離婚後の元夫元妻とのトラブル解決相談 元夫婦のトラブル

離婚後の元夫 元妻とのトラブル、元夫婦のトラブルでお悩みお困りの方へ 解決相談 元夫、元妻ということは以前は婚姻関係があった相手ということで、何かと問題を大ききしたくないという方が多く、トラブルがかなりこじれている場合が多くあります。

当事者も、お互いの子どももいる為、問題を大ききしたくないということもあり、トラブルがあっても対応をせず、泣き寝入りをしているということも多くあります。

子供がいる場合には、元妻、元夫とは、子供にとって母であり父であるため、警察沙汰にしたくないと考えている方も多いでしょう。

しかし、問題を放置していては、思いもよらない事事態を引き起こされてしまうことがあることを理解し、現に元夫、元妻が関わる事件は多く、当事者だけでは解決が困難な状況にある場合も多く、第三者の手を借りて対応をとることが得策といえる場合もあります。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える離婚後の元夫、元妻との悩みを誰にも知られず解決してきました。

警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、離婚後のトラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

離婚後の元夫 元妻とのトラブルを誰にも知られず解決したい場合は当社に解決依頼をしてください。

離婚後の元夫元妻とのトラブル解決相談 元夫婦のトラブル

浮気の調査はコチラ  不倫の調査はコチラ

目次

離婚後の元夫 元妻とのトラブル元夫婦のトラブル

離婚後の元夫 元妻とのトラブルは、婚姻時に何か問題やトラブルがあった為、離婚に至ったのでしょうから、一度婚姻関係にあった、元夫、元妻ならではのトラブルがあります。その例をいくつか挙げます。

離婚時に問題やトラブルがあったことで離婚したので関係ないと言い切れないのが元夫婦で、トラブルが起こってしまえば放置できるものではありません。

トラブルや問題が身に降りかかった時、「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。

あらゆるトラブルを解決してきた専門家がが貴方のトラブル解決をサポートします。

離婚後の元夫 元妻とのトラブル 元夫婦のトラブルの具体例をあげます。

1,離婚後の元夫元妻との 元夫婦の関係が切れないトラブル

2,離婚後の元夫 元妻 元夫婦のストーカートラブル

3, 離婚後の元夫 元妻 元夫婦の嫌がらせトラブル

4,離婚後の元夫 元妻 元夫婦の子供問題トラブル

5,離婚後の元夫 元妻 元夫婦の復縁トラブル

6,離婚後の元夫 元妻 元夫婦の金銭トラブル

上記以外にも個々の問題はそれぞれの元夫婦としてトラブルが出てきます。

元夫婦のトラブルが起きると放置できるものは無く、解決しないといけません。トラブルや問題に対して、向き合うことをしないと、問題やトラブルが大きくなることが多くあります。

泣き寝入りをするか、解決するかのどちらかです。世間では、正しいから勝つのではなく、強いものが勝っています。

トラブルに巻き込まれた時に思い知らされる現実です。

離婚後の元夫元妻とのトラブル解決相談 元夫婦のトラブル

お気軽にお問い合わせください。086-226-1099営業時間 9:00-21:00 [ 時間外可能 ]

お問い合わせ

1,離婚後の元夫元妻との 元夫婦の関係が切れないトラブル

元夫 元妻との関係が切れないトラブルは、すぐにトラブルに発展することは無いのですが、トラブルの要因を作ってしまうこととなる為、注意が必要です。

ストーカーや復縁などのトラブルに発展したり金銭問題に貼ってすることもあり注意が必要です。また新たな恋の発展の妨げとなる事もあります。

いずれにせよ、別れてしまった後にも関係が切れない事でのリスクを理解しておきましょう。

離婚後の元夫との 元夫婦の関係が切れないトラブル事例 高梁市の事例

高梁市の事例 子供を一人で育てていく覚悟がないかと思っていますが、少しは彼も父親だから、きっと子供を愛していると思いっつも、実際は半年に一回ぐらいしか時間がとれなず会うのは年2回だけ。しかも、肉体関係を迫ってくることもあり関係を切りたいけど切れない状況にある方からの相談でした。

