Category Archives: 男女トラブル

岡山で男女トラブルの解決ならアンバサダー調査事務所

男女トラブル

男女トラブル

Published by:

男女トラブル

岡山 倉敷 津山

男女トラブルから事件へ

男女トラブルを放置していると大きな事件に発展することもあります。

九州の路上で、同じ予備校に通う女子生徒を刺殺したとして殺人容疑で逮捕された元少年について、鑑定留置の結果、刑事責任を問えるとの判断が出た。

元少年の精神状態を調べた鑑定留置は終わり、地検は勾留期限までに殺人罪などで起訴するとした。

帰宅途中の女子生徒を刃物で刺して殺害したとして、殺人容疑で逮捕されていた。

検察側は勾留途中に、「犯行前後の元少年の精神状態を慎重に調べる必要がある」として簡裁に鑑定留置を請求。医療施設で精神鑑定を行った結果、元少年はいくつかの発達障害の兆候はみられるものの刑事責任を問うことは可能との判断が出たと。

少年法は殺人などの重大事件を起こした1少年について原則、検察官が家裁に送致した後に検察官送致され、起訴されると定めている。捜査段階で20歳に達した場合は家裁を経由せずに、成人事件と同様の刑事手続きとなる。

元少年は、動機について「交際を断られ、女子生徒を恨んでいた」「勉強が手に付かなくなった」などと供述していた。

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。

恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

男女トラブル

男女トラブルでGPSストーカー

Published by:

男女トラブルでGPSストーカー

GPSは位置情報を計測するために設置するもので、本来の目的以外で使用するケースも目立ってきています。ストーカーなどにとって対象者の位置情報を得ることは非常に有益となるためGPSを利用することもあるでしょう。

GPSストーカー

GPSとは

カーナビゲーション・システムなどに用いられている人工衛星を利用した位置情報計測システム。最近では、携帯電話やノートパソコン、防犯装置などに搭載され、応用範囲が広がっている。今回のケースではGPSを自転車に設置し行動を把握するために利用したのでしょう。

東京都内の高校に通う女子生徒の自転車に全地球測位システム(GPS)の発信器を取り付け、行動を見張ったなどとして、警視庁は、ストーカー規制法違反容疑で、自称会社員を逮捕した。

逮捕した男は容疑を認め、女子生徒に好意を持っていたとの趣旨の話をしているという。

路上で女子生徒を待ち伏せした上、自転車のサドル裏にテープでGPS発信器を取り付け、ストーカー行為をした疑いの様です。

2人はツイッター上で知り合った。ライブのチケットを購入するため三浦容疑者と数回会った後、待ち伏せなどのストーカー行為が始まった。女子生徒は「もう来ないでください」と拒否していたという。

ストーカー行為は何よりも迅速な対応が肝心です。つきまとい行為や盗聴・盗撮、執拗な無言電話などから次第にエスカレートしていき、大きな事件にもなりかねない問題です。

異変に気付いたなら、いつごろから、どのようなことがあったのかわかりやすく記録を取るようにしていくことも必要です。また ストーカー規制法が制定され、警察も介入できるようになったのですが、証拠がないと思うようにはなかなかいきません。自分の身は自分で守る・・。

その意識が必要です。大きな被害になる前にアンバサダー調査事務所へご相談ください

男女トラブル

男女トラブルの本質

Published by:

男女トラブルの本質

嫉妬

嫉妬とは感情であり、何かを失うこと、個々がとても価値をおくものを失うことを予期することからくる懸念、怖れ、不安というネガティブな思考や感情である。嫉妬は、たとえば怒り、恨み、自分とは釣り合わないという感覚、どうにもできないという無力感、嫌悪感といったさまざまな感情との複合から成る場合が多い。嫉妬は文化依存的な現象だと私は考える。ブータンなどでは兄弟で一人の女性を妻としていることもある。もちろん兄弟間での嫉妬はない。

執 着

一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと。

 

嫉妬、執着は男女トラブルの大きな原因となる。下記の事件もそんなことが原因なのかもしれない。

交際女性殺害容疑で会社員逮捕

茨城県のマンションで交際女性をナイフで刺して殺害したとして、県警は3日、殺人容疑で会社員の容疑者(41)を逮捕した。
県警によると、「殺すつもりはなかったが、包丁で刺したのは間違いない」と供述しているという。
逮捕容疑は交際していた女性(28)のマンションの部屋で、女性の胸をペティナイフ(刃渡り約12センチ)で刺して殺害した疑い。

