男女トラブル

男女トラブル

男女トラブル

岡山 倉敷 津山

男女トラブルから事件へ

男女トラブルを放置していると大きな事件に発展することもあります。

九州の路上で、同じ予備校に通う女子生徒を刺殺したとして殺人容疑で逮捕された元少年について、鑑定留置の結果、刑事責任を問えるとの判断が出た。

元少年の精神状態を調べた鑑定留置は終わり、地検は勾留期限までに殺人罪などで起訴するとした。

帰宅途中の女子生徒を刃物で刺して殺害したとして、殺人容疑で逮捕されていた。

検察側は勾留途中に、「犯行前後の元少年の精神状態を慎重に調べる必要がある」として簡裁に鑑定留置を請求。医療施設で精神鑑定を行った結果、元少年はいくつかの発達障害の兆候はみられるものの刑事責任を問うことは可能との判断が出たと。

少年法は殺人などの重大事件を起こした1少年について原則、検察官が家裁に送致した後に検察官送致され、起訴されると定めている。捜査段階で20歳に達した場合は家裁を経由せずに、成人事件と同様の刑事手続きとなる。

元少年は、動機について「交際を断られ、女子生徒を恨んでいた」「勉強が手に付かなくなった」などと供述していた。

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。

恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。