Tag Archives: 近隣トラブル

未分類

近隣トラブル 岡山

Published by:

近隣トラブル 岡山

近隣の方とトラブルを起こさないために大事なのは、そこに住んでおられる方々とのコミュニケーションが大事となってきます。ですが、近年は昔とは違いそのコミュニケーション自体が希薄になってきている傾向があり、トラブルにも発展しやすいのが現状です。もしあなたが現在近隣トラブルでお悩みなのでしたら、一度私たちにご相談下さい。

「6階の住人が『グル』になり、自分を監視していた」。大阪府豊中市のマンションで住人の滝畠裕美(ひろみ)さん(33)が殺害された事件は、同じ階に住む上原亮宏(あきひろ)容疑者(53)が被害者意識や不満を募らせ、一方的に被害者に恨みや怒りを抱いた可能性が浮上している。上原容疑者が以前暮らしていた兵庫県伊丹市でも、近隣住民とトラブルを繰り返していたことが判明。取材を進めると、物音やゴミの出し方に神経をとがらせ、異常なまでの警戒心をみせる上原容疑者の性格が浮かび上がった。

2台の防犯カメラ

「とにかく不気味だった」。伊丹市の閑静な住宅街。住民の女性は上原容疑者の逮捕を報じるテレビニュースを見て、かつて住んでいた“隣人”だとすぐに分かった。

2階建ての一軒家。現在は取り壊されているが、近隣住民によると、上原容疑者が以前暮らしていたその住宅は、一見して異様だったという。2階の外壁には2台の防犯カメラ。通常は家の前の道路を見下ろすように設置されるが、水平に据え付けられていたからだ。あたかも、近所の家を監視しているかのような方向だった。

両親が他界してから20年近く1人で暮らしていたという上原容疑者。近所付き合いはほとんどなく、その一軒家から外に出ることもほとんどなかった。

「車の音がうるさい!」。近所の住人にこう抗議したこともあった。指定のゴミ袋を使わずにゴミを出したため、自宅の前にゴミを戻された際には、無関係の住民に向かって「ゴミを置いたのはお前か」と迫る場面も目撃されていた。

伊丹市は平成7年の阪神大震災で大きな被害が出たが、隣家の瓦が崩れ、上原容疑者の自宅の窓ガラスが割れると、震災直後にもかかわらず、隣人に激しく文句を言っていたという。

神経質な性格が浮かび上がるが、洗濯物を整然と並べて干すなど几帳面(きちょうめん)な一面も。

近所の男性(67)は「しっかりしている印象だった。大きなトラブルを起こすとは思ってもいなかった」と振り返る。

未分類

近隣トラブル「あいさつ」

Published by:

近隣トラブル「あいさつ」

挨拶はコミニケーションの基本挨拶ができないといけません。
洲本5人刺殺事件

 

 

兵庫県洲本市中川原町中川原の民家2軒とその周辺で、男女5人が刺されるなどして死亡した事件で、うち3人への殺人未遂容疑で兵庫県警に逮捕された近くの無職平野達彦容疑者(40)が事件前夜、死亡が確認された平野浩之さん(62)と口論になっていたとみられることが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 

死亡したのは浩之さんのほか、妻方子(まさこ)さん(59)、母静子さん(84)の親子と、平野毅(たけし)さん(82)、恒子(つねこ)さん(79)の夫婦と確認された。

捜査関係者によると、浩之さんの親族の説明では、事件前夜の8日夜、浩之さんと平野容疑者があいさつをめぐって口論になったという。容疑者のものとみられる会員制交流サイトなどには被害者らを中傷する複数の書き込みがあり、県警が事件との関連を調べている。

県警によると、9日午前7時15分ごろ、家に入ってきた平野容疑者に刺されたという内容で浩之さんが110番。自宅から逃げ出した浩之さんの長女(32)が近くの民家に助けを求め、さらに通報したという。浩之さんは屋外、残る2人は屋内で見つかった。

その後、近くの毅さん方で、刺し傷があり、血を流した状態の夫婦の遺体が見つかった。2人には死後数時間で現れるとされる硬直が始まっていたことなどから、毅さん宅が先に襲われた可能性があるとみられる。