 

浮気調査に関してのお問合せをよく頂きます。旦那様の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、浮気のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。

男女トラブル

DV殺人

Published by:

DV殺人

ドメスティック・バイオレンスは、同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力のことである。近年ではDVの概念は婚姻の有無を問わず、元夫婦や恋人など近親者間に起こる暴力全般を指す場合もある。

DVを超えた

妻と知人男性を車ではねて殺害しようとしたとして、大阪府警羽曳野署は27日、無職の容疑者(21)=東大阪市瓜生堂(うりゅうどう)1=を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕したと発表した。2人は頭や手に軽傷を負った。妻は袋谷容疑者からのドメスティックバイオレンス(DV)被害を府警などに相談し、現場近くのマンションに避難していた。

容疑者は「妻宛ての商品を発送する業者に転居先を聞いた。妻を待ち伏せていたら、男性と仲良く帰って来たのでカッとなった」と認めているという。羽曳野署は詳しい経緯を調べている。

逮捕容疑は26日午後9時25分ごろ、大阪府藤井寺市野中2の市道を歩いていた妻(21)と陸上自衛官の男性(21)を、白いレンタカーで後方からはねてけがをさせたとしている。この直後、包丁を持った袋谷容疑者が車を降り、男性と口論になったという。

羽曳野署によると、近所の男性の110番通報で駆けつけた警察官が、付近で包丁を持って立っていた袋谷容疑者を取り押さえた。

府警生活安全総務課によると、妻は1月、「夫から平手で顔をたたかれた」と府警河内署にDV被害を相談した。6月25日には行政機関に被害を訴え、同日からシェルターに一時避難。大阪地裁は今月9日、DV防止法に基づき6カ月間の接近禁止命令を出した。妻は25日に今の自宅に転居したばかりだった。

近くの男性会社員(54)は26日午後9時半ごろ、「誰か助けてください」という男性の叫び声を聞いて自宅から外に出た。白いワイシャツ姿の男性はぐったりとした女性を膝の上に乗せ、出刃包丁を持った袋谷容疑者とされる男と言い争いになっていた。男は刃物を自分の胸に向け自殺を図る仕草を見せたが、警官らの説得で地面に刃物を置いたという。

男女トラブル

歪んだ愛情 男女トラブル

Published by:

歪んだ愛情 男女トラブル

恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます

 

独占欲の末の蛮行だったのか。東京都豊島区のマンションで、女性(22)が約1週間監禁された事件。逮捕された職業不詳、容疑者(43)は知り合いだった女性に面会を拒否され、一方的に思いを募らせていった。女性を全裸にし、両手足を結束バンドでしばるなど異常さが際立つが、食事や入浴はさせていたという。「会いたい気持ちがどんどん強くなった」。

20歳以上も年の離れた女性に向けられた男の歪んだ“愛情”が犯行へと駆りたてていった。     東京都豊島区長崎の路上で、消え入りそうな声が通行人の女性の耳に届いた。 路地に面したマンションの1階から発せられた被害女性の必死の叫びだった。通行人の女性はすぐさま110番通報。駆けつけた警視庁目白署員がベランダから室内に踏み込んだ。 女性は全裸で手足を結束バンドで縛られていた。

バンドからはワイヤが伸び、クローゼットにくくりつけられ、行動を制限されていたことは明らかだった。 目立った外傷や衰弱などはなかったが、署員は女性を病院に搬送。部屋の借り主の渡辺容疑者が関与したとみて、監禁容疑で行方を追った。

 

発覚から約7時間後の同日午後3時ごろ、同署に男の声で「出頭したい」と電話があった。容疑者だった。同署にはすでに多くの報道陣が詰めかけており、混乱を避けるため、同署は目白駅前交番に出頭するよう指示。監禁容疑で逮捕した。

男女トラブル

男女 トラブル

Published by:

