Category Archives: 不倫脅迫 浮気脅迫

不倫脅迫 浮気脅迫 アンバサダー調査事務所

不倫脅迫 浮気脅迫

不倫脅迫事例

Published by:

不倫脅迫

去年末から、同僚に不倫の脅迫を受けている方からの案件がありましたがやっと解決しました。

被害者は女性、加害者も同僚の女性です。

不倫のお相手は会社の上司

当社に解決依頼の経緯

加害者の同僚が不倫のネタにあらゆる要求を去年夏から要求をされていたのです。当社のクライアントは既婚者で子供二人とご主人で戸建てに住む普通の家庭です。

当社に相談に来たときは300万円ぐらいの被害が出ていました。

このような状況では、警察に相談することもできず困っていたのです。当然そのような状況を友達にも相談することもできず当社に来ました。

 

まず状況分析が始まりとなり、その分析結果をもとに対応を考えていきます。

状況分析を進めていると意外なことが分かってきました。

不倫相手の上司にも脅迫をしていることが分かったのです。その上司は私どものクライアントに脅迫されていることをいうことがなかったのです。

脅迫している同僚の女性は、パチンコ・スロットで多額の借金があり、旦那さんは仕事もせず朝からパチンコ屋に入りびたり、こんな家庭に子供が3人いました。

こんな人生半分投げたような人間に対して対応をとることは、脅迫されていた人にはできなかったのです。

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

 

不倫脅迫 浮気脅迫

浮気脅迫 映像・写真・画像 岡山 倉敷 津山

Published by:

浮気脅迫 映像・写真・画像 岡山倉敷津山

浮気の映像、証拠写真、画像で脅迫されている方からの依頼が多く、個人でに対応は大変困難なものです。

また、誰にも知られずに解決することが優先される案件です。

 

トラブルや問題が身に降りかかった時、
「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、アンバサダー調査事務所へご相談ください。
あらゆるトラブルを解決してきた専門家がが貴方のトラブル解決をサポートします。

貴方がじっとしている間も、貴方を脅迫している相手は先を見越して策を練っているはずです。仕組まれたトラブルである場合、貴方はすでに相手のペースで対応をしていかなければなりません。

罠にはまったトラブルは、急に起きるものです。相手によってはたいへん厄介な問題で、貴方の今後の人生を大きく揺るがすこともあります。多くの方はトラブル慣れしておらず、どうしてよいのか戸惑うことでしょう。泣き寝入りをするか、解決するかのどちらかです。世間では、正しいから勝つのではなく、強いものが勝っています。

トラブルに巻き込まれた時に思い知らされる現実です。

 

浮気の脅迫・恐喝・強要の被害に遭ったしまった時、貴方はいったい誰に相談をしますか?
家族や友人、交際相手ですか? または、会社の上司や同僚といった貴方の周りの人物でしょうか?

簡単に相談を持ち掛けることはお勧めできません!

不倫トラブル 不倫復讐 浮気復讐 不倫脅迫 浮気脅迫 不倫調査

不倫路チュー

Published by:

不倫路チュー

不倫は不法行為

夫婦の一方が、異性の愛人と不貞行為(浮気・不倫)をした場合に不貞行為の相手に慰謝料を請求することが出来る場合があります。
損害を被った配偶者は、貞操義務に違反した配偶者と異性の愛人に対して、貞操権侵害による精神的苦痛に対する慰謝料として、
損害賠償を請求することができることがあるのです。

その際、不貞行為が異性の愛人の誘惑によるものか、自然の愛情によって起こった事かは関係ありません。純愛を装っても、不倫は不倫です。
不貞行為そのものに違法性があるとして慰謝料の請求を認めているのです。

これら民法の規定を根拠に、共同で不法行為をした配偶者と異性の愛人に対し、精神的苦痛を受けた配偶者は、慰謝料として損害賠償の請求をすることができます。
農水政務官問題

この様な問題は、政治家の間では国民はすぐ忘れると言われています。

農林水産省の中川郁子(ゆうこ)政務官(56)が12日午後の衆院予算委員会で、週刊誌の“不倫路チュー報道”をめぐり、野党から厳しい追及を受けた。

妻子ある自民党の門(かど)博文議員(49)と路上でキスをする写真が報じられたことについて、民主党の大西健介議員が(43)が質問に立った。「酒を飲み、酔った勢いで門議員とセック…」と言いかけた後で「“不適切な行為”に及ぶとは、政務官として適性を欠くのでは?」と指摘。「無理をせず、早く自ら身を引いて地元に戻り、説明と謝罪をしに回る方がよいのでは」と辞任を求めた。

中川氏は暗い表情でうつむき、体をすくめるように着席。議長に促されて起立した後は、マイクの前に立って深々と一礼した。「酒席の後とはいえ軽率な行動で、深く反省しています」とあらためて謝罪。終始伏し目がちで、答弁中も視線を上げることはなく、今にも泣きだしそうな声で「大臣を支え、政務官の職務に全力で取り組むことが私の責務」と続投の意思を示した。

直前まで、タレント山本モナ(39)との“不倫路チュー”が06年に報じられた民主党の細野豪志政調会長(43)が質問に立っていた。“不倫路チュー”では“元祖”ともいえるが、「そうだ!そうだ!」とあおる同党議員の援護射撃もあり、大西氏の追及の手が緩むことはなかった。中川氏の夫で09年に急死した中川昭一元財務相の名前を挙げ、安倍晋三首相(60)に「首相の盟友だった中川さんは草葉の陰でどう思ってるでしょうね」と皮肉った。

これに先立ち午前の予算委で林芳正農相は「国民に不快な思いをさせ残念。公人として自らを律し、職務に専念してほしい」と続投させる考えを強調。安倍首相も官邸で自民党の谷垣禎一幹事長と会談した際に、中川氏について「しっかりやってもらわないといけない」と苦言を呈していた。

不倫脅迫 浮気脅迫

浮気の情報は脅迫のネタになる

Published by:

浮気の情報は脅迫のネタになる

 

ブログを読んで下さってありがとうございます。

 

写真週刊誌でグラビアアイドルとの不倫疑惑を報じられたダウンタウンの浜ちゃん。

 

芸能人は、芸能記者が付いている事もあれば、

トラップではめられてしまう事もありますが、

何はともあれ色物には注意深さが必要だと言えるでしょう。

 

浮気や不倫のネタは、脅迫や恐喝に利用される可能性があります。

それほど、社会的な影響や

家族のあり方にも大きな変化を与える可能性があるという事です。

 

離婚を考える時も、

相手の浮気や不倫の証拠が欲しいと望まれる方が多いのも

理由は明らかです。

慰謝料請求にも優位なのです。

 

浮気調査は、アンバサダー調査事務所にご依頼ください。

 

086-226-1099

 

 

 

 

ストーカー対策

 

あなたは、ストーカーに悩まされていませんか?

つきまとわれたり、いつも見られている・・・

また、好意が怨恨に転じている場合や

復縁を要求するなど一方的に好意を抱いている場合、

また目的が分からない事もあります。

 

盗聴されていることもあり、あなたの情報を集めている場合もあります。

頻繁なメールや電話、どんどんエスカレートしてくる内容に

恐怖を覚えることになってきます。

リベンジポルノ被害にあう方も増えています。

事件に発展する事も多いストーカー問題は、

ご依頼ください。

ストーカーになってしまいそうな方は、今すぐお電話ください。

 

 

 

 

探偵調査は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099