう定め、住居の賃貸契約や病院の面会時に戸籍上の家族ではないことを理由に断るなどした場合は、区が是正勧告をした上で事業者名などを公表できる。一方、世田谷区の受領証にこうした効力はない。

浮気の悩み解決

どこから浮気と考えるのか

Published by:

どこから浮気と考えるのか

 

 

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

あなたにとって、どこからが浮気と考えますか?

 

デートをしたら浮気ですか?

 

手をつないだら浮気ですか?

 

ホテルに行ったら浮気?

 

探偵にとっての浮気調査は、不貞行為をとる事です。

 

不貞行為の証拠が離婚を優位にすすめるうえで武器になるからです。

 

しかし、クライアントにとっての浮気調査は、

 

人によって全く違うものです。

 

個人差があるものだな・・・

 

と思う経験をしました。

 

価値観や、背景もあるのでしょうが、

 

人によって許せないと思うラインが全然違うようです。

 

女性と食事に行っただけでも許せない人もいます。

 

これで、離婚する夫婦関係って・・・

 

重いなと思いました。

 

離婚するのも結婚するのも自由です。

 

どんな理由で離婚しても当事者の問題なので、

 

納得出来れば新しい人生を考える事は

 

前を向いたよい決断と言えるでしょう。

 

しかし、ウソをついて食事に行った証拠は

 

離婚に優位な証拠になるとは思えません。

 

逆に不利に働く可能性も考えられると思います。

 

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

 

 

 

アンバサダー調査事務所では、

証拠を活用出来る人材

証拠調査士の育成もしています。

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

クライアント満足度を上げて、

収入アップにつながる資格でもあります。

お問い合わせは、

 

アンバサダー探偵学校

086-226-1099

浮気の悩み解決

浮気遺伝子

Published by:

浮気遺伝子

 

探偵社には、浮気調査のご依頼が多く寄せられます。

 

共通点とまでは言いませんが、

 

ギャンブル好きと

 

浮気性

 

この二つを併せ持つ人って多いな・・・

 

そんな話題になったんです。

 

先日も、ブログで書いたんですが、

 

遺伝子の情報として、刺激を欲する遺伝子が受け継がれている事があります。

 

この遺伝子を持つ人は、

 

ギャンブルや浮気などのスリルが好きな傾向があるので、

 

自分の理性を他の人よりは意識しないといけません。

 

これを病気だ!などとは言えませんが

 

傾向があると言う事は頭のどこかに入れておいても良いのでは。

 

 

 

浮気調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所 086-226-1099

 

 

 

行方調査をお考えの皆様へ

 

息子がいなくなった・・・

母の行方が分からない・・・

会社へ行ったっきり帰って来ない・・・

行方が分からなくなったきっかけは何でしょうか?

人間関係のトラブルはありませんか?

金銭の貸し借りはありませんか?

いじめ問題はありませんでしたか?

行方をくらませた本人の意思で居なくなったのか、

また、誰かに連れ去られている可能性は?

今すぐ、調査依頼をしてください。

 

 

 

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

 

 

 

浮気が原因で離婚をお考えの方、

離婚調査をご依頼ください。不貞行為は離婚自由に当たります。

優位に離婚を進めるには、証拠が必要です。

証拠が有る無しで、慰謝料請求も優位に運ぶのです。

浮気の悩み解決

身近な浮気問題

Published by:

身近な浮気問題

ブログを読んでくださってありがとうございます。

わたしが探偵の仕事で学んだ事は、

事実を知る、現状把握の大切さです。

今までのデータや思い込みが当てはまらない事もあり、

現実は、実際に目で見ないと分からないとつくづく思うのです。
来月は、バレンタインデ-ですね。

浮気調査のご依頼が多くなっています。
まさかこんな人が!と思う人が、

ごくごく普通の人がこっそり浮気や不倫を楽しんでいます。
学校では真面目な「先生!」と慕われている教師が、

社内不倫。

生徒の保護者と不倫。

医者と看護婦の院内不倫。
役所や会社の社内不倫。
平日昼顔妻の情事。
男女が出会うあらゆる場所では、

男女トラブルが起こります。

当然と言えばそうなのですが・・・

真面目な人ほど、はまりやすく、

また、のめり込みやすい色モノ。

 

結婚している友人に、

「旦那さん浮気してない?」

と聞く事はありませんが、

「自由にさせておいて大丈夫なのかな?」

「信用出来る裏付けってなに?」

と聞いてみたいと思う事はよくあります。

 

 

浮気調査 不倫調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

ストーカー相談

あなたは、ストーカーに悩まされていませんか?
つきまとわれたり、いつも見られている・・・
盗聴されているなどから、
頻繁なメールや電話、どんどんエスカレートしてくる内容に
恐怖を覚えることになってきます。
リベンジポルノ被害にあう方も増えています。
事件に発展する事も多いストーカー問題は、
ご依頼ください。

浮気の悩み解決

安定した浮気

Published by:

安定した浮気

浮気調査の依頼を受けると、

90%以上もの確率で

浮気の疑惑がはっきりと固まります。

今までの疑惑が、確信に変わることが多いのです。

 

浮気調査の第1回目で出ることは少なく、

何度か調査に入ることで

水曜日はシロだな!

週末は、ゴルフだな・・・

月曜日が怪しいな~

など

浮気相手と会う日を絞っていくことが出来るのです。
浮気を徹底して隠している人は、毎日仕事が6時に終わっても、

帰宅するのは12時すぎで、家に帰る時間を一定に調節する

浮気相手に遭わない日も、パチンコや

ネットカフェや駐車場、書店などで時間をつぶしてから帰宅する・・・

そんな人もいました。
こんな生活をされていれば、

奥様も仕事だと思って信じていますよね。

仕事熱心でいい旦那様だと思っていたことでしょう。

何年も浮気を疑わなかったのも分かります。
浮気や不倫も、付き合う期間が長くなってくると

会う回数が減ってくることもあります。

月に1回しか会わないけれど、

10年続いている不倫もあります。
浮気を放置しておくと、相手の女性が妊娠してしまうこともあるんです。

浮気のトラブルは、早いうち解決することが大事です。

 

浮気調査 浮気解決は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

岡山 リベンジポルノ

男女トラブル、浮気調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

岡山 リベンジポルノ

AD
浮気の悩み解決

浮気問題

Published by:

浮気問題

今日も、探偵のブログを読んでくださってありがとうございます。

どんな理由があっても、浮気は許されるものではありません。

しかし、浮気はやった側が100%悪いかというと、必ずしもそう言いきれない面にもよく遭遇します。

たとえば、浮気癖のある男性とばかり付き合ってしまったり、

夫が何度も浮気を繰り返すといったケースでは、

単に男運が悪いとは考えにくく、そういった相手を選ぶ女性の側にも何らかの原因があるとも思えます。
もちろん、男女が逆のパターンもありますよ。
浮気をされやすい人は、
◯ 相手の面倒を見すぎてしまう
あふれる母性愛をもつ人は、情熱的で思いやりにあふれ、相手に献身的に尽くす女性的な魅力をもっています。反面、相手が安心しすぎてしまうこともあります。
◯ 相手の行動をチェックしすぎてしまう
想像力が豊かで思慮深く、繊細な面をもっています。良くない不安を抱くような行動は、喧嘩の原因につながることもあります。

◯ 相手を信頼しすぎてしまう

猜疑心の塊は浮気を生むもとですが、かといって相手を信頼しすぎるのもよくありません。
人は、嘘をつく生き物です。

全てが悪いのではありませんが、浮気をしない相手を見極める目も必要ですね。

浮気でお困りの方は、ご相談ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099