男女 トラブル

交際相手に暴行、47歳男逮捕

男女トラブルの内容は様々です。落ち着いた、信頼しあえる男性の存在は大きな支えとなり、また充実した時間を過ごすことができますが、何か問題がある場合は、良い仕事をしようと思ってもどこかでミスを犯してしまったり、隙が出てくるものです。

男女トラブルは、女性にとっては大きな悩みのタネとなるので日頃から気を付けておく必要があります。いい関係の時は起こらなかったトラブルも、別れる際に出てくるのです。そして、別れ方によっては相手がストーカーになったり、愛情が恨みに代わることもあります。男女トラブル特有のこじれた人間関係は早期解決が必須です。

また、東京で起こった女子高生殺人事件もありましたが、『リベンジポルノ』被害。気軽に撮影した、または寝ている間に撮影されたあられもない姿で映っている自分の写真や映像をもとにお金を要求されたり、会うことを強要されるなどの被害が起こっています。相手は、彼氏や元カレ、遊び相手、先輩、アルバイト先の店長、不倫相手など様々です。誰にも相談できずに一人で悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

今すぐ相談してください。秘密厳守ですのでご安心ください。

交際していた女性に暴行を加えたとして、警視庁高井戸署は28日、傷害容疑で東京都杉並区高井戸東、会社員鶴田知己容疑者(47)を逮捕した。女性は暴行を受けた数日後、急性硬膜下血腫で死亡。同署は女性の死亡と暴行に関係がないか慎重に調べている。鶴田容疑者は容疑を否認している。
同署によると、女性は杉並区浜田山の無職伊藤亜希子さん(41)。
逮捕容疑は20日ごろ、伊藤さんに暴行を加え、顔面打撲などのけがをさせた疑い。鶴田容疑者は27日に「女性がおう吐して意識不明になった」と通報。伊藤さんは病院に搬送されたが同日、死亡した。伊藤さんの顔や膝にはあざがあったという。
伊藤さんの母親が2月に計4回、同署に「娘が殴られている」と相談。同署は、伊藤さんにシェルターに避難することなどを勧めたが伊藤さんが拒み、被害届も出さなかったという。

男女トラブル

米国版「阿部定」事件

Published by:

米国版「阿部定」事件

 

あまりに猟奇的  捜査当局「理解できない」

米カリフォルニア州在住の48歳の女性が、5月に離婚申請をしていた60歳の夫のペニスを切断した。

拷問罪で起訴された。米国版「阿部定」事件を引き起こしたのはキャサリン・キュー容疑者。気分が悪くなって倒れた夫(氏名非公表)をベッドにしばりつけ、刃渡り25センチのキッチンナイフでペニスを切り取り、そのまま台所のディスポーザーに廃棄してしまった。

同容疑者は精神鑑定を受けているが、捜査当局はあまりに猟奇的な事件に「何がそうさせたのかが理解できない」と困惑気味。なお夫は病院に運ばれて手術を受け経過は良好。ただしペニスを接合したのかどうかは明らかにされていない。(
阿部定事件(あべさだじけん)は、仲居であった阿部定が1936年(昭和11年)5月18日に東京市荒川区尾久の待合で、性交中に愛人の男性を扼殺し、局部を切り取った事件。事件の猟奇性ゆえに、事件発覚後及び阿部定逮捕(同年5月20日)後に号外が出されるなど、当時の庶民の興味を強く惹いた事件である。

 

芸者や娼婦などをしながら各地を転々として暮らしていた阿部定は、交際していた大宮五郎の紹介で東京・中野にある鰻料理店「吉田屋」の女中として田中加代という偽名で働き始め、その店の主人・石田吉蔵に惹かれる。吉蔵も次第に阿部定に惹かれ、次第に二人は関係を持つようになり、他人に気づかれないように店を離れたびたび二人で会うようになる。石田と定は駆け落ちし、待合を転々としながら、尾久の待合旅館「満佐喜」に滞在した。愛の行為の間、定はナイフを石田のペニスに置いて、「もう他の女性と決してふざけないこと」と凄んだが石田はこれを笑った。二夜連続のセックスの最中、定は石田の首をしめ始め、石田は続けるように定に言った。性交中に首を絞める行為は快感を増すと石田は定に言ったという(窒息プレイ)。