離婚後の元妻との 元夫婦の関係が切れないトラブル事例 笠岡市の事例

笠岡市の事例 元妻とは、金銭トラブルで離婚、金銭いルーズな妻は、息子が「私立」の高校に合格したので、月末までに入学金や授業料、施設使用料などを納めなければならないので、50万円くれと言ってきたり、事あるごとに金銭の要求をするのです。

離婚時に取り決めした金額を払い、養育費も決められたように支払しています。

このような相談です。

2,離婚後の元夫元妻との 元夫婦のストーカートラブル

元夫 元妻との ストーカートラブルは離婚後にストーカー行為が始まり、日常生活に支障をきたしているという相談を受けることがあります。

お互い納得して離婚したとしても、元夫や元妻が、つきまとい、待ち伏せ、無言電話やビラまきなどの嫌がらせ、復縁を迫るなど、ストーカー行為に及ぶことがあります。

離婚時に怨恨などを抱いている場合には、しつこく継続し、エスカレートし状況が悪化すれば事件化するような事態もあり対応には細心の注意が必要です。

元夫 元妻とのストーカートラブルの解決依頼は誰にも知られず解決したいと考えている方が依頼をしています。

誰にも知られずストーカーなどのトラブル解決をしてきました。

離婚後の元夫との 元夫婦のストーカートラブル事例 備前市の事例

備前市の事例 元夫からのストーカー問題は、警察に届け出をすればよいのですが、警察に相談しても、ある程度のストーカー行為の証拠を集めておかないと、積極的な対応をしてもらえない可能性があります。

元夫による電話などは頻繁になると迷惑です。また職場などでの張り込み見張りは精神的苦痛を伴います。

また生活監視をされているケースもありました。

ストーカーはあらゆるトラブルが事件や犯罪になる前触れのこともあり注意が必要です。

また元夫ということもありなかなか警察には行きにくいものです。

そのような時には探偵アンバサダー調査事務所へストーカー解決依頼や、ストーカー証拠収集を依頼してください。

離婚後の元妻との 元夫婦のストーカートラブル事例 岡山市の事例

岡山市の事例 元妻からのストーカー問題は、警察に届け出をすればよいのですが、警察に相談しても、ある程度のストーカー行為の証拠を集めておかないと、積極的な対応をしてもらえない可能性があります。

また元妻ということもありなかなか警察には行きにくいものです。

そのような時には探偵アンバサダー調査事務所へストーカー解決依頼や、ストーカー証拠収集を依頼してください。

3, 離婚後の元夫 元妻との 元夫婦の嫌がらせトラブル

元夫 元妻の嫌がらせトラブルは、どのような事があったにせよ離婚したわけですから、何らかの問題があったわけですから、強い恨みを持ったまま離婚したのであれば、何らかの嫌がらせを受けても仕方は無いのですが、放置しては深刻な事態を招くことがあります。

離婚後まで、強い憎しみを持っているということの嫌がらせですので、相手に対しての対応はしっかりと適切にすることが必須となります。

嫌がらせを受けていたとしても、元夫、元妻ですから、穏便に済ませたいという方からの解決依頼が多いのも納得できます。

離婚後の元夫とのトラブル 元夫婦の嫌がらせトラブル事例 倉敷市の事例

倉敷市の事例 元妻にとって、元夫が幸せになる事は素直に喜べなかったようです。当たたしい彼女とのデート時に数回子供と出くわしたようです。

そうです彼女とのデートに何故か元妻、子供が表れたのです。

しっかりストーカ―嫌がらせでした

離婚後の元妻とのトラブル 元夫婦の嫌がらせトラブル事例 津山市の事例

津山市の事例 元妻から深夜の愚痴電話、無視するとメール、そのうち会社近くで無言の監視。

このようなことも発生しています。

4,離婚後の元夫 元妻 元夫婦の復縁を迫られるトラブ

元夫 元妻に復縁を迫られるトラブルは、離婚したにもかかわらず復縁を望むわけですから、お互いの気持ちが復縁を望むなら問題は無いのですが、一歩的に復縁を望む相手は注意が必要です。

