不倫トラブル事件

不倫トラブル事件

 

妻の友人と不倫 結末は殺害

妻の友人の26歳の女性を殺害したとして逮捕された男が「別れ話になり不倫が妻にばれてすべてが嫌になった」と供述しているとの事件がありました。

容疑者はマンションで、被害女性の首を電気コードで絞めて殺害した疑いで逮捕されました。容疑者が「被害女性と別れ話になり、妻に不倫がばれて大事になり、すべてが嫌になって死にたいと思った」と供述しているようです。被害女性は別の交際相手ができたため、容疑者との不倫関係を清算しようと友人でもある容疑者の妻にLINEを送ったとみられています。

被害者である女性の行動は一般的には理解に苦しむ行動ですが、なぜ自らの不倫を不倫相手の妻に送ったのか、当然慰謝料が発生することも考えるし、相手も傷つけてしまうことは当然誰でも理解できることです。

どのような理由があれ不倫相手の妻に連絡をとる行動は普通ではないと考えられます。

この被害女性は、不倫したことの責任も取らずに死んでしっまっていますが、恋愛は自由ですがその責任をとることは義務であることを分かったいなかったのか不可思議な事件です。
ちなみに容疑者は、「気が付いたら首を絞めていた。殺意はなかった」と容疑を一部否認しています。

 

不倫トラブル解決

岡山の探偵アンバサダー調査事務所では、あらゆる調査を通じて交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えていることに直面していきました。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

社内不倫が多い理由

社内不倫が多い理由

浮気調査の依頼を受けているとわかることがあります。それは社内で不倫のパートナーを見つけているということです。

次にあげることは社内不倫に陥りやすい理由です。

毎日会える
「出会いがない」と嘆く人の勤務先は、小売・販売や外食、サービス業であることが少なくありません。こうした職場は、男性よりも女性の数のほうが圧倒的に多かったり、土日や祝日が出勤という勤務体系になっていて、一般男性との出会いも、デートする時間も、なかなか確保できないという状況に陥りがちです。そんな中でも職場が同じなら毎日会えることができれば不倫に発展することもあります。

同じ職場であれば、毎日顔を合わせることができますし、勤務時間だけでなく退社後も含めて共有する時間が増えます。社内恋愛中は、社内でイチャイチャしすぎて、周囲の反感を買わないように気をつけたほうがいいでしょう。周囲からパートーナーに情報を提供されてしまったケースがあります。

仕事の能力がわかる

仕事ができる人はモテます。
仕事に一生懸命取り組んでいる姿は、女性には魅力的に映るものです。

 

価値観の共感
そもそも同じ会社・仕事を選んで働いているという時点で価値観が似ているコカが多いことも事実です。それだけ共通の話題も多くなりますし、喜びや愚痴も強く共感できるものです。恋愛の相性としては最適と言えるかもしれます。同じ話題で盛り上がるパートナーがいるだけで幸せを感じる人も多くいるはずです。

 

「一人で悩んでいませんか」「もしかしたら、浮気をしているのかも」 そんな不安を私どもアンバサダー調査事務所が解決いたします。当社で一番多いご相談は浮気・不倫調査です。信頼したいパートナーの真実を知ることが、問題解決への第一歩です。実績のある当社へ安心してご相談ください。

不倫から事件

不倫から事件

不倫調査に関してのお問合せをよく頂きます。旦那様の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、浮気のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。専門のスタッフが、あらゆるトラブルにご対応致します。

時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。そんなあなたのお役に私たちは立てますので一度ご相談下さい。

埼玉県朝霞市の住宅で男性を殺害したとして警察官の男が逮捕された事件で、男に多額の借金があり、事件後、返済していたことが分かりました。

中野翔太容疑者(31)は、朝霞市の住宅で寺尾俊治さん(58)の首を絞めて殺害した疑いが持たれています。中野容疑者は容疑を一部、否認しています。その後の捜査関係者への取材で、中野容疑者には支払い期限が迫った多額の借金がありましたが、事件後、返済していたことが分かりました。現場にある金庫は扉が開き、空になっていました。中野容疑者は「不倫していた」「金に困っていた」と話していて、警察は現金を奪って返済に充てた可能性があるとみて慎重に調べています。

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

不倫の責任

不倫の責任

不倫は民法第770条の離婚事由に相当し、家庭崩壊の場合は配偶者に訴訟を起こされることがあり、慰謝料などの民事責任に問われることになる。

実子がいる場合は、年齢に関係なく心を激しく傷付けトラウマを植えつけてしまいかねない。子供が心身を激しく傷つけられた場合には不倫をした本人の配偶者からだけでなく、子からも訴訟を起こされることがある。

大阪府警の男性警察官が、勤務中に公用車を使って不倫相手の女性警察官と会っていたことがわかった。

大阪府警によると、福島警察署の地域課長で48歳の男性警部は、先月、当直勤務中に捜査車両を使って、交際していた部下で33歳の女性巡査長と会っていた。当日、男性警部は、当直責任者だったが、約2時間、警察署を離れていたという。