1936年(昭和11年)5月16日の夕方から定はオルガスムの間、石田の呼吸を止めるために腰紐を使いながらの性交を2時間繰り返した。強く首を絞めたときに石田の顔は歪み、鬱血した。定は石田の首の痛みを和らげようと銀座の資生堂薬局へ行き、何かよい薬はないかと聞いたが、時間が経たないと治らないと言われ、気休めに良く眠れるようにとカルモチンを購入して旅館に戻る。その後、定は石田にカルモチンを何度かに分けて、合計30錠飲ませた。定が居眠りし始めた時に石田は定に話した 「俺が眠る間、俺の首のまわりに腰紐を置いて、もう一度それで絞めてくれ…おまえが俺を絞め殺し始めるんなら、痛いから今度は止めてはいけない」と。しかし定は石田が冗談を言っていたのではと疑問に思ったと後に供述している。

5月18日午前2時、石田が眠っている時、定は二回、腰紐で死ぬまで彼を絞めた。定は後に警察で「まるで重荷が私の肩から持ち上げられたように、石田を殺したあと、私はとても楽になった」と供述している。定は包丁で彼の性器を切断した。雑誌の表紙にペニスと睾丸を包み、逮捕されるまでの3日間、彼女はこれを持ち歩いた。そして彼女は血で、シーツと石田の左太ももに「定、石田の吉二人キリ」と、石田の左腕に「定」と刻んだ。石田のステテコとシャツを腰巻の下につけると、定は宿の人間に「(吉蔵は)具合が悪くて寝ているので午後になるまで起こさないで」と言い、午前8時頃に宿を出た。

宿を出た後、定は大宮五郎に会い繰り返し彼に謝罪した。しかし定の殺人をまだ知らない大宮は定がもう一人の恋人を連れて行ったことを謝罪していると勘違い。大宮はさほど気にせず、その夜は定と肉体関係を持った。定の謝罪は、自分と大宮の交際がスキャンダルを引き起こすにちがいないということを知っていたからである。しかし、5月19日に新聞は阿部定事件を報じた。大宮も後に法廷で定との関係を証言することになる。

男女トラブル

ついても良い嘘

Published by:

ついても良い嘘

今日も、ブログを読んで下さってありがとうございます。

生きる事は、楽しい事ばかりではないし、

辛い事ばかりでもありません。

だれでもそうだと思います。

今が苦しくても、乗り越えられるものですよ。

一人で苦しまなくてもいいのです。

人の感じ方は、それぞれです。

同じようなトラブルに見舞われても、

何でもなく感じる人もいれば、

遺書まで書く人もいます。

わたしが出会った人は、

パートナーの嘘に傷つき、遺書まで書いたという・・・

人間は嘘をつく生き物です。

ついてはいけない嘘もあれば、

許される嘘もあります。

人を陥れるような嘘や、嘘をついて浮気をするなどは

許したくない嘘ですが、

一人になる時間を作る為の嘘や、

心配をかけたくない嘘に傷つく必要はないと思います。

少しの嘘を許せるような心のゆとりが、

自分自身だけではなくパートナーの為にも必要だと思います。

 

 

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

アンバサダー調査事務所では、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校
086-226-1099

男女トラブル

男性注意!

Published by:

男性注意!

 

ブログを読んで下さってありがとうございます。

 

昔の病気だと思われていた性病「梅毒」が今、若者の間で流行しているそうです。

 

性行為で感染する感染症「梅毒」の患者の数が、

 

平成12年以降、初めて1000人を上回ったそうです。

 

国立感染症研究所の発表によると、25年に梅毒と診断された人は前年比351人増(1.4倍)の1226人(速報値)

 

22年の621人から3年連続で増加しているんです。

 

男性が989人と8割を占ていて、に25~39歳と若年での感染が多いようです。

 

増えている原因ははっきりしていませんが、患者の多くは男性同士の性的接触の経験を持っているので、

 

こうした中に梅毒が入り込んでいる可能性があるともとれます。

 

抗生物質の利用で治せるので、早めに医療機関を受診しましょう。

 

感染初期の発疹などの皮膚病変から移りやすく、

 

治ったように見えても再び皮膚に異常が出ることもあるそうですよ。

 

 

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

 

 

アンバサダー調査事務所では、

証拠を活用出来る人材

証拠調査士の育成もしています。

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

クライアント満足度を上げて、

収入アップにつながる資格でもあります。

お問い合わせは、

 

