美人局と児童買春

美人局と児童買春

児童買春とは、性的好奇心を満たす目的で金銭を対償を供与して児童と性交渉を持つことである。児童買春にあたる年齢は国によって違いがあり、スイスなどでは 16歳から売春が合法となる。そのため諸外国との比較も困難なケースも存在する。

警視庁少年事件課によると、容疑者の逮捕容疑は昨年4~8月、4回にわたり福岡市内のホテルで、当時中学2年だった女子生徒(14)と性行為をし、ビデオカメラで撮影したとしている。容疑者は毎回2万円を払っていた。

容疑者は、インターネットの出会い系サイトに女子生徒が書き込んだ援助交際の募集をほのめかすような書き込みを見て連絡。調べに対し「十数回くらいはこの生徒とわいせつな行為をした」と容疑を認めているという。

一方でこの女子生徒は昨年10月、出会い系サイトで知り合った大学3年の男性=当時(20)=と東京都新宿区のファミリーレストランで待ち合わせ、その後行ったホテルで「美人局」の手口で30万円をだまし取ったとして、今年1月、同居する交際相手の無職の男=当時(19)=とともに同課に逮捕されていた。

今回の容疑者の事件は、2人の余罪を調べるなかで発覚。容疑者も昨年8月下旬、この女子生徒から「妊娠した」と告げられ現金二十数万円をだまし取られたという。女子生徒はその後、交際相手の男とともに上京、出会い系サイトを使って同様の行為を繰り返していたとみられる。

美人局で5千万円

美人局で5千万円

美人局(つつもたせ)とは、 男女が共謀して行う罠です。 女性をターゲットの男性に近づかせて誘い出します。 ホテルへ行って事に及んだら、男性が出てきて 「嫁に何をするんだ!」などと因縁を付けて金銭などを要求する と言った被害が美人局です。

昔からスナックなどの夜の店などではよく起こっていた被害ですが、今では出会い方が巧妙になり、男性だけが被害に遭う問題ではなくなっています。

「ヤクザが家族をむちゃくちゃに」

恐喝容疑で男女4人逮捕 「美人局」の手口で知人から5千万円を脅し取ったとして、大阪府警捜査4課は21日、恐喝容疑で自称大阪市北区西天満、飲食店経営、容疑者(30)のほか、被害者と関係を持った女ら男女4人を逮捕した。容疑者は黙秘しているという。 逮捕容疑は共謀し平成25年1月、容疑者の知人で司法書士の30代男性に、当時10代だった女を紹介。関係を持たせ後日、「女はヤクザの関係」「ヤクザが家に来て、家族がむちゃくちゃにされるぞ」などと因縁を付け、現金5千万円を脅し取ったとしている。 別事件の捜査過程で事件が発覚、別の強盗致傷罪で起訴されている容疑者の関与が浮上した。

この美人局の被害は、インターネットの普及からSNSや出会い系などで作為的に行わるようになってきました。 「男女の欲」をエサとして、言葉巧みに相手を誘い出し、ホテルに行った後は、夫と名乗る男性が出てきて大変なことになるのです。

美人局 つつもたせ被害

美人局 つつもたせ被害

美人局 についてです。

『つつもたせ』と読みますよ。

多い場所では、本当に被害にあっている人が多いんです。

お気を付け下さい。

といっても、そもそも後ろめたい行為の後に待ち受けている被害なので、

なかなか相談出来ない問題です。

相手が未成年であれば、貴方が犯罪者になってしまうのですから、

警察に相談にすら行けないかもしれません。

かといって、相手の要求に応じると、延々と終わりの無いサイクルにはまってしまいます。

中高年の男性からのご相談が圧倒的に多い問題です。

実際に性交渉を持たなくても、美人局の被害に遭ってしまう方からのご相談もあります。

何が何だか分からないうちに、お金だけではなく、

身分を知られてしまうこともあります。

そして、実家や会社への誹謗中傷や嫌がらせ行為の阻止と引き換えに

金銭を要求してきます。

あなたは、どうしますか?

諦めれば、貴方はカモにされてしまいますよ。

 

探偵調査は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099
アンバサダー調査事務所では、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校
086-226-1099

LINEきっかけの事件が多発 原因はスマホ利用

LINEきっかけの事件が多発 原因はスマホ利用

LINEの運営会社では、10代向けの「LINE 安心安全ガイド」を作成して安全対策を呼びかけている

恐喝、美人局、少女売春、画像送信など事件が多発

恐喝、美人局(つつもたせ)、援助交際などの事件が次々に報道されている。いずれもLINEでのコミュニケーションをきっかけとしたものだが、LINEだけに問題があるのではなく、安易なスマートフォン利用にも原因がありそうだ。
今年に入って、LINEを悪用したり、LINEがきっかけの様々な事件が多発している。LINEはスマートフォンを中心としたメッセージ・無料電話サービスで、国内利用者はすでに4500万人を突破。スマートフォンでのコミュニケーションツールの定番となった。

LINEをきっかけとする事件は昨年から増えており、未成年が被害者になるものが多かった。今年に入ってから起きた事件を見てみよう(カッコ内は報道された月)。
少女買春容疑。塾講師を逮捕(去年3月)
○○○・ ○○○署は、LINEで知り合った中学3年の女子生徒に2万円を渡し、みだらな行為をした疑いで、 ○○○・ ○○○区の学習塾講師を逮捕。
女子高生に淫行。会社員男性を逮捕(去年3月)
○○○署は、県青少年健全育成条例違反で、 ○○○県の会社員を逮捕。LINEで知り合った15歳の女子高生に対して、 ○○○市内のホテルでみだらな行為をした疑い。
高1女子に裸画像送らせた ○○○官 LINE端緒(去年4月)
○○○中央署は、 ○○○官を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕。LINEで知り合った高校1年の女子生徒に、裸を撮影させて画像を送信させた疑い。
これらの事件は、いずれも未成年者が被害者になったものだ。淫行や援助交際、画像送信などで、大人が未成年者に被害を与えている。中高校生の利用者が多いLINEを狙って、大人が起こした事件といえるだろう。
これとは逆に、未成年者が加害者になった例もある。
LINEで「美人局」、少年少女4人が恐喝容疑(去年4月)
○○○中央署は14~16歳の少年、少女計4人を恐喝容疑で逮捕。女子中学生がLINEで知り合った男性を呼び出し、殴る蹴るの暴行を加えて、現金約6万円入りの財布を脅し取った疑い。

LINEで知り合った男性を呼び出し、暴行を加える「美人局」の事件だった。14~16歳の少年・少女が加害者であることから、全国ニュースでも報道された。また未成年者ではないが、同様の恐喝容疑の事件も起きている。
LINEで知り合った女に誘い出されて暴行を受ける(去年4月)
○○○市の男性が、LINEで知り合った女に誘い出され、男3人に羽交い締めにされ殴られた。加害者である男女4人は、携帯電話を奪って逃走した。
上記の ○○○の事件と同じように、犯人グループの1人である女性が被害者を呼び出して、お金を巻き上げる手口だ。LINEを出会い系の連絡手段として使う人が増えているため、このような事件が起きていると思われる。

「お悩み相談」、のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。