慰謝料が認められない事例

慰謝料が認められない事例

 

婚姻関係破綻後(特に別居後)の不倫関係

判例では、婚姻関係破綻後の不倫は、法的責任がないとされています。ただし、証拠の有無で表向きそうなっただけで、真実とは異なるケースもけっこうあるのではないかと思います。
ちなみに、不倫相手と同棲するために別居して、婚姻関係が破綻したと主張する人がいますが、これは都合のよすぎる解釈です。婚姻関係の破綻の原因が、その不貞行為自体にあるなら、当然、不倫相手に法的責任はあります。

慰謝料の請求方法に違法性がある場合

暴力的な請求、嫌がらせ的行為、また、それまでまったく請求しなかったのに、夫の死後、夫の子の認知請求があったため、相続問題を牽制するために妻が夫の愛人を訴えたようなケースにおいて、信義誠実の原則に反し、権利の濫用(民法第1条の2,3)とされました。

性的関係が、夫の強姦、関係強要、セクハラで始まった場合

妻は、夫の相手の女性を憎むものですが、夫の不法な行為でやむなく性的関係に至った場合は、夫の不貞相手の女性には法的責任はありません。

時効が成立している場合

慰謝料請求の時効は、「損害と加害者」を知ってから3年(または行為のときから20年で請求できなくなります。)ですが、別居してから3年以上たつと、婚姻関係が破たんしてから3年以上たったとみなされ、時効によって慰謝料請求権が消滅する可能性があります。ただし、一方で、離婚した場合において、離婚時から時効の進行をカウントするとした裁判例があります。時効についての詳細はこちら

配偶者からすでに十分な慰謝料を受け取っている場合

不倫は共同不法行為ですので、損害賠償債務は一種の連帯債務となります。(不真正連帯債務)このため配偶者から多額の慰謝料を受け取っている場合は、それですでに慰謝されたと判断される場合があります。慰謝料として300万円を相当としつつ、配偶者から500万円の慰謝料をもらっていることを理由に、すでに十分もらっているとして棄却された事例があります。

モテる男

モテる男

ブログを読んでくださってありがとうございます。
年上の男性がモテているのをご存知ですか?

しかも、バツイチも人気があるんです!

若い同世代の男性に比べると、

頼りになる。

寛容である。

優しい。

怒らない。

など、人生経験の豊富な男性は、

若い男性とは違った魅力を感じるのです。

しかし、年上のいわゆる 『イイ男』 は、

家庭があったり、離婚歴があるのは当然のことでしょう。

すでに、選ばれているはずです。

しかし、人の物を欲しがる女性もいます。

誰か(奥様)が選んだ男

選ばれた男

なのだから、

安心して付き合えるという声もあります。
逆に、40代になっても結婚歴もない男性に魅力を感じるでしょうか・・・?

ちょっと、抵抗があると感じませんか?

真面目で素敵な男性の確率は、かなり少ないと思います。

(オンナ目線では・・・)

誰にも選ばれない男性よりは、

誰もがうらやましがるような男性に魅かれる女性が多いのです。
もちろん、結婚相手にモテそうにない相手を選んで、

幸せに暮らしている女性もいます。

 

浮気調査、不倫調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

リベンジポルノ被害相談

彼氏や、浮気相手などから裸の写真や、性行為の映像で脅される
『リベンジポルノ被害』が増えています。
携帯で簡単に撮影出来る時代です。
ネットにのせるなどと言い、
会うことを強要されたり、金銭を要求される事もあります。
内容が内容なので、誰にも相談出来ず
泣き寝入りをしている人もいるでしょう。
勇気を出してご相談ください。

秘密厳守です。ご安心ください。

浮気・不倫の慰謝料請求

浮気・不倫の慰謝料請求

そもそも慰謝料請求とは何か

故意または過失によって他人の権利または法律上保護された利益を侵害した場合には、賠償をしなければなりません。その侵害において金銭の請求を指すことと考えてよいでしょう。

法的根拠

民法第709条 故意又は過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

もっとも、間違って物を壊した、という場合であれば、価額が明らかなため、金銭での賠償が明快ですが、しかし、目に見えない精神的苦痛などの無形な損害の場合、厳密には、如何なる金銭を以てしても、償うことは不可能です。しかし、何等の賠償をしないで良いという論理が成り立たないことは、誰にでも理解出来ます。
民法第710条 他人の身体、自由もしくは名誉を侵害した場合または他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、第709条の規定により損害賠償の責任を負うものは、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。
慰謝料には、被害者の報復感情を充足するためのものであるとする「制裁説」と、損害の填補であるとする「補填説」がありますが、判例や通説は、補填説にたっています。
損害賠償の方法は、原状回復ではなく、原則として金銭に見積もって賠償することと定められています。
民法第417条 損害賠償は、別段の意思表示がないときは、金銭をもってその額を定める。
民法第722条 第417条の規定は、不法行為による損害賠償について準用する。
被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。
「精神的苦痛」という場合、個々人の価値観によっても異なり、主観的な要素が過分に含まれます。
しかし、個々の主観的な苦痛の大小を測ることは不可能ですし、主観というのは、個々人によっても、その時のおかれた環境や場所・立場などによっても変動するものですから、基準を定めることは出来ません。
慰謝料の請求金額には、決まりや上限というものは存在しないので、仮に、当事者間で合意した場合には、それが5万円であっても、1千万円であっても、原則として、有効に成立することになります。
当事者間で合意に至らない場合には、最終的には、裁判官が、一般的な社会通念上の平均的価値観に従って損害の大小を判断し、額を決定することになります。
慰謝料とは、原則として、不法行為に基づく損害賠償です。
単に「嘘をつかれて多大な精神的苦痛を受けた」などということでは、慰謝料は発生しないことを十分に理解しましょう。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