男性警部と女性巡査長はともに既婚者で、今年4月頃から不倫関係にあったとみられている。

大阪府警は、男性警部が公用車を私的に利用し、勤務中に警察署を離れていたことなどが地方公務員法の非違行為などにあたると判断し、2人を近く処分する方針。

本当の不倫の結末はこれからである。

不倫調査に関してのお問合せをよく頂きます。旦那様の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、不倫のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。専門のスタッフが、あらゆるトラブルにご対応致します。
らゆるトラブルにご対応致します。

不倫サイトトラブル

不倫サイトトラブル

カナダの不倫サイトもサクラだらけだったのか。色もの商売はもうかるというけど中身を開ければこんなものかという感じです。

この件では、自殺者が2名出ているという事ですが。今現在セクストーション、美人局などのトラブルは誰も相談できないという事がおわかりでしょう。

当社はこのようなトラブルを誰にも知られず解決することもできます。

セクストーション、美人局出お困りの方は当社に相談してください。あなたの力になります。
カナダに拠点を置く不倫サイト「Ashley Madison」がハッキング被害に遭ったことに関連し、流出した情報からさまざまな分析が行われている。米ブログメディアのGIZMODOによると、同サイトのデータベースに登録されている女性会員のほとんどは“偽物”で「実際にサイトを使った形跡がなかった」という。
ハッカー集団が公開した公式情報によれば、同サイトには約3100万人の男性会員と約500万人の女性会員がいるとされていた。しかしデータを詳しく分析した結果、女性アカウントの多くは運営会社内で作られたとみられるテストアカウントで、実際にサイト上でメッセージ確認やチャットを行った女性ユーザーはわずか数千人しかいなかったという(男性は数百~数千万人が使っていたという)。

Ashley Madisonは、数千万人の男性たちが実在しない女性のためにメールを書き、チャットをし、金を費やすだけの場所にすぎなかったGIZMODOは伝えている。

枕営業判決

枕営業、判決波紋

枕営業とは、業務上で付き合いのある人間同士が性的な関係を築くことによって物事を有利に進めようとする営業方法のことである。

文化によっては正当な等価交換と見られ、必ずしも不道徳・不正でない。性的な関係に至らなくても、同じ業務をするなら好意を抱く人間を選ぼうとするのは心理現象(脳の影響)であり、好意の結果の業務便宜なのか業務の派生としての好意なのか区別がつきにくいため、また、本当の恋愛関係に発展する事もあるため、強要・淫行・売春等犯罪行為が伴わない限りは規制は不可能に近い。

東京・銀座のママと客の関係は、「不倫」ではなく「枕営業」である。東京地裁が出したこんな判決が波紋を呼んでいる。クラブで結ばれた男と女、それは不倫なのか、営業なのか? 線引きできるものなのか?

銀座のクラブママが夫に「枕営業」 妻の賠償請求を棄却

ママと男性客の社長が約7年間、繰り返し肉体関係をもったとして、男性の妻が「精神的苦痛を受けた」とママに慰謝料400万円を求めた裁判。始関正光裁判官が昨年4月に出した判決はこうだ。

対価を得て大人の関係を持つのと同様に、ママは商売として応じたに過ぎない。だから、結婚生活の平和は害しておらず、妻が不快に感じても不法行為にならない。枕営業をする者が少なからずいることは「公知の事実」で、客が払う飲食代には枕営業の対価が間接的に含まれる。

今後この判決により、どのような影響が出てくるかは、見守りたい。

不倫トラブル

不倫トラブル


36年前の不倫

暴行のきっかけは、36年前の夫の不倫だった。東京で昨年7月、介護していた夫(を殴って死なせたとして、傷害致死の罪に問われた妻の裁判員裁判の判決が、東京地裁であった。裁判長は「夫の不倫を思い出して不満がこみあげ、暴力に及んだ」と認める一方、「反省している」として、懲役3年執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。

判決によると、被告は夫の介護を続けていた昨年7月24日、東京都の自宅で、夫の頭や顔を数回殴り、8月2日に急性硬膜下血腫で死亡させた。

公判で、犯行に至る経緯が明らかになった。被告は約50年前に大手銀行員の夫と結婚。夫の退職後も生活に不自由することはなかった。ところが昨年2月、胃がんなどの手術をした夫は介護が必要な状態に。法廷で被告は「あまりに急な介護で心の準備が追いつかなかった」と証言。

1979年、夫は45歳、被告は36歳だった。夫はゴルフだと言って、よく泊まりがけで出かけた。ある日、夫の名刺入れから女性の写真を見つけた。夫の職場前で待つと、20歳ぐらいの女性と一緒に出てきた。夫は不倫を認め、謝罪した。

被告は20歳で夫と結婚。夫以外の男性と交際したことはないという。不倫発覚後も、子どもに夫婦げんかを見せまいと、夫を責め立てることはしなかった。自分のプライドもあった。胸にしまったはずだった。

