Category Archives: 証拠収集調査

証拠収集調査

証拠隠し

Published by:

証拠隠し

証拠とは、ある命題真偽不明の主張や存否不明の事実の真偽や存否を判断する根拠となるものをいう。エヴィデンスとも呼ぶ。

証拠資料とは、事実を認識するための資料であり、裁判官が証拠調べにより証拠方法から得た内容をいい、証人の証言や書証の記載内容のことを指す。

ある人・物を、訴訟において証拠方法として用いることのできる資格を、証拠能力(しょうこのうりょく)という。すなわち、証拠能力のない人、物、書面等については、これを取り調べて事実認定のために用いることはできない。

一方、ある証拠資料が、証明すべき事実の認定に実際に役立つ程度を、証明力(しょうめいりょく)、証拠力、証拠価値という。例えば、証拠能力のある書面を取り調べて証拠資料が得られたとしても、その内容が信用できなかったり、証明すべき事実とあまり関係がなかったりする場合には、事実認定には役に立たないから、証明力が低いことになる。

浮気・不倫の証拠も隠されてしまっては何もなりません。あらかじめ証拠をつかみ有利な交渉をしましょう。

 

愛知県日進市の高校3年の男子生徒が逮捕された強盗殺人事件で、凶器とされるナイフに入念に血を洗った跡があることが分かりました。

強盗殺人の疑いで逮捕された男子生徒(17)は、川村典道さん(65)を刃物で刺すなどして殺害し、バッグを奪った疑いが持たれています。警察は、男子生徒が事件後に預けたという友人の自宅から複数のサバイバルナイフを押収していて、24日にそのうちの1本を凶器と確認しました。その後の警察への取材で、ナイフからは血液反応は出ず、入念に洗った跡があることが分かりました。男子生徒は事件後、インターネットで「血の跡の消し方」について調べていて、警察は、男子生徒が証拠隠滅を図ろうとしたとみて捜査しています。

証拠収集調査

和歌山カレー事件 冤罪

Published by:

和歌山カレー事件 冤罪

私には記憶に新しい和歌山カレー事件で新たな事実が明らかになった。もしかすると、これは決定的な新証拠になるかもしれない。

夏祭りの炊き出しで出されたカレーに猛毒のヒ素が混入し、4人の死者と63人の負傷者を出した「和歌山カレー事件」は、林眞須美被告が否認・黙秘を続ける中、2009年4月に最高裁で死刑が確定している。今回、その死刑判決の重要な判断材料の一つだった「亜ヒ酸の鑑定」において、新たな事実が明らかになったのだ。

今回問題となっている証拠は、犯行に使われたとみられる紙コップに付着していたヒ素(亜ヒ酸)と、林氏宅で見つかったヒ素とが同じ組成のものだったとする鑑定結果。林真須美氏の夫の健治さんがシロアリ駆除の仕事をしていたことから、林氏の自宅には普段からヒ素が保管されていたという。この鑑定結果は林真須美氏を有罪とする上で最も重要な証拠の一つだった。

亜ヒ酸の鑑定については、当時最先端の大規模研究施設「SPring-8(スプリング・エイト)」を使った鑑定によって、科学な裏付けがなされたと考えられてきたが、今回、それを否定する新たな検証論文が京都大学の河合潤教授によって発表された。河合教授が『X線分析の進歩44号』に発表した論文によると、カレーにヒ素を混入するために使われたとされる紙コップに付着していたヒ素と林さん宅にあったヒ素をより詳細に検証した結果、両者の間には明らかに異なる不純物が見つかったという。

これは科学鑑定の成果の一つである。

証拠収集調査

主張立証責任

Published by:

主張立証責任

 

被害者ぶっていても何も解決しません。主張するには自らの主張を証明することは当たり前のことです。

無過失証明できなければ責任あり

 

車同士が衝突し、センターラインをはみ出した側の助手席の男性が死亡した事故について、直進してきた対向車側にも責任があるとして、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが13日、福井地裁であった。原島麻由裁判官は「対向車側に過失がないともあるとも認められない」とした上で、無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき「賠償する義務を負う」と認定。対向車側に4千万円余りの損害賠償を命じた。

一般的な感覚では責任の配分が一方的となりそうな事故。はみ出した車は家族以外が運転していたため任意保険が使えず、この車に乗り死亡した男性の遺族補償が困難視されたケースだった。判決は遺族を救済する形となった。

