デートレイプドラッグ

デートレイプドラッグ

性暴力に使われる睡眠導入剤などで飲むと眠くなったり、体に力が入らなくなったり、歩行や会話ができていても、記憶がなくなったり、途切れてしまったりする。短時間で作用する睡眠導入剤は薬の成分も早期に体内から排出されるため、犯行の証拠が残りにくいのが特徴。

睡眠導入剤などの薬剤を飲食物に混入し、相手を抵抗できない状態にしてわいせつ行為に及ぶ犯罪が相次いでいる状況で強力な薬剤はインターネット上の取引などで容易に入手できる。

SNSで知り合った少女らを標的に犯行を繰り返す悪質なケースも出ている。被害者の体内から薬の成分が排出される前に検査、検出できれば犯人逮捕に向けた証拠となる。被害が疑われる場合はすぐに警察に相談をしないと証拠の採取ができない。

警視庁は少女を自分の車に連れ込み、わいせつ行為をしようとしたとして、準強制わいせつ未遂などの容疑で中国籍の男を逮捕。男は別の少女への準強制わいせつ容疑でも逮捕されており、いずれも被害者が早期に警察に相談したことが摘発につながている。

警視庁が30年、睡眠導入剤入りのサラダを女性に食べさせたなどとして準強制性交容疑で逮捕した40代の男は、他の3件でも立件されている。

睡眠導入剤などの薬物の使用が疑われる性犯罪の摘発件数は、27、28年は30件程度で推移していたが、29年に85件と急増した。関係者は「同じ容疑者が何度も犯行を繰り返すケースが目立つ」と分析する。薬の作用で被害者の記憶が抜け落ちるなどして時間が経過する間に成分が体外に排出されてしまい、被害が潜在化しやすいことにつけ込んでいるとみられるとのこと。

犯行の背景には、市販薬より強い入眠作用を持つ薬が容易に入手できる現状もある。ネット掲示板やSNSを介した取引も横行。ツイッター上では薬剤について「在庫あり」「お譲りします」といった投稿が多数ある。

性犯罪などへの悪用を避けるため、一部の睡眠導入剤には水やアルコールに溶かすと青く変色する色素が含まれている。だが、新宿の事件で逮捕された男は、ネットの匿名掲示板で購入した数種類の中から色素が含まれない錠剤を選んだ上、白濁した飲むヨーグルトに混入させることで、見た目で分からないようカムフラージュして使用していた。

 

またこのようなことは、知人が加害者となってるケースも多くあります。そのうえでセクストーションの被害に発展しているケースも当社の案件でありました。

セクストーション被害(性的な脅迫)と言っても、内容は様々です。
同性愛者やトランスジェンダーなどもセクストーションの被害になることがあります。
職場にばらす、家族にばらすなどと脅されることがあります。
また、不倫写真やベッド写真をばら撒かれるなどの脅迫から相手の要求に応じることになった被害者もいます。
性的な思考は、人によって違いますが、性的な趣味をネタにセクストーション被害に遭ってしまうケースがあり、
その映像や写真と言った画像を証拠に取られることから被害の拡散が懸念されます。

 

不倫の代償 リベンジポルノ 性的脅迫 セクストーション

不倫の代償 リベンジポルノ 性的脅迫 セクストーション

 

私どもの探偵社でもリベンジポルノ・性的脅迫・セクストーションの解決依頼は数件あります。地方都市である岡山でもそれなりの件数の案件があるのです。

性的脅迫

メールを使った脅迫には「セクストーション」と呼ばれる、性的な脅し文句を利用することで、受信者の不快感や恐怖をあおる手口が利用されています。

このようなインターネット系の脅迫は私どもでは対した脅迫でなないと判断してしまいます。当事者は大変でしょうが。本当に怖いのは不利の証拠になる画像での脅迫、それも当事者間で撮影した映像が第三者に手にわたってしまった場合です。撮影したときは、そんな大変なことになると思っていなかったようですが、恋愛はどうなるか予測がつかないもので、先のことは誰にも分りません。

リベンジポルノ

リベンジポルノは、元配偶者や元交際相手が、拒否されたことの復讐に、裸の写真や動画など、公開するつもりのない私的な性的画像を無断でネットの掲示板などに公開することを言います。
インターネット普及で、写真・動画がネット上で流出・拡散すると削除が困難となり、半永久的にネットに存在し続けることとなります。カメラ機能・ビデオ機能が付いたスマートフォンが普及したことで個々人が撮影と投稿を手軽に行える環境となっていることも、リベンジポルノ問題を潜在的に起こしやすくする要因の一つとなっている。

また子供でもスマホは所持しているため、被害者、加害者の低年齢化となっています。
無許可で撮影した他人の写真を投稿するのをプライバシー侵害として禁止する法律は各国で存在するようですが当社の扱った案件では、被害者が撮影許可したケースもあり対応には熟練した担当者がつくようにしています。