そのように、復縁を望む相手は、相手の気持ちを推し量ることが出来ない為、ストーカーや暴行などの犯罪に走る可能性があり、特に注意が必要となります。

ストーカーなどになるような人は、警察でも対応しきれなくなるため、身に危険を感じるようでしたら当社に解決依頼をしてください。

離婚後の元夫との復縁トラブル 元夫婦の復縁を迫られるトラブル 総社市の事例

総社市の事例 元夫との離婚は金銭トラブルで、借金癖があり離婚したのですが、その夫から復縁を望む連絡が頻繁にあり、新しい彼氏が出来たら、その彼との暴力沙汰も有子供に父親ということもあり、その彼氏からの相談で仕事を受けることとなりました。

離婚後の元妻との復縁トラブル 元夫婦の復縁を迫られるトラブル 岡山市の事例

岡山市の事例 復縁を要望する連絡を数回受けているところ、ずっと虫をしていると自宅マンションの前に立ち自分の存在をアピールというようなことがあったので当社に相談依頼となった案件。子どももいないので離婚ですっきり別れられたというのに困っていました。

元妻は、コミニケーションがかなり苦手で彼女なりの対応ですがそのような事をされては、ビックリするだけです。

5,離婚後の元夫 元妻との子供をめぐるトラブル

元夫 元妻との子供をめぐるトラブルは、離婚後にもよく起きるトラブルですが、養育費が入らないなどのトラブルの対処は比較的簡単な事ですが、子供を連れ去られるなどのトラブルは対処が大変なものとなります。

離婚時に取り決めしても、状況が変わればどんな約束も守れる保証など何一つないものです。

子供を連れ去られ、海外まで行方調査をしたことがありますが、子供に対する親の固執、執着はス濃いものがあり、すべてを捨ててでも逃げようとしたり、相手家全員がサポートしているような案件がありました。

子供をめぐるトラブルは、対処を早期にすることが問題やトラブルを大きくしない為には必要です。

離婚後の元夫との子供をめぐるトラブル事例 瀬戸内市の事例

瀬戸内市の事例 元夫が、子供と会っている時に事もを連れて県外へ逃亡、子供と元夫の失踪調査依頼。

元夫は、仕事を止め、コーポを引き払い愛知県で暮らしていました。協力者もいたためそのような生活ができるのです。

離婚後の元妻との子供をめぐるトラブル事例 玉野市の事例

玉野市の事例 元妻の子どもを勝手に遊びにつれてくトラブル。

離婚し子供と共に実家に帰って両親と暮らしていたのですが、学校の帰りに子供を誘い食事に行くというものこれも継続すると大きな問題です。

6,離婚後の元夫 元妻との元夫婦の金銭トラブル

元夫 元妻との金銭トラブルは、離婚後もついてくることもあり、金銭トラブルを抱えてしまうと、次の人生を歩む足かせとなります。

養育費未払い、不倫緒慰謝料請求など、離婚後も金銭トラブルは発生します。

離婚後の元夫との元夫婦の金銭トラブル事例 真庭市の事例

真庭市の事例 よくありがちな、養育費が入らないという事案です。身辺調査の依頼です。

離婚後の元妻との元夫婦の金銭トラブル事例 井原市の事例

井原市の事例 離婚後に元妻側の母親が夫側の身内から多額の借金が発覚、しかも離婚直前に借金をしたようです。

離婚後の元夫 元妻のトラブル問題の解決する為に注意すべき事 元夫婦のトラブル解決

離婚後の元夫 元妻のトラブル問題の解決する為に注意すべき事は、トラブルにすぐに対処できない理由がある場合、そのことが、トラブルや問題解決の足かせとなり、また相手はそのことを利用してきます。

