Category Archives: 詐欺被害解決

詐欺被害解決

詐欺被害

Published by:

1.7億円詐欺被害

特殊詐欺とは、面識のない不特定多数の者に対し、電話その他の通信手段を用いて、対面することなく被害者をだまし、不正に入手した架空または他人名義の預貯金口座への振り込みなどの方法により、被害者に現金などを交付させたりする詐欺です。
特殊詐欺には振り込め詐欺をはじめ、いろいろな種類があります。以下に特殊詐欺の種類について紹介します。
社債の取引を装う特殊詐欺で岡山市の80代女性が計1億7千万円をだまし取られていたことが分かり、岡山県警が12日発表した。県警によると、1人の特殊詐欺被害では県内最高額。詐欺容疑で捜査するとともに「不審に感じたら迷うことなく相談を」と呼び掛けている。

県警生活安全企画課によると、女性は2月上旬、実在する東京の投資信託会社の社員を名乗る男の電話を受け、企業の社債購入を持ち掛けられた。その後、この男らから「社債は高値で買い取る」などと電話で告げられ、3月上旬~4月下旬に計7回、自宅で偽の社債と引き換えに現金計1億7千万円を渡したという。

6月になっても買い取りの連絡がなく、不審に思った女性が投資信託会社に確認、だまされていることに気付き、警察に通報した。女性方へは複数の男が現金を受け取りに訪れており、県警はグループによる組織的な犯行とみている。

県警が確認した今年の特殊詐欺の被害額は4月末現在約5億3980万円(前年同期比1億9550万円増)。うち2月には1人が1億1400万円詐取される被害が判明した。

詐欺被害解決

ワンクリック詐欺

Published by:

ワンクリック詐欺

ウェブページ上の特定のアダルトや出会い系サイト、勝手に送られた電子メールに記載されているURLなどを1回クリックすると、「ご入会ありがとうございました。」等の文字やウェブページが表示され一方的に契約したことにされて多額の料金の支払を求められることをいう。一般的には「ワンクリック登録」または「ワンクリック詐欺」という名で知られている。

スマートフォンでアダルトサイトを見ていると、突然シャッター音が鳴った。カメラが勝手に起動したのか。不安に思っていると、ユーザー登録画面が表示され、利用料として数万円が請求された-。インターネットで年齢認証や動画再生ボタンをクリックするだけで高額な利用料を請求される「ワンクリック詐欺」。多機能を売りにするスマホであるだけに、詐欺の手口も日々“進化”している。

不安あおり誘導

「突然シャッター音がして、利用料の請求画面になって…」。2月、近畿地方の40代男性から地域の消費生活センターに相談の電話があった。

スマホでアダルトサイトを閲覧し、画面に表示された「18歳以上」のボタンをタップした(押した)ところ、シャッター音が聞こえ、スマホに登録完了の画面が表示された。約9万円の利用料を請求された。

慌てた男性は画面に表示された問い合わせ先の番号に電話。「取り消したい」と申し出て名前や住所を伝えた。だが、電話の相手は「こちらには“写真”があるから払ってください」とうそぶいた。

詐欺被害解決

「クロ現」問題 

Published by:

NHK「クロ現」問題 

近年、個人トラブルと同様に、企業間のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします!

BPOが審議入り

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・川端和治弁護士)は8日、記者の指示によるやらせが指摘されたNHKの報道番組「クローズアップ現代」などについて審議入りすることを決めた。

今後、担当記者らNHK側に聞き取り調査を行うなどして意見を集約する。

対象となったのは、昨年5月に放送された「追跡“出家詐欺”」。同様の内容を扱った同年4月の関西ローカル「かんさい熱視線」も対象となった。川端委員長は委員会後、「BPOとしての意見を言うことに意味がある。『やらせ』かどうかは言葉の定義の問題で、その議論は不毛ではないか。違う切り口を考える必要がある」と述べた。

番組に詐欺に関わるブローカーとして登場した大阪府内の男性は4月21日、BPOの放送人権委員会に人権侵害を申し立てていた。同委員会は今後、放送倫理検証委の審議とは別に、審理入りを議論する。

NHKの調査委員会は同月28日、「過剰な演出や視聴者に誤解を与える編集」を認めた調査報告書を公表。事実の捏造(ねつぞう)につながるやらせは認定しなかった。

詐欺被害解決

詐欺未遂事件 LINEを活用

Published by:

詐欺未遂事件 LINEを活用

LINEで受け子勧誘 
「明日9時から16時まで暇っすか? バイトしましょう。待機して、依頼来たらものをとりにいくみたい。1件3万で依頼の数だけ給料上がります」-。無料通信アプリ「LINE」で友人からのメッセージを読んでから4カ月。前途有望な有名私大生は、うつむいて前橋地裁高崎支部に入廷した。

オレオレ詐欺の現金引き取り役「受け子」の勧誘をしたとして、詐欺未遂罪に問われた青山学院大の男子学生(20)=逮捕時19歳=の初公判が3日開かれ、学生は起訴内容を認めた。

冒頭陳述によると、学生は昨年4月に青学大に入学し、東京都世田谷区で1人暮らしを始めた。今年4月24日、知人に勧誘された。「お年寄りからお金を受け取って他の人に渡す仕事」と聞かされた。翌5月にはLINEで大学のサークル仲間に「運びの仕事。おばさんから500万円受け取った。警察にばれないようにする」「金ほしくて来週学校行かなくていいやついない? 20万円稼げるよ」と送信。立派な「リクルーター」になっていた。

他大学の学生の勧誘に成功した。5月15、16日、高崎市の男性(当時65歳)方に息子を装った男から「友達に700万円の借金ができて連帯保証人になった。400万円用意して」などと電話がかかる。しかし、詐欺に気づいた男性が通報し、現金を自宅に取りに来た他大生は詐欺未遂容疑で現行犯逮捕された。勧誘した男子学生は7月に逮捕された後、20歳の誕生日を迎え、成人として起訴された。「あなたは電話の主と被害者の間で何があったかは全く知らない?」「はい」。両親が見守る法廷で、裁判官の問いに学生は力なく答えた。

詐欺被害解決

タレント詐欺

Published by:

タレント詐欺

 

以前タレントが詐欺をして逮捕されました

こんばんは。

今夜もブログを読んでくださってありがとうございます。
息子を装った電話で男性から現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁小金井署は20日までに、詐欺未遂容疑で、元物まねタレントコンビのK容疑者(36)=東京都板橋区中板橋=を現行犯逮捕した。
「お金に困ってやった」と容疑を認めているらしい。

今月4日、小金井市の60代の男性に息子を装って「電車の中にかばんを忘れた。取引のため500万円が必要だ」などと電話し、現金をだまし取ろうとした疑いがもたれている。
電話を不審に思った男性が同署に通報。待ち受けた同署員が会社の上司を装って現金を受け取りに来た容疑者を逮捕したという。
探偵調査は、
アンバサダー調査事務所
086-226-1099

 

ストーカー相談

あなたは、ストーカーに悩まされていませんか?
つきまとわれたり、いつも見られている・・・
盗聴されているなどから、
頻繁なメールや電話、どんどんエスカレートしてくる内容に
恐怖を覚えることになってきます。
リベンジポルノ被害にあう方も増えています。
事件に発展する事も多いストーカー問題は、
ご依頼ください。
アンバサダー調査事務所

086-226-1099

詐欺被害解決

詐欺

Published by:

詐欺

詐欺が増えているので注意を促していました。

確かに詐欺が横行している世の中です。

詐欺の被害額が◯億にものぼる人が相談する相手として、

行政書士を選ぶのでしょうか??

いささか疑問を感じました。

『ただのランチは無い!』

英語でフリーランチ(無料のお昼ごはん)というと、そんなものは世の中にないから気をつけろ、という意味になります。

すべてのものにはコストがあり、無料のものには隠れたコストがあります。

日本語には「タダほど高いものはない」ということわざがあり、

英語には「フリーランチなんてものはない」という意味の慣用句があります。

両者とも言っている事は同じです。

例えばセールで50%オフという場合、元の値段が高すぎたのではないかと疑うのが大人の発想です。

ましてやタダというなら、その見返りは何かと疑うのが常識だと思います。

これも英語には「キャッチは何か」という慣用句があります。

どんな罠があるのか、というのが元の意味です。

販売促進のために牛丼を半額で売るとか、広告入りティッシュを無料で配るとかいうのは分かります。

ところがインターネットで最初から50%オフとして売られているものに、本当の価格があるのかどうかは疑わしい場合が多いようです。

かつて話題のグルーポンでなくても、元の値段が確認できない商品は割引率などいくらでも偽装できるので、インターネット購買では要注意です。

企業である以上利益を追求する組織ですから、何かをコスト割れで提供する場合、どこで儲けるのかという疑問を持つのが当然です。

素材の質を落とす、量を減らす、あるいは十分な市場占有率を取ったあとで値段を上げるなどの方法が考えられます。フリー(無料)という言葉には日本でもアメリカでも要注意です。

岡山 詐欺被害相談は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099