一昨年から、夫婦の思い出話をする中で、ふと、この不倫が話題にのぼった。夫は時効と思ったのか、女性を次第に好きになり、旅行に行ったことなどを打ち明けた。「妻としては、一番聞きたくないことでした」と被告。そこに介護の不安が重なり、犯行に及んだと説明した。

保釈後にカウンセリングを受けた被告は、こうつづった。「もっと夫に頼って、甘えれば良かった」「お互いに本心をぶつけ合う機会だったのに、逃してしまった」

裁判長は判決の最後に、「被害者との約50年間の思い出は楽しいこともあったはず。感謝の気持ちを忘れず、弔ってください」と諭した。被告は涙ぐんでうなずいた。

不倫が起こした悲劇、この中ででも触れていたことで「不倫と向き合う」このことが、このことが不倫を乗り越える最も重要なことです。

子供の認知

子供の認知 元不倫相手

不倫関係の男女に子供ができた場合、子供は「非嫡出子」となる。 婚姻関係にある父母の間に生れた子を「嫡出子」といい、そうでない子(=婚外子)のことを非嫡出子という。
子供の母親と法律上の婚姻関係にない男性が、子供との間に法律上の父子関係を発生させるためには、 子供を「認知」する必要がある(民法第779条)。 法律上の父子関係が発生すると、扶養の義務や相続権など重要な法律上の関係が発生するので、子供にとって認知は大切な手続だ。

認知の方法と効果

認知によって、男性と認知された子供との間に法律上の父子関係が生じるが、 その効果は子供の出生のときまでさかのぼる(民法第784条)よって認知後は、 母親から認知した父親に対して養育費の請求が可能となり、出生時にさかのぼって過去の養育費も請求できる。
男性が子供を認知すると、男性の戸籍にはその旨が記載される。 このため、家族に認知をした事実が露見する可能性が高く、それを恐れて認知を躊躇することも多い。
非嫡出子の親権者は母親であり、認知されても自動的に父親が親権者となることはない。 しかし、父母が話合いにより取り決めをした場合、または家庭裁判所に対する請求によって親権者変更を行った場合は、 認知した父親が親権者になることができる(民法第819条第4項、5項、家事審判法第9条第1項乙類第7号)。
認知することについて期間制限はなく、子供が胎児の状態、出生後、成年後でもかまわない。 ただし、胎児のときに認知するためには母親の承諾が必要であり、成年後に認知するためには本人(子供)の承諾が必要となる。
高齢になって生活に困った父親が、ほったらかしにしていた子供をいきなり認知すると、 そのとたんに親子間の扶養義務(民法第877条)が発生するので、生活費や病院の費用を子供にたかることが法律上可能になる。 このようなことを防ぐためである。
認知しようとしていた子供が死亡した後は、子供に直系卑属(孫やひ孫など)があるときに限り認知できる(民法第783条第2項)。 したがって、子供が死亡した後でも、認知によって孫やひ孫に自分の財産を相続させることができる。
兵庫県姫路市議会の酒上太造(さかうえ・たいぞう)議員(47)=無所属=の知人女性が酒上議員から暴行を受けたと訴え、議員辞職を求める騒動があり、酒上議員は16日、緊急記者会見を開いて「女性に不意にたたかれ、反射的に右手で相手の肩をついた」と釈明した。また「(支援者らから)『辞めないでくれ』という声も聞いている。私の不徳のいたすところでありますが、今後も議員として頑張りたい」と議員辞職を否定した。

酒上議員はこの日の会見で、妻子がある立場ながらこの女性と4年前から約3年間交際し、昨年に女性が出産した子供を認知していたことを認めた。

酒上議員の説明によると、今年4月、市内で知人女性やスナックのママと会った際、知人女性がスナックのママと酒上議員の交際を疑い、女性同士が口論になった。酒上議員は「(知人女性が)不意に私の左ほほをたたき、私は『何をするんや』と、彼女の肩をたたいたと記憶している」と釈明した。

酒上議員らによると、知人女性は酒上議員から暴行を受けて軽傷を負ったとして、5月15日に兵庫県警に傷害罪で被害届を提出した。さらに同月28日には酒上氏の議員辞職を求める陳情書を市議会に提出した。

酒上議員は今月15日、議会運営委員会副委員長を辞任し、当時所属していた会派「新生ひめじ」から離脱した。「このたびのことが報じられるようになり、いろんな形で迷惑をかけるといけない。議会を混乱させたという責任もあり、辞任した」と説明している。