アンバサダー探偵学校

086-226-1099

男女トラブル

広島看護師殺害事件 男女トラブル

Published by:

広島看護師殺害事件 男女トラブル

ブログを読んでくださってありがとうございます。

昨年末、大晦日に広島・呉市の病院の職員寮で、准看護師の女性が首を絞められて殺害された事件がありました。
警察が事情を聴いていた交際相手が、首をつって死亡しているのが見つかったそうです。

被害者女性にはは目立った外傷も無く、抵抗した痕もないことなどから、顔見知りの犯行の可能性があるとみて捜査していましたが、今週になって、交際相手の30代の男性から事情を聴いていたところ、
この交際相手の男性が、広島・江田島市の自宅で首をつっているのが見つかり、その後、死亡が確認されたそうです。

男女トラブルが背景にあるかもしれませんね。
事件が起こる前に相談しましょう。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

家出調査 岡山

息子がいなくなった・・・
母の行方が分からない・・・
会社へ行ったっきり帰って来ない・・・
行方が分からなくなったきっかけは何でしょうか?
人間関係のトラブルはありませんか?
金銭の貸し借りはありませんか?
いじめ問題はありませんでしたか?
行方をくらませた本人の意思で居なくなったのか、
また、誰かに連れ去られている可能性は?
今すぐ、調査依頼をしてください。
岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

家出調査 岡山行方調査をお考えの皆様へ

男女トラブル

52才女 49才男

Published by:

52才女 49才男
ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

義理チョコ精度、辞めた方がいいと思います。

 

勘違いさせる為にチョコを贈る女性もいるでしょうし、

 

必ず勘違いしてしまう男性がいますから。

 

トラブルのもとですよ。

 

お世話になった人に贈るなら、お歳暮でよくないですか?

 

ホワイトデーもあるので、気を使わせないようにした方が良いと思います。

 

52才の女性のストーカー被害のニュースがありました。

 

交際相手の49才の男性が逮捕されています。

 

『許してくれなかったら、殺す!』と言われていたそうです。

 

しかしこの被害者女性、警察に何度も相談に行っており、

 

『脅迫事件として取り扱う』提案を受けていたにもかかわらず、

 

口頭での注意にしてくれと言っていたのだとか。

 

誓約書を書かせても、行動が伴うとは言えませんよ・・・

 

そんなものです。

 

別れる時、トラブルは起こります。

 

許す許さないではなく、

 

別れる別れないの問題です。

 

はっきり、理由を言って相手をストーカーにさせないようにしましょう。

 

優柔不断は禁物です。

 

ストーカー対策は

 

アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

 

 

 

 

行方調査をお考えの皆様へ

 

息子がいなくなった・・・

母の行方が分からない・・・

会社へ行ったっきり帰って来ない・・・

行方が分からなくなったきっかけは何でしょうか?

人間関係のトラブルはありませんか?

金銭の貸し借りはありませんか?

いじめ問題はありませんでしたか?

行方をくらませた本人の意思で居なくなったのか、

また、誰かに連れ去られている可能性は?

今すぐ、調査依頼をしてください。

アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

男女トラブル

35才無職で女子高生と交際

Published by:

35才無職で女子高生と交際

嫌な事件が起きました。
交際中の男女が別れる時には、必ず理由があります。
別れられないのにも理由がある、
時には自分勝手な理由もあるのです。
35才無職の男が交際相手の17才の女子高生を殺害した事件がニュースを騒がせています。
この男性、資金が無くなったから女性と付き合えなくなった
と言うのです。
彼女を殺して、自分も死のうとした・・・
でも、死んでないんですけどね。
生きていくことはたいへんです。
お金もかかるし、一人では淋しいし・・・
お金も、人も必要です。
その為に、みんな毎日頑張っているんです。
生きていればどうにかなる!
と、よく言いますが
本当にそうだと思います。
死んだからって、どうにもなりません。
まして、殺してしまう前にする事があったでしょう。
働きましょう。
35才で、無職は・・・
高校生と交際する時間があれば働けます。
死ぬ気になれば、なんでもするんです。
嫌な仕事でも、お金の為にする人はいます。
そうやって生きていくんです。
お金がないから交際出来ない。
それなら、殺して自分も死のうなんて、
人生舐めてると思います。

岡山 アンバサダー調査事務所
086-226-1099

アンバサダー調査事務所では、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、
アンバサダー探偵学校
086-226-1099

男女トラブル

酒飲み女性は要注意!

