Category Archives: 脅迫・恐喝解決

男女トラブル 脅迫・恐喝解決

医師が男女トラブルで脅迫

Published by:

男女トラブルで脅迫

男女トラブルで脅迫女性患者の夫を脅迫した疑いで医師が逮捕逮捕された。、女性に好意、女性患者の夫を電話で脅したとして、クリニックの院長が脅迫の疑いで逮捕されました。 警察によりますと、容疑者は先月、女性患者に電話をかけた際、対応した女性の夫を「ぶち殺すぞ、てめえ。お前らの会社ぶっつぶすなんて簡単なんだよ」などと脅した疑いが持たれています。 容疑者は女性に好意を寄せていたとみられていますが、「脅すなどはしてとい」という主張のの様です。

厄介な男女トラブル

厄介な男女トラブル 男女トラブルは対応を間違えると必ずと言いて良いぐらい犯罪まで発展してしまいます。実際に事件にならない程度までの犯罪に収まっているケ-スが大半をを占めていますが、一つ間違えてしまえば犯罪者として逮捕されかねないような事態になりかねない状況です。

感情のコントロール

感情のコントロールをすることはすべての人にとって大変むつかしいことで、普通の人間では感情をコントロールすることはできないと考えてよいでしょう。もちろん感情をコントロールできる人もいますが少数派でしょう。ならどのようにすれば感情のコントロールができるは考えてみます

第三者に頼む

第三者に解決依頼をすることが一つの方法です。これは第三で高度な経験を持ち合わせている人なら感情に左右されずに問題にとり組むことができるので、友人など頼むより当然良い結果が生まれることになります。感情をぶつけたところで問題は平行線となってしまうものです。当社ではこのような男女トラブルの解決を依頼されてきました。あらゆる状況を体験し解決に導いた実績がありますので、男女トラブルや脅迫の解決を依頼をしてください。

女性患者の夫を脅迫した疑いで医師が逮捕逮捕された。女性患者の夫を脅迫した疑いで医師逮捕、女性に好意か 愛知・蒲郡市- 女性患者の夫を電話で脅したとして、愛知県蒲郡市内のクリニックの院長・岡本規博容疑者(48)が脅迫の疑いで逮捕されました。 警察によりますと、岡本容疑者は先月、20代の女性患者に電話をかけた際、対応した女性の夫を「ぶち殺すぞ、てめえ。お前らの会社ぶっつぶすなんて簡単なんだよ」などと脅した疑いが持たれています。 岡本容疑者は女性に好意を寄せていたとみられていますが、「脅すなどはしていません」と容疑を否認しているということです。

脅迫・恐喝解決

大学生が恐喝

Published by:

大学生が恐喝の疑い 

 

脅迫などの犯罪で人生を台無しにしてしまう学生が多くいます。目先のことだけを考えず目的を持って勉強しろと言いたい。

代返(だいへん)とは、教育機関などにおいて出欠確認をする授業で、欠席者の出席を装うために他者が代わって返事をする一種の不正行為である。特に大学において、欠席者が不正に出席点を獲得する目的で行われる(単位認定に一定量の授業への出席が必須とされたり、重視される場合もある)。大学によっては発覚した場合、単位の剥奪など処分を受ける場合がある
大学の授業で自身の代わりに出席を装う「代返」を頼んだ知人男性(20)に難癖を付けて現金を脅し取ったとして、大阪府警布施署は20日までに、恐喝の疑いで、大阪府東大阪市、大阪商業大(東大阪市)4年容疑者(21)=退学処分=ら2人を逮捕した。

逮捕容疑はことし1月中旬、代返を頼んだ男性に「出席になってなかった。おまえのせいで留年するからその分の授業料120万円支払え」などと言い、3回にわたり計約64万円を脅し取った疑い。大阪地検が既に恐喝罪で起訴している。

布施署によると、容疑者は昨年9月、男性と知り合い、1日2000円の報酬で代返を依頼していた。男性は大商大の学生ではなかった。

脅迫・恐喝解決

幼稚園に脅迫電話

Published by:

幼稚園に脅迫電話

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。

今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

幼稚園に約80回にわたって脅迫電話をかけたとして、警視庁高島平署は25日までに威力業務妨害の疑いで、東京都板橋区に住む60代の無職の女性を書類送検した。

書類送検容疑は、2012年9月から今年4月にかけ、板橋区内の幼稚園に公衆電話から「園児をやめさせないと園に火を付ける」などと電話をかけ、職員に警戒させて業務を妨害した疑い。女は「近所付き合いでトラブルがあり、その相手の親族が通う幼稚園に嫌がらせをした」と供述。特定の園児の名前を挙げて繰り返し脅迫電話をかけていたという。

脅迫・恐喝解決 脅迫文

脅迫

Published by:

脅迫

芸能人の脅迫事件

ふかわりょうさんに「殺す」脅迫容疑 

刑法における脅迫とは「害悪の告知」をいう。脅迫罪(刑法222条)の成立が問題になる場合の他、強盗や強姦の手段として脅迫が行われた場合、強盗罪や強姦罪の成立が問題になる等、多くの犯罪類型において、行為態様の1つとして規定されている。それらの犯罪における「脅迫」の程度やその態様は、犯罪類型ごとに内容が異なる。

フェイスブック上でタレントのふかわりょうさん(40)を脅したとして、警視庁は川崎市に住む30代の女を脅迫容疑で逮捕した。麴町署への取材で10日わかった。女は容疑を認め、「メッセージを投稿したのに、うそをつくので許せなかった」と供述。署は刑事責任能力の有無を調べる。

署によると、女は昨年3月27日~4月1日ごろにかけて、フェイスブックのふかわさんのページに、「今すぐ死ねよ」「殺してやる」などのコメントを計14回書き込み、脅迫した疑いがある。女は「ふかわさんのファンだ」と話しているという。ふかわさんが昨年12月、署に被害届を出していた。

 

脅迫、恐喝、強要といった問題は、当事者間ではなかなか解決に至らないことでしょう。
弱い立場に付け込まれるのが、脅迫や恐喝、強要の被害に遭う理由です。
中には不当な要求をされることもありますが、
多くは、脅される理由があります。
この理由になる脅迫のネタは、誰にも話せないような内容であることから
警察にも相談できない、弁護士にも断られる
そして、一人で悩む結果となるのです。