また、既にはっきりした問題を抱えているならそのことにも対処が必要となります。

元夫 元妻との ストーカートラブル、関係が切れないトラブル、嫌がらせトラブル、子供問題トラブル、復縁トラブル、金銭トラブルなどの問題がある場合は具体的に整理しておく必要があります。

元夫、元妻なら、どのような事でトラブルになりそうか考えてみると、思い当たることがあると思います。

状況分析、リスク分析など解決に向けては、事実を基に対応を考える冷静な対応が必要となります。

離婚後の元夫元妻とのトラブル解決相談 元夫婦のトラブル

不倫の脅迫でお悩みの方はこちらを参考にしてください

お気軽にお問い合わせください。086-226-1099営業時間 9:00-21:00 [ 時間外可能 ]

お問い合わせ

離婚後元夫 元妻との事件 元夫婦の事件

元夫 元妻との事件は多く、取り返しのつかないようなことになって入りこともあるので参考にしてください。

元夫婦の事件 離婚後の元夫 元妻との事件 復縁を断られ事件い発展

女性が刺されて死亡した事件で、殺人容疑で逮捕された元夫の容疑者が「復縁を望んでいたが断られ、憎しみへと変わっていった」と供述していることがわかった。

一方的に恨みを募らせたとみて詳しく捜査するようで、死亡した医療系事務員の被害者は自宅マンションの屋外駐輪場で襲われた。

体には10カ所以上の刺し傷と切り傷があり、このうち背中からの刺し傷が右肺に達していた。死因は失血死、 2人は2016年に結婚したが今春ごろに別居し、6月に離婚していた。トラブルなどの相談は「確認されていない」としている。

 容疑者の自宅からは血の付いた包丁が見つかり、血液を鑑定したところ、被害者のDNA型と一致し容疑者は「殺すつもりで刺しました」と容疑を認めているととのこと。

このことから察するに、加害者は強い意志で殺そうとしているのは、恨みより未練と、思いが通じないということからの犯行だろうと思う。

このケースでは、加害者の一方的な思いとは言えるが、殺されてしまってはどうしようもない。

このような事態になる前に当社に解決依頼をすることを勧めます。

このような事に至ってしまう相手は、相手の気持ちを推し量ることは苦手で、自分の気持ちを拒否査手たことに怒るなど、話が通じる相手ではない事を理解し対応をしなくてはならない。

元夫婦の事件 離婚後の岡山 元妻に熱湯が入ったやかん投げつけ元夫が死亡

岡山地裁で開かれた裁判員裁判で、元夫に熱湯をかけ死亡させたとして傷害致死の罪に問われている岡山市の43歳・無職の女に検察は懲役6年を求刑、 起訴状などによると、女は自宅で同居していた元夫(当時42)に熱湯の入ったやかんを投げつけ、胸や腹などにやけどを負わせて死亡させたとされる。事件直後、元夫は病院に搬送され治療を受けていたが、多臓器不全のため死亡。

 「医師や警察官などの証言から、被告がやかんを投げつけたことに疑いの余地はない」として懲役6年を求刑。弁護側は「被告がやかんを投げたとは断定できず、死亡との因果関係も明確ではない」と主張した。

調べに女は「熱湯の入ったやかんを投げつけてやけどを負わせたが、死亡したのは事故だと思う」と供述していると報道されていたが、この日の裁判では「私はやかんを投げていません。夫が亡くなったことは、本当に辛くて悲しい」と起訴内容を否認。

