婚約者の浮気調査 素行調査 結婚前調査の重要性

結婚前調査の重要性

婚約者の浮気調査 素行調査

婚約者が浮気をしているかもしれない

婚約者の素行が気になることがある

結婚の障害がないのに、結婚話が前に進まない

などの婚約者に対して不信を感じたときに行う調査が、結婚前調査で素行調査を行うとよいでしょう。
調査を行うと判明したことがを具体的に上げると次のようなことが挙げられます。
浮気の判明

浮気を疑っている場合、やはり他の異性の存在があったとわかることが多く、妊娠していたケースもありました。
結婚していた

すでに結婚しており、それを隠して付き合っていたもので、そもそも結婚できない相手であり、子供もいたということが判明したこともありました。

借金や浪費

借金や浪費でお金が回らず、隠れてバイトをしていた。ギャンブルにはまっていて多額の借金があり結婚ができる状態でなかった。キャバクラ通いをしていたきケースもあります。ギャンブルにお金をつぎこんで長時間時間をとられ、結婚が前に進まなかったということがありました。
対人トラブル

借金の保証人になっていた、女性に多額の援助をしていたなど、金銭が絡むケースです。また近隣トラブルを起こしていたケースもありました。
結婚詐欺

お金目的で複数の女性と交際していたということもあります。複数に女性から金銭をだまし取っていたケースもあります。また対象者は複数の偽名を使っていたことも判明しました。詐欺師は結婚をしていたケースもあり被害は最小限に抑えることができまた。
不信感をもったまま結婚を考えているあなた、今一度考えなおす勇気も必要です。

結婚前にしっかりと調査を行った方が安心できるでしょう。

離婚

離婚

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

タレント鈴木紗理奈(36)さんが、

レゲエユニット「Infinity16」のTELA―C(テラシー)との

離婚を発表したようです。3日に離婚届を提出。

 

音楽を通して知り合い、5年間の交際を経て08年12月に結婚した。10年2月には長男(3)が誕生している。

 

互いに自己主張が強いためケンカの多い夫婦だったが、離婚を決断した理由は、夫の度重なる浮気に「紗理奈が耐えきれなくなった」。紗理奈は結婚後にバラエティー番組で夫の浮気について赤裸々に話した。

 

結婚前は知らない女性から夫に連絡が入るだけで怒っていたが、

結婚後は「自分は嫁だから」 と自分に言い聞かせていると明かしていた。

その際に「相手を信頼するしかない」とも話していたが、2人の信頼関係はもはや修復不可能な状態。約5年の結婚生活にピリオドを打つことになった。

 

信頼は、事実を見て判断するべきです。

何の根拠も無く信頼・信用することは空想でしかありません。

知らないから、不安になるのです。

真実は一つです。

 

浮気調査 不倫調査は、

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

 

 

 

 

アンバサダー調査事務所では、

 

証拠を活用出来る人材

 

証拠調査士の育成もしています。

 

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

 

クライアント満足度を上げて、

 

収入アップにつながる資格でもあります。

 

お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校

086-226-1099

婚約破棄の慰謝料請求

婚約破棄の慰謝料請求

 岡山 倉敷 津山

 婚約の定義

婚約とは、法的に婚姻(結婚)契約の予約です。婚約が有効に成立すると、当事者は将来に婚姻(結婚)するように努める義務を負います。

もっとも、一方の相手が婚姻(結婚)なかなかしようとはしないからといっても、強制することはできません。


婚約破棄の慰謝料が認められる場合

婚約があること

婚約は、口約束でも有効に成立します。結納が必要なわけではありません。ただ、婚約があったという証明するということを考えると、客観的な証拠があるほうが、証明しやすいとこ言うまでもありません。

一方の当事者が、正当な理由なくして、婚約を破棄した場合

脅すことは、厳密には、恐喝罪です。不倫(不貞行為)の慰謝料請求するのであれば、合法的にすることをお勧めします。示談も合法的対処方法です。

 婚約の証拠

婚約は、上記のように、当事者の口約束でも有効に成立しますが、口約束は言った言わないの水掛け論になりやすいです。よって、婚約があったことを推測させる、客観的な証拠があれば、強いです。
婚約指輪、結納、親族、両親への挨拶

 慰謝料請求に証拠が必要か

証拠がなくても、慰謝料請求はできますが、相手がそれに応じて、不倫の慰謝料を支払ってくれればいいのですがそんなに簡単にいくことばかりありえません。

当然、証拠があるほうが、いろんな面で強いということは当たり前です。

婚約破棄の慰謝料の相場

裁判上は、通常ならば30万円から200万円というのが多いでように思います。
慰謝料は、心の損害ですので、具体的にはケースバイケースということになりますし、相手に悪意がある場合の慰謝料の増額も考えられます。慰謝料はいくらです、とは言いにくいです。

また婚約破棄に伴う慰謝料請求(心の損害)でだけでなく、婚約破毀にともなう実損害も、損害賠償請求できます。。「お悩み相談」、「浮気相談」のみの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。

婚約破棄の慰謝料請求

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山 倉敷 津山