交際相手とのトラブル

交際相手とのトラブル

交際相手と口論、車降り高速道路で事故
新名神高速道路で、道路上を歩いていて大型トラックにはねられ、死亡した女性は、22歳と分かったようである。交際相手の男性は、乗用車内で口論になり、女性が車を路側帯に止めるよう求め、自ら車を降りたという証言をしているようである。

男女間の交際では、しばしばパートナーと喧嘩や口論になってしまう。感情むき出しの喧嘩をしている最中は冷静な判断が出来なくなってしまうことがよくあります。そこ様な経験は誰でもあることです。

しかし冷静な判断ができないときの行動や言動は失敗することが多く、考えて高度をとっていないため、取り返しがつかないことをやったり,言ったりするものです。

感情抜きで冷静に判断する方法の一つに事実、現実を見つめなおすことで冷静に、事実のみを見つめることができます。

浮気を疑ったときにも、感情的になってもよいことはなくまずおつつくことが重要です。その上で事実のみを精査すればどうしたらよいか見えてくるのです。

妄想で怒っていたのでは、だれも相手にしてくれないのです。そんな時には私たちに浮気調査依頼をすることをお勧めします。

浮気の事実、浮気の状況を十分に分析できる資料をもって浮気の問題を解決すれば大きな間違いを起こさなくて済むのです。

 

交際相手とのトラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みをアンバサダー調査事務所がが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

男女トラブル殺人事件

男女トラブル殺人事件

男女 トラブル 元 交際女性殺害容疑
「機会あれば殺そうと」 元交際女性殺害容疑で自首の男逮捕
○○都○○○○市○○のマンションで、30代の女性が腹などを刺されて死亡した事件で、○○庁○○署は10日、殺人容疑で、「人を刺した」と自首していた○○市○○町、無職、○○○○容疑者(○○)を逮捕した。

殺害されたのは元交際相手で住人の○○○○さん(○○)。同署によると、○○容疑者は「○○さんに嘘をつかれ、散々な目にあっていた。昨年から機会があれば殺そうと思っていた」と容疑を認めている。

○○さんが殺害される前の10日午前7時50分ごろには、○○容疑者の同居女性から「(○○容疑者が)元交際相手の自宅に向かったようだ」と110番通報があったが、連絡を受けた青梅署が、○○さん宅を管轄する○○署に内容を伝えたのは同9時35分ごろだった。警視庁は両署の対応に問題がなかったか調べる。

逮捕容疑は10日午前8時50分ごろ、○○さん宅で、○○さんの腹や首などを刃渡り約20センチの包丁で切りつけ、殺害したとしている。
○○さんは昨年10月上旬から約2週間、現場マンションで○○容疑者と同居。別居後に家賃の支払いなどをめぐってトラブルとなり、○○さんが同26日~今年2月5日に○○署、○○容疑者が昨年11月23日~12月9日に○○署にそれぞれ3回ずつ相談していた。
男女トラブルでまたも殺人事件に発展するまで至った。

男女トラブルでお悩みの方は、当社にご相談ください。あなたの力になります。

「お悩み相談」、「浮気相談」のみの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

交際女性から訴えられた市議

交際女性から訴えられた市議

妻子あるのに「婚活」イケメン市議

○○府○○市の42歳の市議が妻子がいるにもかかわらず、離婚者のための婚活サイトに登録し交際相手を探していたことが分かり、○○市議会で責任を追及されるなど大きなスキャンダルとなっている。市議がサイトを通じて知り合った30代の女性とトラブルになり、裁判沙汰になっていることも新たに判明。「女性のプライバシーもあり説明は控える」「サイトの趣旨を理解できなかった」などと意味をなさない“釈明”を繰り返す○○市議に対し、「倫理的に大いに問題がある」と○○市議会は辞職勧告も辞さない構え。騒動は加熱する一方だ。
この○○市議は、自民党の○○(○○)○○氏。なかなかのいわゆるイケメンで、同党公認で初当選した平成23年4月の統一地方選では、3400票余りの得票でトップ当選を果たしている。
そんないっけん前途洋々の人生に突如、醜聞が降りかかった。妻子がいるにもかかわらず離婚

