» 未分類
未分類

アメリカの盗聴

アメリカの盗聴

盗聴は相手の情報を入手する有効な手段です。情報は使い方によってはかなり有効に利用できるのです。

アメリカの盗聴と言う情報収集

情報をを持ったうえであらゆる交渉を進めていくことが、交渉を有利に進めていくことに必要だということです。

また盗聴についての法規制の必要性を考えることが必要です。情報を財産だという考え方をしていかないと、アメリカにいいようにやられてしまいます。盗聴をさてていることを早く察知できるようにしていく必要があるでしょう。

盗聴は、その情報を欲しがっているものがするものです。それが敵対している相手なとこちらの手の内が分かってしまうものです。

内部告発サイト「ウィキリークス」は31日、少なくとも第一次安倍政権時代に、米国家安全保障局(NSA)が日本の内閣官房のほか、日銀、財務省や大手企業の三菱商事、三井物産などの35カ所を対象に盗聴していたと公表した。

日米関係や貿易交渉、地球温暖化対策、世界貿易機関(WTO)交渉、原子力政策などに関する情報を収集していたという。

南ドイツ新聞は、内部告発サイト「ウィキリークス」の情報として、シュタインマイヤー外相の携帯電話番号が米国家安全保障局(NSA)の盗聴リストに記載され、計画的に盗聴されていたもようだと報じた。
これまでに独政府の金融や経済・貿易担当省庁を中心に125の固定電話番号などが対象になっていた疑いが浮上。南ドイツ新聞はさらに外務省関係の番号20件も盗聴リストに入っていたと伝えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。