県警は今後、容疑を殺人に切り替えるとともに、毅さん夫婦の死亡にも関与したとみて調べる。

未分類

子供の声は騒音

Published by:

子供の声は騒音

規制から除外する案
東京都が騒音を規制する条例から子供の声を除外する方針を打ち出したことに、都内の自治体や住民から賛否の声が寄せられている。

都は18日開会の都議会に、除外対象を「小学校入学前の子供の声」とする条例改正案を提出するが、改正に反対する意見のほか、部活動の声が騒音扱いされないよう、除外対象を中高生にまで広げるよう求める意見なども根強い。子供の声は騒音なのかを巡って、論議を呼びそうだ。

悩む自治体

「我々は子供の声に不寛容で良いのだろうか」。世田谷区の保坂展人区長は1月8日の定例記者会見でそう語り、都条例の騒音規制から除外する子供の年齢を「18歳以下にすべきだ」と都に要望したことを明かした。

同区内の公立中学校の校長は「周辺住民から一人でも『うるさい』と苦情があれば、配慮せざるを得ない。大きな声や音が出る運動会の前には、住民に理解を求める手紙を配布している」と話す。練馬区の中学校では部活動の早朝練習に対し、「生徒の声が耳障りだ」という苦情が寄せられた。隣家との距離が数十センチしかない大田区の中学校のプールでは現在、高さ2・5メートルの遮音壁の工事が進んでいる。

目黒区の担当者は「最近は、教員の指導の声がうるさいというクレームまである」と打ち明ける。

話し合いで解決

2000年に制定された都環境確保条例は、「何人(なんぴと)も規制基準を超える騒音を発生させてはならない」と規定している。場所や時間帯によって音量の基準値を設けており、これに違反した場合は、都と区市が事業者側に勧告を行うことができる。町村については都が行う。

ところが、練馬区では12年、この条例を根拠に、保育所の周辺住民が子供の声を「騒音」だとして、差し止めを求める訴訟が起きた。都議からは「子供の声を工場などの騒音と同列に論じるのはおかしい」との指摘もあり、都は昨年3月、条例の見直しを始めた。

都によると、条例の見直し案では、音の発生源が〈1〉小学校入学前の子供とその保育者〈2〉子供の声や足音、遊具や楽器の音〈3〉保育所や幼稚園、児童館――などの条件を満たした場合、数値規制から除外する。一方、周辺住民にも配慮し、子供の声が「我慢すべき限度(受忍限度)を超えているか」を都や区市が総合的に考慮し、双方の話し合いによる解決を目指すという。

除外対象を「小学校入学前の子供」にしたのは、「乳幼児期に遊びは欠かせず、声を出すのはやむを得ない。小学生になれば集団や社会のルールを守る態度を身に付ける段階だから」(都幹部)と説明する。

アンケート

都は昨年3月、都内49区市を対象にアンケートを行った。それによると、子供の声を条例で規制することについて、「賛成」は3自治体、「賛成だが規制を緩和すべきだ」が10自治体、「反対」が13自治体。除外の対象年齢については、都が導入する予定の「小学校入学前」は2自治体にとどまり、「中学校入学前」が10自治体、「高校入学前」が8自治体だった。

都民の受け止めも様々だ。都が昨年12月~今年1月に行った意見募集には134件の意見が寄せられた。このうち79件は「声を出すことは子供の心身の発達に大切」「のびのびと外で遊べないことが運動能力低下の原因」など見直しに賛成する意見。

一方、45件は「大勢の高音の声は耐え難い」「夜勤従事者の安眠が妨げられる」などの反対意見だった。

また、「受忍限度」についても、「具体的な判断方法があいまいで実効性に不安がある」という意見も目立った。

未分類

騒音トラブル事件

Published by:

騒音トラブル事件

迷惑行為に耐えかねて注意した自治会長に、逆ギレした少年らは4人がかりで襲いかかった。東京都調布市の都営住宅で自治会長に殴る蹴るなどの暴行を加え、けがを負わせたとして、都立高校2年の男子生徒ら17歳の少年4人が2~3月、傷害容疑で警視庁少年事件課に逮捕された。バイクの空ぶかし、大音量の音楽、ごみの放置…。1年間にわたって傍若無人な振る舞いを続けてきた少年らは、住民の平穏な生活を守ろうと立ち上がった自治会長の“決死”の行動にも牙をむいた。(荒船清太)

