Tag Archives: 相談

未分類

産後クライシス

Published by:

産後クライシス

産後問題

妻の出産を機に浮気に走る夫がいる。女性は出産後性欲をなくす人がいる。ホルモンの問題と言う事だが夫婦問題に亀裂が生じてしまう事があるのである。子供への愛情が深まる一方、夫への愛情が減ってしまうという妻は多いのが現実であり、当然と言えることである。
夫に嫌悪感を抱き、性生活など考えられなくなる。女性の出産後に訪れることのある夫婦の危機だ。産後クライシスと名付けられたのを契機に、ここ2、3年、雑誌で特集が組まれるなど関心が高まっている。一定期間を過ぎれば元に戻るケースも多いが、深刻なケースでは妻がセックスを拒否し続けて離婚につながる場合もあるとされる。待望の赤ちゃんに恵まれ、幸せいっぱいのはずの夫婦に何が起きるのか。(中井なつみ、寺田理恵)

 

  出産で母性にスイッチ

夫婦が危機的状況となる期間は、人によって1年や2年など差がある。厚生労働省が平成23年、母子家庭の実態を調査した「全国母子世帯等調査結果報告」では、離婚時の末の子供の年齢は「0~2歳」が最も多く35・1%を占めた。その次が「3~5歳」の20・9%。子供が小さいときほど、離婚を選択する夫婦が多いことが分かり、因果関係を指摘する意見もある。

  妻の変化にショックを受けた夫が、寂しさから浮気に走ることもある。

女性は出産を経て母性のスイッチが入り、目の前の赤ちゃんに集中する。24時間ずっと緊張状態が続く生活に疲れ、夫にまで気を配れなくなる。また、女性の母乳の出をよくするホルモン、プロラクチンは排卵を抑制し、授乳を続けている間は次の子供ができない仕組みとなっている。このホルモンが分泌されている間、性欲がなくなるのが一般的だ。産後の女性が夫に嫌悪感を抱くのは、生物学的にみても当然のこと。赤ちゃんを守らなくてはという意識が強くなり、夫は外から雑菌を持ち帰ってくる存在になる。

妻が夫を「気持ち悪い」と拒絶するのは、一時的な性欲の低下が原因で愛情が冷めたのではない。夫婦の危機を乗り切るには、産後に性欲をなくす女性が多いと、夫婦が予め知っておく必要がある。妻の愛が冷めたと早とちりして他所で性欲を解消しようとすると、離婚の危機もあり得る。夫も家庭が大事なら、赤ちゃんがいる間は我慢のしどころといえそうだ。
時が経つにつれ、出会った頃からは想像もつかないトラブルや問題に発展してしまい、どうしたら良いのかわからず、精神的に参っていませんか?

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます!

誰にも知られることなく男女トラブルを解決します。
未分類

リベンジポルノ相談 岡山

Published by:

リベンジポルノ相談 岡山

リベンジポルノを直訳すると「復讐ポルノ」。
言葉の通り、復讐という意味が込められています。
リベンジポルノとは、元交際相手や元配偶者から交際中のベッド写真や映像を公にされる等の被害です。
裸の写真など、かなりプライバシーに踏み込んだ映像をネットに流出され、結婚や就職などにも影響をきたすこともあります。
このリベンジポルノ被害の恐ろしいところは、放置することで被害が拡散すると言うところです。
インターネットは、世界中いたるところに普及しており、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレット端末などを使い誰でもが見る可能性があります。家族や会社の同僚、町のパン屋さん、交際相手、その両親など
絶対に見られてはならない人物が目にする可能性があるのです。
1カ月で110件 うち脅迫42件
嫌がらせで裸の画像をインターネット上などに公開する「リベンジポルノ」の防止法が施行された昨年11月27日から12月31日までの約1カ月間で、全国の警察に110件の相談が寄せられ、18件では実際に画像などが公開されていたことが2日、警察庁のまとめでわかった。同庁は「画像がネットで拡散すると、完全な削除は難しい。被害に気づいたらすぐ相談してほしい」と呼びかけている。