不倫

不倫

正しい考え、道徳的では無いこと。不倫理。

現代日本で、不倫と言えば男女間での良くない行為に対して使われやすい。 特に既に結婚しているのに他の人間にうつつを抜かす事がそう呼ばれる傾向にある。本来は、道徳から外れること全般に使われていた単語らしい。 不倫 男女間の浮気問題 男女間での不倫とは配偶者のある男や女が、配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことがそう呼ばれやすい。また、配偶者のいない男や女が、配偶者がいる異性と恋愛し、性交を行う場合も指したりする。 一部では、性交してない場合は不倫とはいえないとの考えもある。それ以外の場合は単に「浮気」というのかもしれないが、実際には不倫と浮気の両語は分別されて用いられてはいない (つーかセックスしなけりゃわるくないってもんじゃないだろ!) 。ただメディアが「不倫」と報じた場合、性行為に及ぶ関係であるとメディアは主張していると考えて良い  。   恋愛には色々な形があり、既婚者であるにも関らずの他の異性を好きになってしまう事もないわけではない。問題なのは、行動に移すか移さないかである。公になれば明らかに社会的な非難は避けられない。それは恋愛中の二人のみならず、相手にも確実に被害が及ぶ。さらにその相手が既婚者で子供がいる場合、確実に揉め事の種である。というか子供が一番かわいそうである。

不倫の悩み解決

不倫の悩み解決

不倫でお悩みの方は、アンバサダー調査事務へご相談ください。
現在不倫中の方、誰にもばれてはいけないと隠していることでしょう。
不倫していることがバレては社会的な地位や名誉が失われる可能性があります。
純愛と感じていても、不倫は不倫。
相手のご家族から見れば、迷惑なことでしかないのです。

 

不倫の誰にも言えない悩み

不倫相手にこういった事を言われていませんか。
「本当は一番愛している。」
「離婚して、君と結婚したい。」
「夫婦関係が冷め切っている。」
「子供がいなければ・・・」
愛情を感じてはいるものの、不倫を続けることで辛い思いをするのはあなたです。
不倫相手の言うことを信じられない、疑問を感じていませんか。

不倫関係を継続させるメリットとデメリット、
相手の言うことを鵜呑みにしてはいけません。
不安や疑問があるからこそ、悩んでいるのではありませんか。

アンバサダー調査事務へご相談ください。

 

不倫と妊娠 不倫相談室
先の見えない不倫関係であるのに、妊娠してしまった女性からのご相談も寄せられます。
また、不倫相手から妊娠したと告げられてどうすれば良いのかという男性からのご相談も増えています。

 

 

岡山の探偵 興信所 不倫調査はアンバサダー調査事務へ

不倫路チュー

不倫路チュー

不倫は不法行為

夫婦の一方が、異性の愛人と不貞行為(浮気・不倫)をした場合に不貞行為の相手に慰謝料を請求することが出来る場合があります。
損害を被った配偶者は、貞操義務に違反した配偶者と異性の愛人に対して、貞操権侵害による精神的苦痛に対する慰謝料として、
損害賠償を請求することができることがあるのです。

その際、不貞行為が異性の愛人の誘惑によるものか、自然の愛情によって起こった事かは関係ありません。純愛を装っても、不倫は不倫です。
不貞行為そのものに違法性があるとして慰謝料の請求を認めているのです。

これら民法の規定を根拠に、共同で不法行為をした配偶者と異性の愛人に対し、精神的苦痛を受けた配偶者は、慰謝料として損害賠償の請求をすることができます。
農水政務官問題

この様な問題は、政治家の間では国民はすぐ忘れると言われています。

農林水産省の中川郁子(ゆうこ)政務官(56)が12日午後の衆院予算委員会で、週刊誌の“不倫路チュー報道”をめぐり、野党から厳しい追及を受けた。

妻子ある自民党の門(かど)博文議員(49)と路上でキスをする写真が報じられたことについて、民主党の大西健介議員が(43)が質問に立った。「酒を飲み、酔った勢いで門議員とセック…」と言いかけた後で「“不適切な行為”に及ぶとは、政務官として適性を欠くのでは?」と指摘。「無理をせず、早く自ら身を引いて地元に戻り、説明と謝罪をしに回る方がよいのでは」と辞任を求めた。

中川氏は暗い表情でうつむき、体をすくめるように着席。議長に促されて起立した後は、マイクの前に立って深々と一礼した。「酒席の後とはいえ軽率な行動で、深く反省しています」とあらためて謝罪。終始伏し目がちで、答弁中も視線を上げることはなく、今にも泣きだしそうな声で「大臣を支え、政務官の職務に全力で取り組むことが私の責務」と続投の意思を示した。

直前まで、タレント山本モナ(39)との“不倫路チュー”が06年に報じられた民主党の細野豪志政調会長(43)が質問に立っていた。“不倫路チュー”では“元祖”ともいえるが、「そうだ!そうだ!」とあおる同党議員の援護射撃もあり、大西氏の追及の手が緩むことはなかった。中川氏の夫で09年に急死した中川昭一元財務相の名前を挙げ、安倍晋三首相(60)に「首相の盟友だった中川さんは草葉の陰でどう思ってるでしょうね」と皮肉った。

これに先立ち午前の予算委で林芳正農相は「国民に不快な思いをさせ残念。公人として自らを律し、職務に専念してほしい」と続投させる考えを強調。安倍首相も官邸で自民党の谷垣禎一幹事長と会談した際に、中川氏について「しっかりやってもらわないといけない」と苦言を呈していた。