Published by:

酒飲み女性は要注意!

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

女性の性被害、これは表にでない事が多いので正確な被害件数は分かりません。

当社には、性被害にあった方のご相談が多く寄せられるので、

同じ女性としてゾッとします。

いくら近くても、夜にコンビニには行かない。

時間があっても、目的無く街に出ない。

些細な事に注意するようにしています。

といっても、必要ない外出はしないようにしているだけですけどね。

異性との交流は、ふとしたきっかけで嫌な思いをする事があります。

特に、お酒が好きな方は注意をしましょう。

はっきり言って、女性の飲んだくれは最悪です。

トラブルが起きる大きな要因になっています。

ストーカー被害、性被害、その他男女トラブルに巻き込まれる可能性が飲まない人の3倍以上に登ります。

とくに、性被害は多く病気をうつされたり(うつしたり)、

妊娠してしまったケースもあります。

性感染症には潜伏期間がありすぐに症状がでない事も多く、病院に行くまでに時間を要しているといったこともあります。

妊娠も同じで、不安はあるものの生理が来ないことから簡易検査を行ったり、産婦人科を受診するという被害に遭ってから対処するまでにタイムロスがあります。

悩んでいる時間がまたロスになります。

 

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

アンバサダー調査事務所では、

証拠を活用出来る人材

証拠調査士の育成もしています。

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

クライアント満足度を上げて、

収入アップにつながる資格でもあります。

お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校

086-226-1099

男女トラブル

オネェ芸人 男男トラブル

Published by:

オネェ芸人 男男トラブル

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

以前、オネェ芸人,お笑いタレントの楽し◯ごさん(34)が、個人事務所の30代男性マネジャーを殴って負傷させた問題で、所属事務所のよしもとクリエイティブエージェンシーは、楽し◯ごさんを厳重注意処分とすることを決めたそうです。

事務所によると楽し◯ごさんとこの男性は昨年5月に知り合い、同年12月24日から交際を始めました。

今年7月からは楽し◯ごさんの会社の従業員として働くことになったそうです。

しかし、同月下旬に「ささいなことがきっかけで」口論となり、男性を4、5回殴打し、口中を切るけがを負わせてしまいました。

楽し◯ごさんはその後反省して謝罪し、治療費として2万円を渡し和解したという。その2、3日後に男性から別れを切り出され、交際に終止符。その際にもけがを負わせた謝罪の意味を込め5万円を渡したそうです。

しかし、同日、2人が知り合うきっかけとなった第三者から呼び出され「誠意を見せろ」と暴力団の名前を出された。楽し◯ごさんは男性に100万円、この第三者に10万円をそれぞれ支払ったという。

後日、警察に事情を話し、被害届を提出したところ男性から107万円が振り込まれたという。

男女トラブルならぬ男男トラブル??

表現が難しいですが、交際中の相手とのトラブルが原因の場合は、

解決が上手く行かないと恨みつらみに発展しこじれてしまいます。

男性でも女性でも同じ事です。
ストーカー相談

あなたは、ストーカーに悩まされていませんか?
つきまとわれたり、いつも見られている・・・
盗聴されているなどから、
頻繁なメールや電話、どんどんエスカレートしてくる内容に
恐怖を覚えることになってきます。
リベンジポルノ被害にあう方も増えています。
事件に発展する事も多いストーカー問題は、
ご依頼ください。
アンバサダー調査事務所

086-226-1099

男女トラブル

男女トラブル

Published by:

男女トラブル

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

以前、千葉県市川市の路上で22歳の女性が男に刃物で刺されて死亡し多事件が起こりましたね。

警察は殺人事件として逃げた男の行方を捜査しているようです。

 