者のための婚活サイトに登録し、交際相手を探していたことが分かったのだ。金ケ崎市議は離婚危機にあるとしているが、「別居中や離婚が決まっていても、法律上婚姻状態にある場合は一切利用できない」とした同サイトの方針に反していた。
しかも、このことを報じた地元紙や議会関係者によると、○○市議はそのサイトを通じて知り合った30代女性と不倫関係を結んでいたという。同紙は女性と市議の双方を取材し、女性が「市議の子を妊娠している」と訴えていることや、市議が「心当たりはまったくない」と話したことなども報じた。
議会関係者の間には「3月には○○市議が作成し、女性がサインした示談書まで出回っていた」(○○議員)といった話も流れ、この問題が発覚した5月末以降、○○市議会は紛糾。同市議が所属する自民党市議団は、市議に対し会派離脱と、市民環境常任委員会副委員長の辞任を求めた。
進退については市議本人に判断を委ねたが、他会派からは「副委員長の辞任などは、議員報酬をもらいながら(副委員長の)仕事をしないで済むだけ。楽するだけだ」と、議員辞職を迫る声も出ている。
その後、各派幹事会で会派離脱は認められたものの、副委員長職の辞任は「議会への説明がない」として判断が据え置かれた。
今月7日の市議会全員協議会は、○○市議の釈明と、それに対する糾弾の場となった。今回の問題について、○○市議は「離婚を機に新たな人生を歩む方々のサイトの趣旨を深く理解できず、(サイトを通じて)女性と交流を持つことになった」とした上で、「深く反省しています」「申し訳ございませんでした」と謝罪した。

さらに、交際女性との間でトラブルになり、○○家庭裁判所に調停の申し立てを行ったことを新たに明らかにしたが、「女性のプライバシーも、私の家庭のプライバシーもあり、一切の説明を控えさせていただきます」と詳細は語らなかった。
一方、この婚活サイトに会員登録する場合、「20歳以上で、配偶者・交際者がいない独身の方」との会員資格が目に入るようになっており、他の市議からは「自らのプロフィルを偽って独身として登録したのではないか」との質問も出た。
しかし、○○市議は「手順上、サイトの細かな契約約款などを確認すればよかったが、確認に見落としがあった」「手順を誤ったのではないかと思う。そこを反省している」と、あくまで手続きミスと主張。今後については「一生懸命汗をかいて、活動する決意です」と述べ、議員辞職も否定した。
しかし、こうした弁明に議員の多くは納得できるはずもなく、ある議員は「今日のは説明になっていない。議員辞職勧告で済む話かどうかもわからない。新たに条例を制定し、政治倫理審査会のようなものをつくる必要があるかもしれない」と憤りを見せた。
この問題はテレビの情報番組などの関心も呼んでいる。議会棟には普段目にしない東京のテレビクルーも詰めかけ、休憩時間中の○○市議に対し、「女性は1年間独身と信じていたのでは?」「女性は妊娠4カ月というが」といった質問も飛ばしていた。

私は個人的に思っていることなんですが、政治家はお金に関することをしてはならないと思ってます。今もお金の問題で問題になっている議員がいます。
政治判断という言葉がありますが、利害関係を無視した判断なんて政治家にはできないことです。なぜなら有権者の代弁者と言う政治家の役目があるからです。
私は、全ての判断の基本になる原案をコンピューターで計算し、何のしがらみもない状態でまず判断しやってみてはどうかと思います。
そうすれが政治家は今の人員の7割は減らすことができます。

交際トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。相談相手を間違えてしまうと情報漏れなどの二次被害がありえます。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

男女の金銭トラブル

男女の金銭トラブル

金銭トラブルの相手に2日でメール461通 容疑の男を逮捕
 金銭トラブルとなった女性に2日間でメールを461通送ったとして、〇〇府警〇〇署は3日、〇〇府迷惑行為防止条例違反(つきまとい行為)の疑いで、〇〇市〇〇区〇〇〇〇の会社員の男(43)を逮捕した。〇〇署によると「理由はあるにしろ間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は25年6月19~20日、金銭トラブルになっていた〇〇市〇〇区の無職女性(44)の携帯電話に、返金を催促するメールを461通送ったとしている。