不倫は不法行為

不倫は不法行為

 

不倫旅行報道

夫婦の一方が、異性の愛人と不貞行為(浮気・不倫)をした場合に不貞行為の相手に慰謝料を請求することが出来る場合があります。
損害を被った配偶者は、貞操義務に違反した配偶者と異性の愛人に対して、貞操権侵害による精神的苦痛に対する慰謝料として、
損害賠償を請求することができることがあるのです。

その際、不貞行為が異性の愛人の誘惑によるものか、自然の愛情によって起こった事かは関係ありません。純愛を装っても、不倫は不倫です。
不貞行為そのものに違法性があるとして慰謝料の請求を認めているのです。

これら民法の規定を根拠に、共同で不法行為をした配偶者と異性の愛人に対し、精神的苦痛を受けた配偶者は、慰謝料として損害賠償の請求をすることができます。
この問題は、国会は病欠し旅行に行っていただけで十分処分の対象です。こんなのが議員をしていること自体問題です。
国会を病欠し、その前後の対応が問題視され、維新の党と傘下の政治団体・大阪維新の会から除名処分を受けた上西小百合衆院議員(31、比例近畿ブロック)が5日、報道各社に文書を送付し、“恨み節”をにじませながらあらためて議員辞職しないことを宣言した。

 

除名処分から一夜明けた5日も、4日に引き続き大阪府吹田市のビル2階にある上西議員の事務所にはテレビ局が取材に訪れるなどしたがシャッターは閉まったまま。電話の呼び出し音が時折鳴るだけだったが、文書送付で“抗戦”の意思を示した。

文書は400字詰め原稿用紙にして4枚余り、約1700字にも上る内容。その中には「処分の大きな理由に挙げられている事例につきましては若干事実が伝わっておりません」と、報道を基にして処分した大阪維新、党などへの“恨み節”とも取れる表現も。冒頭で「衷心(心の底)よりお詫(わ)び申し上げます」としながら「まだまだ国政で微力を尽くしたいので」と議員辞職はせず、無所属で議員活動を続ける決意もにじませた。

3日夜に大阪市内で橋下市長と一緒に行った会見で“疑惑”の詳細について自ら語ったが、文書でもあらためて細かい経緯などを説明した。衆院本会議を病欠した先月13日の「週の初めから嘔吐(おうと)、下痢、高熱、悪寒等が続き、本当に苦しんでおり」、前日の12日に診断書を発行してもらったものの「(12日の)夕刻にはだいぶ回復した」と主張。その夜、ショーパブなど3軒をはしごし「翌朝(13日)、体調が急変し、嘔吐下痢症が続き、とても本会議に耐えられる状況ではなくなった」と本会議は欠席し、大阪に移動したとした。

問題となった会食は医師でもある自民党議員と行い、これは「医者と患者」として会食したと主張。続くショーパブなどへはその代議士から「上西さんと親しいと言ったら、店の経営者が会いたいと希望しているのでついてきてほしい」と懇願されたからと弁明した。

また、週刊誌などが報じた14、15日の旅行に関しては「14日は静養した」とあらためて否定。15日に男性秘書と京都府北部へ行ったことは認めたが一部で“不倫旅行”とされた件については「当該秘書は独身なので、いかに今回の報道が不誠実かつ不正確か」と最後まで抵抗した。

議員の風紀

議員の風紀

「みんな大人だから、片っ端から私が監督や教育をする義務はない」当たり前のことです。
中川郁子(ゆうこ)農水政務官と門(かど)博文衆院議員の不倫報道を受け、6日の記者会見でこう語ったのは2人が所属する二階派のボス・二階俊博総務会長だ。

2人が「路上キス写真」を撮られたのは、中川氏の上司で、二階派の重鎮でもある西川公也氏が政治資金問題で農水相を辞任した日の夜だった。

「門氏は、二階氏の子飼い中の子飼いとして知られています。和歌山3区が地元の二階氏が、1区に擁立したのが門氏でした。二階氏は、ここ2回の衆院選では、ほとんど1区に詰めて陣頭指揮をとったが、門氏は民主党の岸本周平氏に2回連続で敗れた。党の新ルールでは次期総選挙で公認をもらえない可能性もある。後見人の二階氏が門氏をかばいきれるのか、見ものです」(政治部記者)

ただ、今回の不倫を招いた原因の一つが二階派の“風紀”との指摘もある。

「親分はコワモテですが、二階派は、若手議員から『雰囲気がいい。楽しい』と人気派閥なんです。当選3回以下の若手が大半を占め、合宿や飲み会が多い。若さと一体感があり、他派閥が獲得に二の足を踏む“訳あり”も積極的に受け入れてくれる“懐の広さ”もある」(自民党関係者)

そのせいか、中川氏と門氏以外にもカップルが生まれている。

「元ミス日本関東代表の金子恵美衆院議員と、宮崎謙介衆院議員の交際は、政界ではよく知られていますが、2人とも二階派です。ただ、昨年当選した加藤鮎子衆院議員が宮崎氏の元妻という、ややこしい三角関係もあるのですが」(同前)