リベンジポルノ・性的脅迫・セクストーションの被害解決はアンバサダー調査事務所

野村総研強制わいせつ事件

野村総研強制わいせつ事件


この事件は、のちに組織ぐるみの隠ぺい、脅迫とつながる。

株式会社野村総合研究所(東証一部/以下、野村総研)は、同社中国北京社副社長だったY氏による女性への強制わいせつ行為、その通知を受けた同社による被害者女性側への脅迫行為、Y氏によるつきまとい行為が、東京地裁で「真実の通り」として認定されたことを受け、その取り消しを求めて東京高裁に付帯控訴のかたちで控訴したことがわかった。

同事件は、Y氏が取引候補先企業の日本人営業担当女性社員を会社のメールで呼び出し、さかんに酒を飲ませ酔わせた後、女性が乗るタクシーに乗り込んで性的嫌がらせを行い、さらに女性のひとり暮らしの自宅にまでついていき猥褻行為を働いたとされる、いわゆる「野村総研強制わいせつ事件」である。

この強制わいせつ行為の通知を受けた野村総研は、弁護士を使って「裁判にするなら友だちを法廷に呼び出してやる」「法的措置をとる」などと被害者女性に脅迫的な対応を繰り返した。そして同社の行為が社会的に悪質すぎるとして、被害者女性を支援する団体の一人(以下、支援者・A氏)が告発したが、ほかにもY氏による行為の被害者女性が多数いることを知った同社は、A氏と被害者女性の一人を「名誉棄損」だとして東京地裁に提訴していたのだ。

まず、被害者女性に対し起こされた裁判においては、当初から野村総研は性犯罪が親告罪であることを悪用して、被害者女性を裁判を使って恫喝し性犯罪の立件をさせないようにする手口を使っているのではないか、という批判が数多くなされていた。そして同社は被害者女性を訴えておきながら、裁判ではなんら名誉棄損の事実を証明することができず、被害者女性と和解もできずに訴えを取り下げて、実質上、同社の全面敗訴が確定した。

 

教育者の児童ポルノ問題

教育者の児童ポルノ問題

教育者

偉大な聖人や哲学者、キリスト、ブッタ、ムハンマド、孔子、ソクラテス、プラトン、アリストテレスは、皆、偉大な教師だった。指導者という言葉は、教育者という意味も含んでいる。彼らが教え伝えようとしたのは、何だったのか。それは、人生についてである。そして、彼らが教え伝えようとした部分が、すっぽり抜け落ちているのが、現行の教育なのである。

人生は、出会いによって決まると言っても過言ではない。なかでも、良き師に巡り会えるかどうかは、その人の一生を左右する。だからこそ、今でも、結婚式には、恩師を招く風習があるのである。そして、恩師という言葉の意味もそこにあるのである。それだけ、教育者に与えられた責任は、重いのである。

かつて、勉学の根本は、師を選ぶことであった。志を立てた者は、人生の師を求めて遍歴の旅に出た。ある意味で、よき師を見つけることが、学問、修行の始まりだったのである。

教師に必要なのは、理想と情熱、そして何よりも子供達に対する、愛情である。ところが、現代の教育者は、教育者としての自覚、目標が、判然としていない人が多い。でもしか教師に代表されるように、教育者としての理想や情熱を、最初から持たない教師が増えているのである。ではどのような、人が教育者、教師といえるのであろうか。人生の師と仰ぐ事のできる人こそ、真の教育者である。つまり、人間いかにあるべきか、いかに生きるべきか、その方向を教えられる者こそ真の教育者である。

人は一生のうちに、いくたびも挫折や失敗、失恋を味わう。そして、その都度、悩み苦しむ。人が教えを必要とするのは、その時なのだ。そういう時に、適切な助言、指導ができてこそ、真の教育者といえる。だからこそ、かつては、教師のことを聖職者と呼ぶこともあったのである。しかし、現行の教育制度では、教師にそのような役割も全く期待していない。むしろ、そういうことは、教育者の仕事、職務ではないのである。
元校長1万2000人買春 児童ポルノ作成
フィリピンで少女とわいせつな行為をし、その様子を撮影したとして横浜市の中学校の元校長が逮捕された。フィリピンで1万2000人以上の女性を買春していたという。

児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されたのは、横浜市の公立中学校の元校長・高島雄平容疑者(64)。警察によると高島容疑者は、去年の元日、フィリピン・マニラ市内のホテルで当時13歳から14歳くらいの少女に金を払ってわいせつな行為をし、その様子を撮影した疑いがもたれている。

高島容疑者は、27年前に教員としてフィリピンに派遣されて以降、帰国後もフィリピンに度々渡航し買春を繰り返していて、関係先からは14歳から70歳まで1万2000人以上の女性とのわいせつな写真が押収されたという。