リベンジポルノに関するトピックスはこちら

110件のうち、相談内容(複数回答)で最も多かったのは「画像を公表すると脅された」の42件。「画像を送りつけられた」の22件、「画像を公表された」の18件が続いた。これとは別に「画像を撮影された・所持されている」といった相談も33件あった。

99件は相談者が女性だった。相談者全体の世代別では20代が41件と最も多く、未成年が24件、30代と40代がそれぞれ16件。一方、相手方の性別が判明しているうち、88件は男性だった。30代が25件、20代が20件、40代が14件。20代と30代で4割に上った。

 

被害に遭っているのはあなただけではありません。最近急増している問題です。リベンジポルノ被害や画像恐喝、ハメ撮り恐喝などと言った被害は、簡単に誰にでも相談できる内容ではありません。相談相手を間違うと二次被害に遭うこともあります。相談相手から脅されることも考えられるのです。リベンジポルノは、会社でのパワハラやセクハラとも関係していることもあり、問題が複雑化しているケースもあります。

誰にも知られずに解決したいと思う方、早期解決を望む方は今すぐお電話ください。当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

未分類

浮気のトラブル解決・相談 岡山 倉敷 津山

Published by:

浮気のトラブル解決

 

 

浮気・不倫を放置すると次のようなトラブルが舞い込んできます。しかも人生において取り返しのつかなくなるようなトラブルを抱えてしまうこともあります。

 

1 妊娠トラブル

当然浮気不倫につきもののSEX避妊しないと妊娠してしまうのは当たり前のことです.この妊娠は以外に多くあるトラブルです.出産すれば将来、相続問題などが発生してしまいます。

 

2 相続トラブル

妊娠したら出産の当然出てきます。そうすれば、認知、遺産相続などのトラブルは避けられないものとなってしまいます.複雑な家族構成となるためトラブルや問題の絶えない家族となってしまいます。

 

3 家族崩壊トラブル

パートナーの信頼をなくし、家族がバラバラになってしまいます。また子供はその被害者になります。結果として離婚となるケースがあります

 

4 心のトラブル

パートナーの裏切りによる人間不信などにより、トラウマを抱えてしまうこととなります。常に不安を抱えてしまっては心の休まる暇はありません。家庭が安らげる場所ではなくなってしまうのです。

 

浮気・不倫を放置すれば様々なトラブルに発展してしまいます。

トラブルになってからでは、解決するまでに時間も、金額も多くかかります。 浮気トラブル回避のためにも私どもにご相談ください。

 

浮気トラブル解決なら

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山 倉敷 津山

 

未分類

不倫の問題解決・相談 不倫トラブル解決・相談

Published by:

不倫の問題解決・相談 不倫トラブル解決・相談

そもそも不倫とは何か

不倫はそもそも法律用語ではありません。

不倫という言葉が使われ始めたのは、1980年代になって使われ始め

たようで、不貞行為をしている当事者、それに加担する関係者の行為を

指す言葉です。独身、既婚を問わず、夫婦としての権利を侵害されたあ

るいは侵害した外部の人間との行為としてとらえ、そのことを不倫と言っ

ているのです。

 

性交渉が前提、要は肉体関係があるかどうか

 

民法770条には法的離婚原因として不貞行為という記述があり、不

貞行為とは、夫婦の貞操義務に反する行為、つまり配偶者以外との性

交渉を持つ行為ということです。

不貞行為は民法上の不法行為として、配偶者には 精神的苦痛に対

する慰謝料請求をする権利があります。

夫婦には貞操義務があると書かれている条文はありませんが、言うま

でもなく多数の判例により、夫婦は互いに貞操を守る義務があり、相手

に貞操を要求する権利がある、と解されます。

 

パートナーの不倫で悩んでいる方は、私どもにご相談ください。きっとあなたの力になります。

 

 

不倫の問題解決 岡山の探偵社

不倫の問題解決相談 岡山 探偵アンバサダー調査事務所

ダイヤル086-226-1099

 

トラブル 相談 夫婦トラブル  盗聴 岡山  電磁波 大阪