先月の講演では「虎やライオンがいなくなった」と人材難を嘆いた二階氏。だが、派閥では党内有数の“肉食系”をズラリと取り揃えている。

ツイッターでの失言が絶えない片山さつき参院議員、『米国非難発言』を菅義偉官房長官から注意を受けた衛藤晟一首相補佐官、「政治資金でキャバクラ支出」が報じられた鶴保庸介参院議員、現役女子アナとの結婚が話題となった小倉将信衆院議員などだ。

議員の不倫 

議員の不倫

議員でも不倫はします。
3月5日号の「週刊新潮」で読んだので書きます。

2009年に急逝した故中川昭一元財務相の未亡人、中川郁子(ゆうこ)衆院議員(56)。夫の跡を受け継ぎ、自らが衆院議員に立候補して12年に初当選、現在、2期目を務め、農水政務官の重責に就く。

かつて、国際会議の記者会見で醜態を晒した夫の帰国の際には、テレビカメラに囲まれた夫に向って、「日本一、頑張れ、大丈夫!」とエールを送る妻だった。だが、夫の死から6年。未亡人の胸の中では、すっかり別の男が「日本一」なようである。

西川公也農水大臣が献金問題を理由に辞任し、安倍内閣に激震が走った2月23日の夜。中川郁子代議士の姿は東京・六本木にあった。

一軒目の会合場所、中華料理店を後にし、一人、六本木通りを歩きはじめた彼女。時計の針は21時になろうとしている。道中、しきりに携帯でやり取りをしているのは、大臣辞任を受けての人事に関する緊迫した連絡なのだろうか。しかし、ほどなくして彼女にとっては、辞任のニュースよりもずっと重要なことだと判明する。

六本木ヒルズ周辺で立ち止り、待つこと5分。どこからともなく、ベージュのコートを着た男が近づいてきた。ニヤけた視線を中川議員に送るのは、自民党の同僚、門(かど)博文衆院議員(49)である。

肩を並べ、寄り添うように、人通りの少ない裏通りへ向かう2人。いつしか、手が繋がれている。目的地は無いのか、のんびりとデートを愉しんでいる雰囲気だ。

不倫の解決

不倫の解決

 絶対にしてはいけないこと、それば現場にクライアントを連れていくことです。これは不倫現場に、当事者が駆け付け起こった事件です。テレビで面白くするために、浮気の現場にクライアントと同行する映像を見ましたが、そんなことをしても、もめるだけです。当事者は感情をコントロールするのは大変なことなのです。

妻の不倫現場に夫、相手刺す 殺人未遂容疑で逮捕 ○○府警


25日午前10時15分ごろ、○○府○○市○○口のラブホテルで、「男が刃物を持って暴れている」と従業員から110番があった。○○府警○○○○署員が駆け付けたところ、出入り口で自営業の男性(○○)が背中を刺され、顔など4カ所を切られていた。男性は病院に運ばれ重傷だが、命に別条はないという。一緒にいた女性(44)も制止しようとして左手甲を切り付けられ軽傷。

 現場から約400メートル離れた路上で、女性の夫の内装工、○○○○容疑者(○○)=○○市○○○○が見つかり、刺したことを認めたため、2人に対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。同署によると、「不倫に腹が立った」と供述している。
○○容疑者は男性の妻(43)から居場所を聞いて一緒にホテルに行き、2人を発見。出入り口で口論になり、突然隠し持っていた刃渡り約17センチの包丁を振り回したという

こんなことをしなければいろいろな対応ができたのですが残念なことです。

「お悩み相談」、「浮気相談」のみの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

浮気のトラブル解決なら

岡山の探偵アンバサダー調査事務所岡山

相談ダイヤル 086-226-1099

ウラ夫婦 ダブル不倫

ウラ夫婦  ダブル不倫

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

『ウラ夫婦』既婚者同士の不倫です。

既婚者を不倫相手に選ぶメリットは?

・同じような境遇なので、飾らなくれも良い。

飾らないような関係は、長続きします。

・子供の話が出来る。

子育ての楽しみや、不安・不満を話す事で仲間意識も強まります。

・同じリスクを背負っている。

着信履歴やメールの履歴をすぐに消す

近くのホテルには行かない。

など、バレない為のルールを作っている事が多いです。
不倫は、以外と身近な相手と始まっているものです。

浮気調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所までご依頼ください。

086-226-1099
~お知らせ~

離婚を優位にすすめたい方は、当社ご依頼ください。

調査資料を有効に利用出来るようにいたします。

離婚を行動に移す前にご依頼ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

離婚調査なら 086-226-1099

~お知らせ~

浮気調査ならアンバサダー調査事務所

パートナーに不審を感じたら、問い詰めたりせず当社に浮気調査を依頼してください。

問い詰めてもしらを切るだけです。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。

浮気調査のご依頼は、岡山 アンバサダー調査事務所まで

浮気調査依頼ダイヤル 086-226-1099

浮気殺人事件

浮気殺人事件  浮気・不倫のトラブル解決

浮気事件

香川県の駐車場で、乗用車が焼けて車内から、会社員(39)の焼死体が見つかる事件があり、県警は、妻の(27)と交際相 手で専門学校生容疑者(21)(同市)を殺人容疑で逮捕した。