児童ポルノ事件

児童ポルノ事件

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。
児童ポルノ過去最悪
小学生以下が1.5倍―「腕時計」「ペン」で盗撮も
2014年に全国の警察が摘発した児童ポルノ事件は1828件あり、前年より184件(11%)増えたことが26日、警察庁のまとめで分かった。捜査を通じて新たに被害者と特定した18歳未満の子どもは746人で、100人(15%)増加。いずれも統計を始めた00年以降の最多となった。
小学生以下の被害者が138人おり、前年の1.5倍に増加。全体に占める割合も4ポイント増の18%となった。うち97人は強制わいせつと性的暴行に伴う被害だが、自分で裸を撮影してメールで送る「自画撮り」も22人いた。
中学生以上を含めると、被害者の54%に当たる405人がインターネットを通じて加害者と知り合っていた。使用機器はスマートフォンが313人と突出している。
摘発した事件数は7年連続で増えた。児童ポルノを販売したりネットで公開したりする「流通事件」が919件。残りは「製造事件」で、うち29件は、14年7月に施行された改正児童ポルノ禁止法で摘発対象に加わった「盗撮」だった。
盗撮事件の舞台は、ホテルや銭湯の浴室14件、更衣室5件、トイレ4件など。怪しまれないように時計やペン、衣装掛けなどにビデオカメラを仕込む手口もあった。
兵庫県警は7月、カメラを組み込んだ腕時計を銭湯に持ち込み、父親と一緒に入浴中の女児を盗撮した48歳の男を逮捕。11月には、勤務先の小学校で、更衣室を兼ねる教材庫にカメラ付きのボールペン6本を置いて盗撮した32歳の男が茨城県警に逮捕された。

変態教師

変態教師

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

岡山で女子中学生のスカートの中を盗撮する教師が懲戒免職されました。

なんと『瞑想』させて目を閉じている時に、

スマートフォンの音が出ない撮影アプリを使って盗撮していたそうです。

この30代の男性教師、他にも余罪があるのでは・・・

中学生のスカートの中を覗きたいと思うなら、

児童ポルノの趣味があってもおかしくないでしょう。

そう思われても仕方がありません。

こんな男が教師をしていると思うと不安でなりません。

尊敬されるべき教師に盗撮された女子中学生の被害。

性の対象として見られていたと思うとゾッとしますね。

世の中には、公に出来ない性被害はたくさんあります。

ニュースになる事はほとんど無く、

泣き寝入りか、解決するか大きく別れます。

誰にも知られずに解決したい方は、ご相談ください。

 

探偵調査は、

岡山 岡山
086-226-1099
アンバサダー調査事務所では、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校
086-226-1099

LINEきっかけの事件が多発 原因はスマホ利用

LINEきっかけの事件が多発 原因はスマホ利用

LINEの運営会社では、10代向けの「LINE 安心安全ガイド」を作成して安全対策を呼びかけている

恐喝、美人局、少女売春、画像送信など事件が多発

恐喝、美人局(つつもたせ)、援助交際などの事件が次々に報道されている。いずれもLINEでのコミュニケーションをきっかけとしたものだが、LINEだけに問題があるのではなく、安易なスマートフォン利用にも原因がありそうだ。
今年に入って、LINEを悪用したり、LINEがきっかけの様々な事件が多発している。LINEはスマートフォンを中心としたメッセージ・無料電話サービスで、国内利用者はすでに4500万人を突破。スマートフォンでのコミュニケーションツールの定番となった。

LINEをきっかけとする事件は昨年から増えており、未成年が被害者になるものが多かった。今年に入ってから起きた事件を見てみよう(カッコ内は報道された月)。
少女買春容疑。塾講師を逮捕(去年3月)
○○○・ ○○○署は、LINEで知り合った中学3年の女子生徒に2万円を渡し、みだらな行為をした疑いで、 ○○○・ ○○○区の学習塾講師を逮捕。
女子高生に淫行。会社員男性を逮捕(去年3月)
○○○署は、県青少年健全育成条例違反で、 ○○○県の会社員を逮捕。LINEで知り合った15歳の女子高生に対して、 ○○○市内のホテルでみだらな行為をした疑い。
高1女子に裸画像送らせた ○○○官 LINE端緒(去年4月)
○○○中央署は、 ○○○官を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕。LINEで知り合った高校1年の女子生徒に、裸を撮影させて画像を送信させた疑い。
これらの事件は、いずれも未成年者が被害者になったものだ。淫行や援助交際、画像送信などで、大人が未成年者に被害を与えている。中高校生の利用者が多いLINEを狙って、大人が起こした事件といえるだろう。
これとは逆に、未成年者が加害者になった例もある。
LINEで「美人局」、少年少女4人が恐喝容疑(去年4月)
○○○中央署は14~16歳の少年、少女計4人を恐喝容疑で逮捕。女子中学生がLINEで知り合った男性を呼び出し、殴る蹴るの暴行を加えて、現金約6万円入りの財布を脅し取った疑い。

LINEで知り合った男性を呼び出し、暴行を加える「美人局」の事件だった。14~16歳の少年・少女が加害者であることから、全国ニュースでも報道された。また未成年者ではないが、同様の恐喝容疑の事件も起きている。
LINEで知り合った女に誘い出されて暴行を受ける(去年4月)
○○○市の男性が、LINEで知り合った女に誘い出され、男3人に羽交い締めにされ殴られた。加害者である男女4人は、携帯電話を奪って逃走した。
上記の ○○○の事件と同じように、犯人グループの1人である女性が被害者を呼び出して、お金を巻き上げる手口だ。LINEを出会い系の連絡手段として使う人が増えているため、このような事件が起きていると思われる。

「お悩み相談」、のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。