不倫の示談交渉 不倫の慰謝料請求

不倫の示談交渉慰謝料請求とは

不倫の示談交渉 進め方 岡山 倉敷 津山

示談は和解契約の一種です。民法での和解契約の規定が適用されるため、次の要件を満たす必要があります。
・当事者間に争いが存在すること
・紛争を解決することを合意すること
和解の効力として、特別な例外を除き、当事者が争っていた法律関係が確定し、和解後事情が変わってもその同一の法律関係については争えなくなります。

したがって、いったん示談をすると、後でこちらに有利な事情が判明しても、条件を変更することはできなくなります。よって示談交渉を進めるためには、まず相手のことをよく知ることからはじめましょう。これに尽きます。

つまり、調査が必要になってくるのです。交渉相手が分からず交渉は出来ないのが当たり前です。また私共が出来るのは、示談交渉ではなくあくまでサポートです。よって示談交渉は当事者である貴方が行ってください。

当事者である貴方には、権利があるのです。

また、調査だけでは解らなかったことまで判明することもあり、気持ちの整理もつきやすくなります。

浮気や不倫のお悩み相談をお望みの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。

当社では、浮気相手の示談交渉をしたいという方には、サポートしています。

不倫相手を、何とかしたい方は相談ください。力になります。

浮気調査で分かること

浮気調査で分かること

 

浮気調査で判明すことは、浮気、不倫の有無だけではない。

 

例えば、浮気の交際時期

当社で携わった調査では、実は結婚前からの交際で新婚旅行の当日も浮気相手と連絡を取り合っていた上、子供を妊娠していたなどということもあった.その上、浮気相手の両親にも挨拶をして浮気相手と新居を構えるところだった。もちろん賃貸なのだが、そこのご主人はごく普通のサラリーマンで年収も大したことはない。当社の調査終了時には、奥さんには一切お金を渡さなくなっていた。

当然、懲らしめてやったが想像を絶する修羅場となったが誰も同情するものはいなかった。

 

主人からの浮気調査 子供は3人

奥さんを浮気調査する。浮気相手と当然不貞行為はしていた。しかも、ただの浮気ではない。その夫婦は結婚23年目、中学3年生の娘がその浮気相手の子供であることが判明した。妻の浮気という真実と、14年間実の娘と育てていたが自分と血のつながりがないことをどう受けとめるかに悩んだ。ご主事は私にこう言ってくれた。「知らないことより知ることで妻の浮気のこと、娘のことどちらも前に進むことができました」

真実はウソはつかない。事実をもとに考えることができたということです。

真実を知らな深刻な問題として発展してしまうケースがある。

浮気調査に関してのお問合せをよく頂きます。パートナーの帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化は、浮気のシグナルでもあるのです。少しでも疑問点を抱いたなら一度浮気調査の依頼を検討ください。

 

 

 浮気調査の依頼なら

岡山の探偵

アンバサダー調査事務所

浮気調査依頼ダイヤル 086-226-1099

 

 

浮気の慰謝料請求 不倫の慰謝料請求

不倫の慰謝料請求 浮気の慰謝料請求 

 探偵 岡山・倉敷・津山

自分が受けた肉体的・精神的苦痛に対して、不倫相手に謝罪や慰謝料請求をするのは当然の権利です。 配偶者(夫または妻)だけではなく、不倫相手に罪の意識を認識させる必要があります。 あなたの肉体的・精神的苦痛を不倫相手に理解させるためには行動するしかありません。

不倫相手に対しては、精神的苦痛に対する慰謝料請求だけではなく、きちんとした謝罪も要求するようにしましょう。 不倫相手に慰謝料請求が出来る立場だということを分かっていても、実際に行動するには勇気がいると思います。

慰謝料とは

慰謝料とは、「精神的苦痛に対する損害賠償」、つまり、加害者のせいで受けた精神的苦痛に対して加害者が被害者に支払うべきお金の事です。

例えば
あなたに配偶者」がいたとします。そして、その配偶者に(夫・妻)がいると知りながら不貞行為に及んだ不倫・浮気相手がいる場合、あなたはその不倫・浮気相手のせいで、きっと精神的苦痛を受ける事でしょう。

あなたはこの不倫・浮気相手に対して何か償いをさせたいと感じるはずです。

しかし、ひとたび受けた精神的苦痛を回復させる事はとても困難です。謝ってもらえればまだいいのですが、それもなかなか望めませんし、それに実際、心からの謝罪なのかどうかも良くわかりません。又、ちょっとでもいいから不倫・浮気相手をとっちめてやりたいと思う場合もあるはずです(この感情は表に出さないように心の中にしまっておきましょう)。そこで、この精神的苦痛に対する償いについてはお金を払わせる事で手を打とうじゃないか、というこの「お金」が慰謝料であり、これを請求する事が慰謝料請求なのです。

浮気調査、不倫調査に関してのお問合せをよく頂きます。旦那様の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、浮気のサインでもあるのです。少しでも夫、妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。専門のスタッフが、あらゆるトラブルにご対応致します。

 

不倫の慰謝料請求 浮気の慰謝料請求

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

男女 トラブル  不倫トラブル 盗聴器発見 大阪  思考盗聴 大阪