事件は午後4時半すぎ、千葉県市川市のJR本八幡駅近くの路上で起こりました。

「若い女性が男に刺され、倒れている」と警察に通報があり

警察によると、女性は市内に住むYさん(22)で

刃物で腹部を刺され病院に搬送されたものの、死亡が確認されました。

犯人は、年齢が20歳から30歳くらいで、身長が1メートル70センチから75センチくらい、

黒いニット帽をかぶり、黒いフード付きの上着にジーパンという服装。

Yさんと一緒にいた知り合いの35歳の男性は、「包丁を持った男が走って逃げるのに気付いて振り向くと、Yさんが倒れていた」と話しているそうです。

警察は現場周辺の防犯カメラの映像を分析するなどして殺人事件として男の行方を捜査中とのことです。

警察によると、殺害されたYさんは、以前交際していた男性とのトラブルについて、警察に相談していたということです。

警察は、相談を受けて元交際相手から事情を聴きましたが、金銭トラブルと復縁問題で、

暴力などは確認できなかったということです。

 

ストーカー対策のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

リベンジポルノ被害相談

彼氏や、浮気相手などから裸の写真や、性行為の映像で脅される
『リベンジポルノ被害』が増えています。
携帯で簡単に撮影出来る時代です。
ネットにのせるなどと言い、
会うことを強要されたり、金銭を要求される事もあります。
内容が内容なので、誰にも相談出来ず
泣き寝入りをしている人もいるでしょう。
勇気を出してご相談ください。

秘密厳守です。ご安心ください。

男女トラブル

ウツ 鬱

Published by:

ウツ 鬱

今夜もブログを読んでくださってありがとうございます。

精神科や心療内科を訪れる人が年々増えて

うつ病と診断される患者が多くなってきた近年ですが、

わたしも、

あなたも、

誰でもウツになることはあります。

しかし、本格的に『病』になるのは、

『諦めた人』 なのだと思います。
ここではうつ病の判断材料となる症状をあげて見ました。以下の症状が多く見られる人は要注意です。皆さんは大丈夫ですか?

睡眠

うつ病は精神の病気です。しかし、精神だけでなく身体にも支障を与えます。その症状の一つとして眠れない、寝つきが悪いことがあります。

胸の痛み

胸の痛みは心臓や肺の問題と直結している場合もありますが、うつ病の症状として出てくる場合もあります。

筋肉痛や関節痛

痛みとうつ病は深く関連しています。

消化の問題

脳と消化器官は深くつながっています。ですので不安やストレスがある時は腹痛や吐き気にも襲われます。うつ状態は吐き気、消化不良、下痢、便秘などになりやすくなります。

頭痛

ある研究ではうつ病患者は偏頭痛になる確率が3倍高く、頭痛持ちの人は5倍もうつ病になりやすいことが分かっているとか。
嫌なことがあると頭が痛くなるのは本当です。

食欲や体重の変化

鬱状態になると食欲が減る場合もあれば、過食症になることも。食べることで欲求不満や惨めさを紛らわすのです。うつ病は摂食障害に陥りやすくなるようです。

動揺や情緒不安定

イライラや情緒不安は睡眠による問題やうつによって引き起こされます。うつ病になるとアルコールや薬を飲むことが多くなり、情緒不安定にもなりやすくなるんです。

性交の問題

うつ病になるとエッチへの関心も無くなり、性欲やパフォーマンスにも影響が出ます。
探偵社に来られる方は、

悩みをお持ちの方がほとんどです。

悩みは、放っておくと 『ウツ』 につながります。

いろいろと考えて対策を立てている時のあなたは大丈夫です。

諦めた時が危険です。

今すぐアンバサダー調査事務所へご依頼ください。

086-226-1099

男女トラブル

男女トラブル

Published by:

男女トラブル

今日も、女性探偵のブログを読んでくださって、ありがとうございます。

 

スマホの普及からLINEトラブルが増えていますが、悪い事ばかりではないようです。

 

珍しい事件がありました。

 

 

強制わいせつ:LINEで助け求め容疑者検挙

 

福岡県警早良署は、ジョギング中の高校1年の女子生徒(16)の体を触るなどのわいせつな行為をしたとして、早良区在住の高校3年生の男子生徒(18)を強制わいせつ容疑で緊急逮捕した。容疑を認めている。女子生徒は「LINE(ライン)」で助けを求め、友人2人が駆けつけ容疑者検挙につながった。

 

逮捕容疑は、19日午後10時12分ごろ、早良区飯倉2の路上で、女子生徒の体を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。