原告側の代理人を務めた宮本健治弁護士によると、自賠法では「人身事故が起これば、自動車同士なら互いに共同不法行為となる。少しでも過失があるとなれば賠償責任が生じる」という。一見、「もらい事故」という形でも、無過失の証明ができなければ責任があるというわけだ。

一般的に責任の配分が「10対0」といわれる事故もあるが、「10」ならすべての責任を負うというイメージだった。“常識”を覆す判決といえる。

自分に過失がなくても、相手が任意保険に加入しておらず、十分な補償がしてもらえない場合がある。今回の判決のほか、他者運転危険担保特約や人身傷害保険など、さまざまなケースを救済できる仕組みがあることを知らない人も多いという。

証拠収集調査 証拠調査士 隠蔽工作調査

政治家の証拠隠滅

Published by:

政治家の証拠隠滅

政治家の逮捕は留置場へ放り込み、捜索差し押さえ令状を持って突然行う必要があるようです。

 

小渕氏政治資金問題 家宅捜索前にHD破壊 ドリルで穴開けたパソコン発見

小渕優子前経済産業相(41)=群馬5区=の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が10月末に同法違反容疑で群馬県内の関係先などを家宅捜索した際、パソコンのデータなどを保存するハードディスク(HD)が捜索以前に破壊されていたことが19日、関係者への取材で分かった。

特捜部は、HDに保存されていたデータの内容や、破壊された経緯などを調べている。

小渕氏をめぐっては、政治団体「小渕優子後援会」などが平成22、23年に東京・明治座で開いた「観劇会」で、政治資金収支報告書に記載された支出が収入を大幅に上回っていたことが10月に判明。24年も観劇会は行われたが収支報告書には記載されておらず、群馬県の市民団体が同法違反罪などで同地検に告発していた。

特捜部は10月30日以降、同法違反の疑いで、同後援会の事務所や収支報告書を作成したとされる小渕氏の元秘書で群馬県中之条町の折田謙一郎前町長(66)の自宅や町役場などを家宅捜索。関係者によると、その際にドリルでHDに穴を開けたとみられるパソコンが見つかったという。

証拠収集調査 証拠調査士 隠蔽工作調査

高齢者虐待

Published by:

高齢者虐待

 

1510施設で高齢者虐待の疑い 2012年以降で調査
自分の人生を自分で決め、周囲からその意思を尊重されること、つまり人生を尊厳をもって過ごすことは、介護の必要の有無に関わらず誰もが望むことです。しかし現実には、家族や親族などが高齢者の人権を侵害する「高齢者虐待」が問題となっています。高齢者の中には、辛くても不満があっても、声を出せない人がいます。あなたの身近にも、そんな人はいませんか?

様々な形態の虐待があります

「高齢者虐待」は、暴力的な行為(身体的虐待)だけではありません。暴言や無視、いやがらせ(心理的虐待)、必要な介護サービスの利用をさせない、世話をしないなどの行為(介護・世話の放棄・放任)や、勝手に高齢者の資産を使ってしまうなどの行為(経済的虐待)が含まれます。また、中には、性的ないやがらせなど(性的虐待)もあります。

「高齢者虐待」は、虐待をしている人に自覚があるとは限りません。高齢者が危険な状態におちいっていても、虐待の自覚がないことが多いのも特徴です。
厚生労働省が例示する高齢者への「虐待」とは
全国の介護施設や療養型病院のうち少なくとも1510施設で、2012年以降の3年間に高齢者への虐待があったり、虐待の疑いがあったりしたことが、厚生労働省の補助を受けたNPO法人の調査でわかった。調査に回答した施設の2割弱にあたる。人手不足の施設ほど虐待が多い傾向もみられた。

調査したのは、NPO法人・全国抑制廃止研究会(吉岡充理事長)。今年1~2月、全国の3万5278施設に郵送で行い、施設名を出さない前提で、虐待に関しては8988施設から回答があった。

このうち461施設が「虐待があった」、1049施設が「あったと思う」と答えた。虐待を受けたり、受けたとみられる高齢者数を聞いたところ、計2203人になった。

証拠収集調査

政治家の証拠隠滅

Published by:

政治家の証拠隠滅

政治家の逮捕は留置場へ放り込み、捜索差し押さえ令状を持って突然行う必要があるようです。

 

