未分類

ワンクリック詐欺

ワンクリック詐欺

ウェブページ上の特定のアダルトや出会い系サイト、勝手に送られた電子メールに記載されているURLなどを1回クリックすると、「ご入会ありがとうございました。」等の文字やウェブページが表示され一方的に契約したことにされて多額の料金の支払を求められることをいう。一般的には「ワンクリック登録」または「ワンクリック詐欺」という名で知られている。

スマートフォンでアダルトサイトを見ていると、突然シャッター音が鳴った。カメラが勝手に起動したのか。不安に思っていると、ユーザー登録画面が表示され、利用料として数万円が請求された-。インターネットで年齢認証や動画再生ボタンをクリックするだけで高額な利用料を請求される「ワンクリック詐欺」。多機能を売りにするスマホであるだけに、詐欺の手口も日々“進化”している。

不安あおり誘導

「突然シャッター音がして、利用料の請求画面になって…」。2月、近畿地方の40代男性から地域の消費生活センターに相談の電話があった。

スマホでアダルトサイトを閲覧し、画面に表示された「18歳以上」のボタンをタップした(押した)ところ、シャッター音が聞こえ、スマホに登録完了の画面が表示された。約9万円の利用料を請求された。

慌てた男性は画面に表示された問い合わせ先の番号に電話。「取り消したい」と申し出て名前や住所を伝えた。だが、電話の相手は「こちらには“写真”があるから払ってください」とうそぶいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。