 

同署によると、男子生徒は自転車に乗り、同日午後9時半ごろから約40分にわたって「遊びに行こう」などと声をかけるなどつきまとっていた。

 

互いに面識はなく女子生徒はラインで「知らん高校の人に捕まった」などとメッセージを送信。気付いた友人の男子高校生(15)2人が、現場から北西約1.6キロの市営地下鉄藤崎駅近くまで約20分間、自転車で追跡。さらに110番し、署員が身柄を確保した。

 

捜査関係者は「ラインが容疑者検挙に結びつくのは珍しい」と話した。

 

 

性被害相談は、

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

 

~美容トラブル相談~

 

美容トラブル相談の受付ています。

女性の心理として『美しくなりたい』と願う事は当然です。

しかし、美容トラブルが多いことも事実です。

契約や金銭の問題、施術の問題、接客態度に不満など、

様々なトラブルが起こっています。

泣き寝入りをするまえに、どうぞご相談ください。

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

男女トラブル

性嫌悪障害

Published by:

性嫌悪障害

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

興味深い記事がありましたので、抜粋してご紹介します。

近年、男性に増え続ける「性嫌悪障害」とは?

増加するセックスレス・カップルの要因のひとつが、

性行為に強烈な嫌悪感を抱く「性嫌悪障害」だという。
昨年から、性行為の際に射精できない「膣内射精障害」が問題となっているが、

新たに、射精をすることはできても性交できない「性嫌悪障害」が急増中だという。

この病気はどんな人がなってしまうのか。そして、どうすれば治療できるのか。

日本家族計画協会が2年ごとに行なっている調査では、

1ヵ月以内に性交渉がなかった夫婦の割合は、31・9%(2004年)、34・6%(06年)、36・5%(08年)、40・8%(10年)、41・3%(12年)と着実に増加している。

このようにセックスレス・カップルが増えている要因はいくつか考えられるが、その中のひとつに「性嫌悪障害」がある。

性嫌悪障害とは、性行為や性的な事柄に対して強烈な嫌悪感を抱く症状だ。実際は、嫌悪感などという生やさしいものではなく、“性交恐怖症”に近い。

1990年代までは、これは主に女性がかかる病気といわれていた。例えば、幼少期の性的虐待や職場でのセクハラなどをきっかけに、性嫌悪障害になってしまった女性も少なくなかった。しかし、ここ10年で、男性の患者が急激に増加。現在では、女性よりも患者数は多いといわれるほどだ。

では、なぜ男性の「性嫌悪障害」が増えてきたのか。ある医療ジャーナリストが指摘する。

「原因を特定することは難しいですが、年代別に大きな特徴があります。それぞれのケースを挙げてみましょう」

■20代の場合

若い世代に多いのが、性行為自体を面倒くさがるケース。性欲自体はあるものの、趣味や遊びのほうに興味がいっている状態。パートナーから性交を求められても、嫌悪感しか残らない。

■30代の場合

性嫌悪障害を患う中心層がこの世代。もともと恋愛に消極的な草食系男子が多く、女性からの積極的な性行為へのアプローチには大きな嫌悪感を抱いてしまう。また、過去の性交の失敗がトラウマになっているケースも少なくない。

■40代の場合

性行為自体が嫌いなのではなく、パートナーとの性行為に対してのみ嫌悪感を抱くケースが多い。また、この世代は仕事が忙しく、そのストレスから性嫌悪障害になっていることもある。

以上が、年代別に見られる特徴だが、これにプラスして、パートナーに対する関係性の変化も指摘されている。前出の医療ジャーナリストが言う。

「簡単に言うと、奥さんや恋人が性的な対象として見られなくなるケースです。例えば、子供が生まれたことなどをきっかけに、奥さんが母親のような存在になってしまう。自分の母親がどんなに魅力的な女性でも、その母親と性交をしたいと思わないように、奥さんに対しても同じような肉親愛を抱いてしまい、性交ができなくなってしまうんです。

人によっては、母親へのそれではなく、姉や妹に対する愛情のように変化してしまう場合もあります」

 

どう思いますか?

女性は、いくつになっても女性としてみられたいものです。

浮気をされても仕方が無いのでは?と思うような記事でした。