2人は「約1年前から不倫していたが、夫にばれたため殺し、焼身自殺に見せかけた」など と容疑を認めているとのこと。

県警の発表によると、両容疑者は共謀、さぬき市小田の大串半島の 展望台駐車場で、バットで城さんの頭を殴打し、車の後部座席に押し込み、灯油を浴びせて火を付け、殺害した疑い。妻は、夫を同展望台に連れ出した車内で睡眠薬を飲ませて眠らせ、専門学校生とは展望台で合流し犯行に及んだという。

あきれた事件だが、浮気をした側が夫を殺してしまうなんて、何とも言い難いが、被害者はさぞ無念だったと思う 。

当社に相談いただいていれば、もっと違う形になったと思う事件だった。

浮気や不倫のトラブルはこじれてしまうと殺人事件に発展するケースもある。正しい対応を正しい考えで行わないと取り返しのつかないことになってしまう。

この様に殺人事件に発展する前には、必ず感情の固執が見られ状況を当事者で変えることができなくなってしまってます。

男女トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

不倫のリスク 岡山 倉敷 津山

 不倫のリスク

岡山 倉敷 津山

不倫のリスクとして、訴訟詐欺が挙げられます。不倫自体ほめられたものではありませんので、そこにつけ入り金銭を要求する手口です。岡山県内でも起きている事案です。

訴訟詐欺の手口 岡山・倉敷

「不倫をばらすぞ」と、ラブホテルの駐車場で撮影したビデオテープ、DVDと一緒に現金を要求する脅迫状が送りつけられるなどの事件を訴訟詐欺という。不倫などやましいことをしている相手に対して行う詐欺で、不倫相手の夫、妻を装おうタイプと、そのことを周囲や会社などにばらすとかなどである。

ラブホテルの平日昼間は、不倫カップルであふてています。

車利用での不倫カップルの中には、運転席は男性、後部座席は女性が乗りラブホテルに乗り込むのを調査中によく見かけます。誰にも見られたくないためそのような行動をしているのです。

詐欺師が狙うのはそのようなカップルを狙い、尾行しあらゆる情報を入手不倫カップルを恐喝や詐欺を働くのです。詐欺師は、家族情報、職場などあらゆる情報を入手しあなたの金銭を巻き上げていきます。
この様なことで、詐欺、脅迫や、恐喝を受けている方はご相談ください。あなたの力になります。

詐欺トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ詐欺かもしれないと少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

対応可能かどうかのお問い合わせに費用は頂いておりません。

詐欺被害解決なら

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

不倫の問題解決

不倫の問題解決

岡山 倉敷 津山

そもそも不倫とは何か 

不倫はそもそも法律用語ではありません。

不倫という言葉が使われ始めたのは、1980年代になって使われ始めたようで、不貞行為をしている当事者、それに加担する関係者の行為を指す言葉です。独身、既婚を問わず、夫婦としての権利を侵害されたあるいは侵害した外部の人間との行為としてとらえ、そのことを不倫と言っているのです。

性交渉が前提、要は肉体関係があるかどうか

民法770条には法的離婚原因として不貞行為という記述があり、不貞行為とは、夫婦の貞操義務に反する行為、つまり配偶者以外との性交渉を持つ行為ということです。不貞行為は民法上の不法行為として、配偶者には 精神的苦痛に対する慰謝料請求をする権利があります。  夫婦には貞操義務があると書かれている条文はありませんが、言うまでもなく多数の判例により、夫婦は互いに貞操を守る義務があり、相手に貞操を要求する権利がある、と解されます。

不倫トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。浮気や不倫の「お悩み相談」のみをお望みの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。

信頼すべきパートナーの不倫は、精神的なダメージ受けやすく深刻な問題に発展することが多くあります。パートナーの不倫で悩んでいる方は、私どもにご相談ください。きっとあなたの力になります。

不倫の問題解決 岡山の探偵社

不倫の問題解決

相談ダイヤル086-226-1099

不倫 男女トラブル解決 

男女トラブル解決 不倫

 

不倫の男女トラブルは、さまざまなことに発展します。

不倫で子供ができた場合、遺産相続でもめてしまったり、離婚問題に発展したりで厄介なことになります。出来るものなら早期解決を進める案件です。不倫で悩んだり、トラブルを抱えたら当社へ相談ください。貴方の力になります。