真意は定かではないが、どちらにしても元夫は死んでいる。

このような事になる前に当社に解決依頼をしてください。

元夫婦の事件 離婚後の元妻の元夫に対する暴行死事件

元夫をハンマーと熱湯で殺害、離婚後も同居し続けた女の超凶暴素顔 殺人容疑で無職・容疑者を逮捕。

被害者は元夫で、床で寝ていた均さんを注意したが布団で寝ないため腹が立ったと、ハンマーで頭を殴った後、給湯器で沸かした熱湯をかけ遺体には、皮膚がめくれるほどのヤケドがあったようだ。

 トラブル発生推定時刻は朝7時。ところが元妻の容疑者が110番通報したのは正午ごろ。しばらく放置していた。

近くのファミレスで、足の不自由な奥さんをご主人がお世話していたのを覚えています。ご主人は黒髪で背が高くてやせていて、作業服のような紺の上下を着て、自転車で仕事に行かれてました。会えば必ずあいさつしてくださる方でしたよ。最後に見たのは10日前くらい。近くのお弁当屋さんでお会いしましたなどと評判の良い人だったそうです。

 DV妻で浪費妻という元妻容疑者は、市内の金属加工会社で被害者と働いていたという元同僚は、家も近隣だったため、被害者の悩みを聞いたという。

気に入らないことがあると奥さんはすぐ暴力をふるうようで、目のところの大きなアザを見たことがある。暴力は日常的にあったようですとの事。

 元妻も働いていたんだが、稼いだお金は全部パチンコ代に消え、生活費を入れろ、生活費を使うなと被害者が言うと、暴力をふるわれたそうです。

 離婚後も一緒いることで、様々な問題が出てくるということはよくあることですが、それぞれ事情があるとはいえ問題は放置してはなりません。

離婚後の元夫元妻とのトラブル解決相談 元夫婦のトラブル

お気軽にお問い合わせください。086-226-1099営業時間 9:00-21:00 [ 時間外可能 ]

お問い合わせ

離婚後の元夫 元妻との元夫婦トラブル解決に向けて

離婚後の元夫 元妻とのトラブル は以前はパートナーとしてともに生活してきた間柄なのですが、激しい言葉のやりとりから誹謗中傷の応酬といったトラブル、憎しみ、憎悪などの感情から問題やトラブルに発展していることがあります。

元夫婦トラブル解決には腹を決めることが重要です

よく知っているからこそトラブルや問題に貼ってすると根の深い分かあえるの様なトラブルとなり、一度発生すと解決には、労力と時間がかかり、対応を間違えてしまうと、思わぬ方向にトラブルが発展するケースもあるため、本人にとって大きなストレスをもたらす危険性があります。

その上で、当社に来られる方は、誰にも知られず 離婚後の元夫 元妻との トラブルを解決しようと考えているわけですから。まずは状況の整理を十分にしておいてください。整理内容はヒアリング日時を決める時に説明します。

情にだけ流されてはいけません。

離婚後の元夫 元妻との元夫婦トラブル解決手順

離婚後の元夫 元妻とのトラブル など様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか。そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません。

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

まずはヒアリングの予約をお取りください。

離婚後の元夫 元妻との元夫婦トラブル解決まとめ

離婚後の元夫 元妻との元夫婦トラブル解決にはコミニケーションが必要です。このことを怠り法律を持ち出していては問題やトラブルをこじらせてしまいます。

離婚後の元夫 元妻との元夫婦トラブル解決は探偵アンバサダー調査事務所に調査依頼することをおすすめします。

お気軽にお問い合わせください。086-226-1099営業時間 9:00-21:00 [ 時間外可能 ]

お問い合わせ

投稿者プロフィール

直美
直美面談員 調査員
探偵歴25年、未だに現場にも出て日々調査をしています。浮気調査だけでなくあらゆる調査をしています。行方調査から聞き込み調査もしたうえ面談員としても対応をしています。探偵アンバサダー調査事務所では、探偵は10年鼻たれ、20年でやっと探偵と呼ばれています。今までの経験をもとに様々なトラブルを解決します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です