バイクにしがみつき制止も…4人がかりで暴行

「いい加減にしろ! 何時だと思っているんだ!」

正月三が日が明けたばかりの1月4日未明。調布市国領町の都営住宅で、自治会長の男性(61)の怒声が響き渡った。都営住宅の駐輪場でバイクを空ぶかしするなどし、大声でわめき散らしていた不良グループを注意したのだ。

だが、不良グループが素直に騒音を出すのを止めることはなかった。自治会長の姿を見つけると、男子生徒ら8人は次々にバイク4台にまたがり、逃走を始めた。自治会長はそれにもめげず、男子生徒のバイクの荷台にしがみつき、止めようとした。一緒に転倒すれば、大けがをしかねない。決死の行動だった。

10メートルにわたって荷台にしがみつき、走りながらバイクを止めようとする自治会長。バランスを取りながら、バイクを運転し続ける男子生徒。我慢比べに勝ったのは自治会長だった。男子生徒はバイクとともに転倒した。

「この野郎!」

男子生徒はこう叫んで自治会長に殴りかかり、他の3人も加勢した。胸ぐらをつかみ、体当たりをし、足を引っかけて投げ飛ばす。さらに、転倒した自治会長に馬乗りになって腕や腹を殴り、蹴り、踏みつけた。自治会長は全治2週間のけがを負った。

未分類

騒音トラブル

Published by:

騒音トラブル

騒音トラブルで、殺人事件が起きてしまいました。

隣人殺害=容疑の67歳男逮捕

大阪市西成区のマンション1階の部屋で15日、住人の無職菅原敏さん(71)が顔から出血して死亡しているのが見つかり、大阪府警捜査1課は17日、殺人容疑などで2階に住む無職古田敏男容疑者(67)を逮捕した。「騒音が原因で殺してやろうと思った」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は14日午後4時40分ごろから15日午前10時50分ごろの間、同区花園北の菅原さんの部屋に侵入し、顔面を殴るなどして殺害した疑い。
菅原さん宅を訪れた介護ヘルパーが遺体を見つけた。同容疑者は事件後、所在不明になっていたが、17日に同市浪速区のパチンコ店で発見された。

騒音トラブルは、被害者にとっては大変苦痛なもので、まして住居での騒音は絶えず悩まされるため、すぐには解決できないことも多く、実際に加害者を殺してしまおうとまで考える人がいます。

この様な問題や、トラブルを起こす人の特徴として、コミニケーション能力が低いことが多く当事者で話し合いをしても一向に解決に向かうことはなく、かえって状況を悪化させることが多くあります。

当社ではこのような案件を数多く対応してきました。騒音トラブルで悩まれている方は当社に相談ください。力になります。

未分類

近隣トラブルの解決法

Published by:

近隣トラブルの解決法

 

今日もブログを読んで下さってありがとうございます。

 

近隣トラブルといえば、様々ありますが、

 

増えているのはマンションでのトラブルです。

 

両サイドだけではなく、

 

上下の部屋の住人とのトラブルもよくあります。

 

騒音だけではなく、

 

床や壁に響くような行為も問題に発展します。

 

このような行為は、建物の構造、使われている素材の質や特徴にも関係するので

 

以前住んでいた場所では問題なかった行動も、

 

引っ越し先ではトラブルになってしまう事もあるのです。

 

また、盗聴被害や電磁波に夜被害を訴える方もおり、

 

精神的にも肉体的にも大きな影響を受けています。

 

解決への第一歩は、調査です。

 

調査なくしては始まりません。

 

調査依頼は、

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

 

 

 

 

盗聴 盗撮 電磁波調査は

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

 

 

 

浮気が原因で離婚をお考えの方、

離婚調査をご依頼ください。不貞行為は離婚自由に当たります。

優位に離婚を進めるには、証拠が必要です。

証拠が有る無しで、慰謝料請求も優位に運ぶのです。

離婚を優位にすすめる為には、

「浮気の証拠」は必須でしょう。

証拠調査士のいる探偵社は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

24時間 365日