Category Archives: 誹謗中傷対策

誹謗中傷対策

誹謗中傷

Published by:

誹謗中傷

 

数々の誹謗中傷で心身ともに疲れ果ててしまうこと、これは大きな問題です。
しかし、自分ではどうにも出来ない状況になってしまっていませんか?
長引く誹謗中傷は、当事者間では解決できない深刻な問題に悪化していることがあるのです。
ライバル企業、近所の住人、ママ友、会社の同僚、友人、元交際相手など
誹謗中傷の相手は身近に生活している人物であることもあり、毎日が苦痛でウツになってしまう被害者もいます。
見かねたご家族からのご依頼も多いのです。

元交際相手をネットで中傷

 

元交際相手を誹謗中傷する内容をインターネットに書き込むなどしたとして、広島中央署は16日、名誉毀損とストーカー規制法違反の疑いで、広島市東区戸坂長尾台の女子大学院生(23)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は、1月30日~3月10日の間、16回にわたり、元交際相手の20代の男子大学生に、インターネットの掲示板サイトに誹謗中傷する内容を掲載して名誉を毀損し、ストーカー行為をしたとしている。

同署によると、掲示板サイトに被害男性の住所、名前を掲載した上で、「女たらし」などと書き込まれていたという。被害男性は昨年末に同署に相談。同署が3月末に女子大学院生に電話で警告したが、4月に入っても書き込みがあったことから逮捕に至ったという。

誹謗中傷対策

ネットでの脅迫や誹謗中傷

Published by:

ネットでの脅迫や誹謗中傷

インターネット上では過去にも、個人に対する脅迫や誹謗(ひぼう)中傷が繰り返され、警察による摘発が後を絶たない。

昨年2月には、ご当地アイドルグループの女性メンバーのブログに「32害459(さつがいよこく)」などと書き込んだとして、ファンの33歳の男が脅迫容疑で逮捕された。同年11月にも、女性タレントの公式ブログに「殺す」などと書き込んだ39歳の男が同容疑で逮捕されている。

事実無根の書き込みも多発。2009年には、お笑いタレントのブログに中傷の書き込みが殺到し、「殺人事件の犯人」などと書き込んだ男ら6人が名誉毀損(きそん)容疑などで一斉に書類送検された。

「SNSの普及で情報発信の敷居が低くなっており、中傷トラブルなどは今後も増えると予想される」と指摘。「情報に尾ひれがついて拡散していく恐ろしさなど、ネットユーザーの啓発を進める必要がある」と話した。
簡易投稿サイトのツイッターで2月上旬、利用者のアカウントが大量に乗っ取られ、特定の弁護士の殺害を予告する書き込みが相次いでいたことがわかった。

乗っ取られたアカウント数は不明だが、同じ書き込みは数日間で少なくとも数千件に上った。何者かがツイッターの「アプリ連携」の仕組みを悪用して書き込んだとみられ、警視庁は不正アクセス禁止法違反容疑などで捜査に乗り出した。

「明日午前11時に事務所に行って首をナイフで切り落とす」。2月3日頃、第一東京弁護士会所属の男性弁護士(37)を名指しした殺害予告が、ツイッター上に次々と投稿された。

文面は全く同じだが、投稿者はバラバラ。直後から、警視庁や愛知、千葉両県警などに「自分のアカウントで身に覚えのない書き込みが行われていた

誹謗中傷対策

嘘 誹謗中傷被害

Published by:

嘘 誹謗中傷被害

阪急阪神ホテルズ(大阪市)系列のレストランでメニューと異なる食材が使われていた問題で、各レストランで利用客への返金が以前行われました。

レシートを持参したり店の記録と照合し料理を食べたと確認できた場合は料金を返還するとしており、返還想定額は約1億1千万円にものぼるとか。

各ホテルには数百件を超える問い合わせが殺到しているが、過去の事例では、実際に利用していない客が返還金を求めるトラブルが起きた例もあり、ホテル側は難しい確認作業を迫られている。

確認を行うにはまずレシートなどを利用するが、レシートを保管していないケースも多い。客から「いつ、何人で、いくら払ったか」などを聞き取り、店で保管しているレシートの控えと照合し、確認がとれれば返金をしている。直接来店できない人には電話で事実確認を行い、口座振り込みも行うという。

返金に期限は設けていないが、同社が“偽装”した期間が平成18年から最長7年にも及ぶため、対応に時間がかかることもあるという。

これを機会に、詐欺を行う輩もいるでしょう

 

岡山 アンバサダー調査事務所
 
086-226-1099
 

 

リベンジポルノ被害相談

彼氏や、浮気相手などから裸の写真や、性行為の映像で脅される
『リベンジポルノ被害』が増えています。
携帯で簡単に撮影出来る時代です。
ネットにのせるなどと言い、
会うことを強要されたり、金銭を要求される事もあります。
内容が内容なので、誰にも相談出来ず
泣き寝入りをしている人もいるでしょう。
勇気を出してご相談ください。

秘密厳守です。ご安心ください。

アンバサダー調査事務所

086-226-1099

誹謗中傷対策

営業妨害、誹謗中傷被害

Published by:

営業妨害、被害誹謗中傷誹謗中傷

今日も探偵のブログを読んでくださってありがとうございます。

ネットは、誰でも自由に情報を載せる事が出来ます。

ネットでの詐欺事件は多く被害者は増える一方です。

なりすましで、現実に存在する人物の名前をだして、誹謗中傷する嫌がらせも多く、

対処しきれないトラブルになっています。

会社では営業妨害につながります。

また、殺人予告などの悪質な例は、ネット会社がを警察に報告する事があるそうです。

それも年間1000件ぐらいの報告で全てに対処出来ないのが現実です。

実際の誹謗中傷はもっと多く、周りでも起こっています。

インターネットだけではなく、LINEなどのSNSでも誹謗中傷は行なわれます。

ネット社会、係りたくないものですがそうも言っていられない時代です。

営業妨害、誹謗中傷被害でお困りの方は、

岡山 アンバサダー調査事務所までご相談ください。

086-226-1099

 

 

 

~お知らせ~

美容トラブル相談が増えています。
女性の心理として『美しくなりたい』と願う事は当然です。

しかし、エステサロンや美容外科での美容トラブルが多いことも事実です。

契約や金銭の問題、施術の問題、接客態度に不満など、様々なトラブルが起こっています。

泣き寝入りをするまえに、どうぞご相談ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099