 〇〇署によると2人は、約20年前に女性が働いていた地方のキャバレーで知り合い、7~8年前に男が女性に渡した金の返済をめぐってトラブルとなっていた。男は「女性に3千万円貸した」と供述しているが、女性は1500万円を受け取ったとしながらも「以前、お金を工面したことがあり、そのお返しだと思った」と話しているという。

 男は25年5~6月に携帯電話の再送機能を使うなどして約1500通のメールを送っていたとみられ「金返せ」と約70回繰り返し書かれたものもあったという。女性が同年5月上旬に〇〇署に相談したそうです。

 金を貸して、お金を返せと言われると迷惑だそうです。また借りている金額と、貸している金額が違うのもおかしな話です。

 貸した金貸せと2日で461通送ると逮捕されるようです。

 なら貸した金を返さないのも逮捕してほしいと思うのは私だけでしょうか。なぜなら返さないからそんなにメールを送ったと思うからです。

訳あり男女トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

男女トラブル解決なら

岡山の探偵アンバサダー調査事務所岡山

相談ダイヤル 086-226-1099

ご縁ハンター

ご縁ハンター

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

観月ありささんのドラマ『ご縁ハンター』を見ました。

いろいろ思う事があります。

昔は、頑張らなくても結婚なんて誰でも出来ると思っていましたから(笑)

そんなことは、無いようで・・・

でも、真剣すぎると怖いな~とも思いました。

ここのドラマを見ていると、複雑な気持ちになりますね。

『生理的に無理!』と言うのに、バックを買わせたり、

『恋愛と結婚は別』だと、割り切っていたり。

結婚に夢を求めるような年齢ではありませんが、

モヤモヤした気持ちになりました。

ネットや結婚相談所を利用する事も出会いの一つですが、

結婚詐欺にあう人がいる事も事実です。

お困りの方は、ご相談ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

~お知らせ~

ストーカー被害や盗聴・盗撮の被害に遭われている方、

ご相談ください。

一人暮らしの女性のプライベートが狙われやすく、注意が必要です。

盗聴器発見調査・盗撮機発見調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

当社は、完全秘密主義です。あらかじめご予約をおとりください。

「お悩み相談」、「浮気相談」のみの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

浮気調査なら探偵アンバサダー調査事務所岡山

離婚や慰謝料など大きな問題に発展しないと高をくくっている場合によくあります。
浮気調査・離婚問題の優位な解決のご相談は、

岡山 探偵アンバサダー調査事務所岡山まで。

086-226-1099

不倫 男女トラブル解決 

男女トラブル解決 不倫

 

不倫の男女トラブルは、さまざまなことに発展します。

不倫で子供ができた場合、遺産相続でもめてしまったり、離婚問題に発展したりで厄介なことになります。出来るものなら早期解決を進める案件です。不倫で悩んだり、トラブルを抱えたら当社へ相談ください。貴方の力になります。

 男女トラブル解決

結婚前や交際中の男女間にトラブルは当社では、多い相談の一つです。同棲や交際期間が長くなると、交際相手の浮気などのトラブルは頻繁に起こるものです。

浮気という物は、交際をしていれば自然と相手がわかってしまう行動です。浮気をパートナーに隠し通すことはとても難しいのです。

パートナーの浮気や離婚についての悩みを相談する相手は慎重に選定すべきで、相談相手のミスで情報が筒抜けになってしまうこともあります。

浮気トラブルはプライベートな問題だからこそ、深刻な事柄を一人で悩みを抱え問題を大きくさせている傾向があります。

当社では、まずは相談に来てもらい、それぞれの問題、トラブルを解決をしていきます。トラブル、悩みを抱えていている時間が長期になればなるほど、問題がこじれていたり、トラブルが大きくなったりして解決が困難となります。

パートナーの浮気を解決なしでは、その先の幸せはありえないことです。パートナに不信感を抱いた時には当社に不倫調査を依頼ください。パートナーに不信感を抱いたままだと関係もぎくしゃくし良い関係を築くことはできません。浮気や不倫の「お悩み相談」のみをお望みの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。

 

岡山で不倫調査を依頼するなら

岡山の探偵 探偵アンバサダー調査事務所岡山

相談ダイヤル 0860226-1099