不倫の問題解決・相談

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。創業以来クライアントの抱える不倫の悩みを解決してきました。数々の不倫問題解決事績と調査をしてきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

現代日本で、不倫と言えば男女間での良くない行為に対して使われやすい。 特に既に結婚しているのに他の人間にうつつを抜かす事がそう呼ばれる傾向にある。不倫とは本来、道徳から外れること全般に使われていた単語らしい。

不倫 男女間の浮気問題 男女間での不倫とは配偶者のある男や女が、配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことがそう呼ばれやすい。

配偶者のいない男や女が、配偶者がいる異性と恋愛し、性交を行う場合も指したりする。

法的に言えば、性交してない場合は不倫とはいえないとの考えもある。それ以外の場合は単に「浮気」というのかもしれないが、実際には不倫と浮気の両語は分別されて用いられてはいない 。

ただ今現在のメディア報道では「不倫」と報じた場合、性行為に及ぶ関係であるとメディアは主張していると考えて良い 。

恋愛には色々な形があり、既婚者であるにも関らずの他の異性を好きになってしまう事もないわけではないが、問題とされるのは、行動に移すか移さないかである。

芸能人などでは、マスコミ報道されれば、明らかに社会的な非難、社会的制裁は避けられない。それは不倫中の二人のみならず、相手家族にも確実に被害が及ぶことはご存知の事です。

不倫とは

不倫の問題解決・相談 不倫トラブル解決・相談

そもそも不倫とは何か

不倫はそもそも法律用語ではないのはご存知でしょうか。

不倫という言葉が使われ始めたのは、1980年代になって使われ始めたようで、不貞行為をしている当事者、それに加担する関係者の行為を指す言葉です。

独身、既婚を問わず、夫婦としての権利を侵害されたあるいは侵害した外部の人間との行為としてとらえ、そのことを不倫と言っているのです。

性交渉が前提、要は肉体関係があるかどうか民法770条には法的離婚原因として不貞行為という記述があり、不貞行為とは、夫婦の貞操義務に反する行為、つまり配偶者以外との性交渉を持つ行為ということです。

不貞行為は民法上の不法行為として、配偶者には 精神的苦痛に対する慰謝料請求をする権利があります。

夫婦には貞操義務があると書かれている条文はありませんが、言うまでもなく多数の判例により、夫婦は互いに貞操を守る義務があり、相手に貞操を要求する権利があると解されます。

パートナーの不倫で悩んでいる方は、私どもにご相談ください。きっとあなたの力になります。

不倫調査に関してのお問合せをよく頂きます。夫の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、不倫のサインでもあるのです。少しでも夫、妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。専門のスタッフが、あらゆる不倫のトラブルにご対応致します。

不倫の問題解決相談 岡山 探偵アンバサダー調査事務所

ダイヤル086-226-1099

トラブル 相談 夫婦トラブル  

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。プロの探偵と言うことは、クライアントの抱える悩みを解決してきた事績に支えられ調査とトラブルを解決するプロです。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

不倫の問題相談

そもそも不倫問題の相談では解決できることは何一つありません。

不倫調査の依頼をし、事実を事実として受け止め、どのような行動をしないといけないかを考える必要があります。

一番いけない考え方は、現実を見ず、信じたくない事は信じず、事実をを認めようともせず、ただただ悩むことだけするという行為です。

そのような行為は、精神が病んでしまいます。

そのようなことになるに、相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

不倫調査依頼が、最適な方法です。

探偵アンバサダー調査事務所岡山ではクライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

調査員との調査打ち合わせもクライアント情報は必要最小限の事のみ伝え情報の管理をし、情報管理を徹底管理しているのが探偵アンバサダー調査事務所岡山なので、安心して調査依頼ができるのです。