小渕氏政治資金問題 家宅捜索前にHD破壊 ドリルで穴開けたパソコン発見

小渕優子前経済産業相(41)=群馬5区=の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が10月末に同法違反容疑で群馬県内の関係先などを家宅捜索した際、パソコンのデータなどを保存するハードディスク(HD)が捜索以前に破壊されていたことが19日、関係者への取材で分かった。

特捜部は、HDに保存されていたデータの内容や、破壊された経緯などを調べている。

小渕氏をめぐっては、政治団体「小渕優子後援会」などが平成22、23年に東京・明治座で開いた「観劇会」で、政治資金収支報告書に記載された支出が収入を大幅に上回っていたことが10月に判明。24年も観劇会は行われたが収支報告書には記載されておらず、群馬県の市民団体が同法違反罪などで同地検に告発していた。

特捜部は10月30日以降、同法違反の疑いで、同後援会の事務所や収支報告書を作成したとされる小渕氏の元秘書で群馬県中之条町の折田謙一郎前町長(66)の自宅や町役場などを家宅捜索。関係者によると、その際にドリルでHDに穴を開けたとみられるパソコンが見つかったという。

証拠収集調査

科捜研の男

Published by:

科捜研の男

ブログを読んでくださってありがとうございます。

最近、DNA鑑定や遺伝子検査など科学的な観点を基に事件を解決する科捜研、
興味ありませんか?

事件だけではなく、民間の機関でも依頼をすれば様々なことが分かります。

もちろん、費用はかかりますよ。

1ヶ月ぐらいかかるものもあるそうで、費用も何十万円単位です。

それでも、多くの方の依頼があり、需要は伸びているんだそうですよ。

毒物の判定などの検査もあるんだそうです。

浮気の疑惑がある時は、Yシャツや下着に付いた成分や繊維などから

家のタオルとは異なる繊維だ!とか、

残業だと言っていたけれど、アルコールの成分が検出された!

なんてことになり、

ホテルのタオルを使ったのかな?

合コンに行ったのかな?

などと想像するんだそうです。

でも、よく考えてみて下さい。

浮気調査を行った方が、早くないですか?

浮気をしていれば、証拠まで取れますよ。

上手くハマれば、1ヶ月もかかりません。

メディアに惑わされることなく、一番賢明な方法を選択出来ることが

早期トラブル解決の鍵ですね。
浮気調査は、
岡山 アンバサダー調査事務所
086-226-1099

 

 

ストーカー対策

あなたは、ストーカーに悩まされていませんか?
つきまとわれたり、いつも見られている・・・
盗聴されているなどから、
頻繁なメールや電話、どんどんエスカレートしてくる内容に
恐怖を覚えることになってきます。
リベンジポルノ被害にあう方も増えています。
事件に発展する事も多いストーカー問題は、
ご依頼ください。
ストーカーになってしまいそうな方は、今すぐお電話ください。

ストーカー対策 ストーカー調査 証拠収集調査 証拠調査士

複雑化されたスト-カーの手口

Published by:

複雑化されたスト-カーの手口

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

以前ニュースになった交換ストーカーの事件。

 

インターネットで知り合った仲間の依頼でストーカー行為に協力した3人。

 

ストーカー規制法違反容疑で、大阪市の歯科医、Y27才

東京都東村山市男性X43才の両容疑者を再逮捕し、

また新たに群馬県高崎市、歯科衛生士、H容疑者39才を逮捕した。

いずれも容疑を認めているという。

 

逮捕容疑は6~10月、横路容疑者が好意を寄せていた関西地方に住む男性32才の自宅に、棒で串刺しにした紙製人形や虫の死骸などが入った手紙を送ったとしている。

 

警視庁によると、3人はネットの復讐サイトで知り合ったとみられている。

 

3人はメールのやり取りだけで事件を計画し、実際に会ったことはない

 

復讐リベンジは、誰でも考える事はあると思います。

実際に行動にうつす人は、あれこれ考えて行う場合、

発覚しにくいものです。

 

この交換ストーカーの事件、マネをされると怖いですね。

 

 

探偵調査は、

 

アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

 

 

 

 

 

アンバサダー調査事務所では、

 

証拠を活用出来る人材

 

証拠調査士の育成もしています。

 

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

 

クライアント満足度を上げて、

 

収入アップにつながる資格でもあります。

 

お問い合わせは、

 

アンバサダー探偵学校

 

086-226-1099