 男女トラブル解決

結婚前や交際中の男女間にトラブルは当社では、多い相談の一つです。同棲や交際期間が長くなると、交際相手の浮気などのトラブルは頻繁に起こるものです。

浮気という物は、交際をしていれば自然と相手がわかってしまう行動です。浮気をパートナーに隠し通すことはとても難しいのです。

パートナーの浮気や離婚についての悩みを相談する相手は慎重に選定すべきで、相談相手のミスで情報が筒抜けになってしまうこともあります。

浮気トラブルはプライベートな問題だからこそ、深刻な事柄を一人で悩みを抱え問題を大きくさせている傾向があります。

当社では、まずは相談に来てもらい、それぞれの問題、トラブルを解決をしていきます。トラブル、悩みを抱えていている時間が長期になればなるほど、問題がこじれていたり、トラブルが大きくなったりして解決が困難となります。

パートナーの浮気を解決なしでは、その先の幸せはありえないことです。パートナに不信感を抱いた時には当社に不倫調査を依頼ください。パートナーに不信感を抱いたままだと関係もぎくしゃくし良い関係を築くことはできません。浮気や不倫の「お悩み相談」のみをお望みの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。

 

岡山で不倫調査を依頼するなら

岡山の探偵 探偵アンバサダー調査事務所岡山

相談ダイヤル 0860226-1099

不倫の問題解決・相談 不倫トラブル解決・相談

不倫の問題解決・相談 不倫トラブル解決・相談

そもそも不倫とは何か

不倫はそもそも法律用語ではありません。

不倫という言葉が使われ始めたのは、1980年代になって使われ始め

たようで、不貞行為をしている当事者、それに加担する関係者の行為を

指す言葉です。独身、既婚を問わず、夫婦としての権利を侵害されたあ

るいは侵害した外部の人間との行為としてとらえ、そのことを不倫と言っ

ているのです。

 

性交渉が前提、要は肉体関係があるかどうか

 

民法770条には法的離婚原因として不貞行為という記述があり、不

貞行為とは、夫婦の貞操義務に反する行為、つまり配偶者以外との性

交渉を持つ行為ということです。

不貞行為は民法上の不法行為として、配偶者には 精神的苦痛に対

する慰謝料請求をする権利があります。

夫婦には貞操義務があると書かれている条文はありませんが、言うま

でもなく多数の判例により、夫婦は互いに貞操を守る義務があり、相手

に貞操を要求する権利がある、と解されます。

 

パートナーの不倫で悩んでいる方は、私どもにご相談ください。きっとあなたの力になります。

浮気調査に関してのお問合せをよく頂きます。夫の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、浮気のサインでもあるのです。少しでも夫、妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。専門のスタッフが、あらゆる不倫のトラブルにご対応致します。

 

不倫の問題解決 岡山の探偵社

不倫の問題解決相談 岡山 探偵アンバサダー調査事務所

ダイヤル086-226-1099

 

トラブル 相談 夫婦トラブル  

社内不倫調査 岡山 倉敷 津山

社内不倫の結末

手を握ったら「気持ち悪い」 社内不倫の結末

49歳シングルマザーと12歳年下男性の悲劇

〇〇・〇〇のラブホテルで8月、会社同僚の男性(37)を刺殺したとして、1人の女が〇〇庁に殺人容疑で逮捕された。〇〇都〇〇区〇〇、会社員、〇〇〇〇容疑者(49)は、2児を育てるシングルマザーだったが、妻子のある、一回り年下の男性と恋に落ち、不倫関係になっていた。別れ話を切り出す男性に、我を失った1人の女性。捜査関係者への取材などから、事件の真相を探ることにした。

「人を殺した」血に染まったラブホテル室内

〇〇日午前10時半ごろ、女の声で110番通報があった。

「人を殺してしまいました」

声の主は泣きながら、自分のいる場所などを説明した。現場はJR〇〇駅〇〇のラブホテル街にある4階建ての古いホテル。〇〇庁〇〇署員が4階の一室に駆けつけると、ベッド横の床に血まみれの男性が仰向けの状態で倒れていた。すでに息はなく、柄の部分まで血に染まったナイフが転がっていた。

室内にいた〇〇容疑者が「私が刺しました」と認めたため、〇〇署員は殺人容疑で緊急逮捕した。逮捕容疑は、同日午前1時ごろ、男性の左脇腹をナイフで刺し、殺害したとしている。〇〇容疑者は、約9時間にわたって、男性の遺体と一緒にいたのだった。

「別れたくなかった。別れ話になったら一緒に死のうと思ってナイフを持っていった。一緒に死のうとすれば振り向いてくれるだろうと思って説得したけど、うまくいかなかった」

この様にこの事件は、相手男性に固執してしまった結果が殺人ということになってしまった。これがお金に対してのトラブルで殺人となれば、お金に固執した結果のトラブルです。

固執がトラブルの原因なら当事者間での解決は考えないのが得策と言えます。

付き合い始めは、毎日楽しくて仕方がない、というのは皆様も経験があると思います。しかし時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。そんなあなたのお役に私たちは立てますので一度ご相談下さい。

 

社内不倫調査の調査依頼なら

岡山の探偵アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山県 岡山市 倉敷市 津山市

トラブル 解決  不倫トラブル 電磁波調査 大阪  盗聴調査 大阪