警察を恐れないスト-カー

ストーカーは警察も逮捕も恐れないことはよくあります。なぜならストーカー行為の対象者には固執と言う感情を加害者側が持っているからでこの個室は非常に厄介で、警察の逮捕、注意ぐらいでストーカー行為が停まるとは限らないのです。

ストーカー対策 警察を恐れないスト-カー

ストーカー行為を辞めさすために必要なことは法律の整備ではなく、この個室の対応にあるのです。対応は加害者のタイプとストーカーの進行状況などを十分に把握し対策を施していくことになります。

もちろん、警察に言えばすぐに逮捕してくれるようになったのですが、被害者の中には表ざたにせず解決をしたいと思われている方も多く、私どものクライアントの方は表ざたにせず解決したいと思われている方たちです。

元交際相手の男性にメールで暴言を吐くなどしたとして、容疑者を逮捕した。

逮捕容疑は、今月上旬、かつて交際していた30代の男性が拒んでいるのに数十回にわたって電話やメール送信。メールは「早く秋田から出ていけ」「ふざけるな。逃げても無駄だ」「逮捕させるならさせてみろや」などと乱暴な内容だったとしている。

このように事件にしたくないと思われている方は当社に相談ください。あなたの力になります。

警察などでストーカーの対処をしたい方は、探偵アンバサダー調査事務所岡山を利用することは必要ありません。

しかし、不倫相手からのストーカー行為などは、過去に不倫パートナーの子どもを妊娠したことがあるなど、家族にバレたくないなどの事情がある方などは当社に相談ください。誰にも言えない事情、バレると社会的制裁が加わるなど人それぞれ事情があります。

ストーカー事情

これってストーカー?どうすればいいの?誰が私に?
そうやって一人で悩んでいませんか?

最近、ストーカートラブルが多発しており中には殺人事件にまで発展するケースが あります。そしてそれと並行して増加しているのは盗撮や、盗聴です。

誰にでも簡単に盗聴器や携帯カメラを使って犯行におよぶことができるようになってしまったのです。 その結果、トラブルは減少するどころか増加の一途をたどっています。

付きまとわれている気がする。 通勤帰宅がいつも一緒の人がいる。 下着や洗濯物を盗まれる。 非通知で着信がかかる。 家で電話していると雑音が入る。 家の中の出来事なのに周りの人に知られている。

このようなことが身近で起こっているともしかするとストーカーや盗聴の被害に会われているかもしれません。
1年で2万3000件 依然最悪、摘発も最多

全国の警察が昨年1年間に把握したストーカー被害は2万2823件(前年比8・2%増)で、統計を取り始めた平成12年以降、3年連続で最多だったことが19日、警察庁のまとめで分かった。摘発も2473件(同30・9%増)と24年の統計開始以来、最も多かった。

警察庁は、被害の現状について「ストーカーに対する社会的関心が高まり、相談が増えている。危険性があると判断すれば積極的に事件化した」としている。凶悪なストーカー事件が相次いだことから、警察庁は27年度から警察官を増員するなど対策を強化している。

摘発の罪名別では、ストーカー規制法のストーカー行為が598件、脅迫465件、住居侵入309件など。殺人も14件(未遂9件)あった。摘発のうち9割以上の2242件は逮捕だった。

警察官ストーカー

ストーカー容疑で58歳警官逮捕

元交際相手に付きまとい
元交際相手の女性に付きまとうなどしたとして、ストーカー規制法違反と脅迫の疑いで、巡査部長の容疑者を逮捕した。「話がしたくて連絡したり、会いに行ったりしてしまった」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は1~3月、不倫関係にあった県内のパート従業員の女性(58)に対し「(女性の)写真をばらまく」「会いたい」などのメールを約20通送信。性的な内容が含まれた手紙を複数郵送したり、女性の自宅周辺で見張りや付きまとい行為をしたりした疑い。

県警監察室によると、女性から相談の電話があり、発覚。2人は十数年前から交際を始め、昨年12月に別れたという。岩間容疑者の自宅などから、女性の写真など100点以上を押収した。

監察官の話 警察官としてあるまじき行為で、誠に遺憾。深くおわびする。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する。
探偵アンバサダー調査事務所岡山では、今まで多くのストーカーを撃退してきました。
あなたが勇気を持って今までと同じ生活をしたいと願うのなら弊社までご連絡ください至急コンサルティングを行います。

平穏な生活を営む権利はみんなそれぞれ持っているはずですそれらの権利を脅かすような連中は弊は許すことができません。弊社の使命はそのような連中を捕まえることだと思っております。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では水面下で調査。コンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

法的な解決ではなく、お互いが納得しての解決でなくては、問題が悪化することもよくあり、法的解決でストーカーに挑み、状況を悪化させたケースを見てきました。

浮気相手、不倫相手のストーカーの対応として法的手段を使うのは最後と考えていた方が良いでしょう

また、どうしても裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。