» Blog Archives

Tag Archives: 証拠調査士 育成スクール

証拠調査士 育成スクール 岡山 倉敷 津山 岡山県 岡山市 倉敷市 津山市

未分類

証拠隠し

Published by:

証拠隠し

証拠とは、ある命題真偽不明の主張や存否不明の事実の真偽や存否を判断する根拠となるものをいう。エヴィデンスとも呼ぶ。

証拠資料とは、事実を認識するための資料であり、裁判官が証拠調べにより証拠方法から得た内容をいい、証人の証言や書証の記載内容のことを指す。

ある人・物を、訴訟において証拠方法として用いることのできる資格を、証拠能力(しょうこのうりょく)という。すなわち、証拠能力のない人、物、書面等については、これを取り調べて事実認定のために用いることはできない。

一方、ある証拠資料が、証明すべき事実の認定に実際に役立つ程度を、証明力(しょうめいりょく)、証拠力、証拠価値という。例えば、証拠能力のある書面を取り調べて証拠資料が得られたとしても、その内容が信用できなかったり、証明すべき事実とあまり関係がなかったりする場合には、事実認定には役に立たないから、証明力が低いことになる。

浮気・不倫の証拠も隠されてしまっては何もなりません。あらかじめ証拠をつかみ有利な交渉をしましょう。

 

愛知県日進市の高校3年の男子生徒が逮捕された強盗殺人事件で、凶器とされるナイフに入念に血を洗った跡があることが分かりました。

強盗殺人の疑いで逮捕された男子生徒(17)は、川村典道さん(65)を刃物で刺すなどして殺害し、バッグを奪った疑いが持たれています。警察は、男子生徒が事件後に預けたという友人の自宅から複数のサバイバルナイフを押収していて、24日にそのうちの1本を凶器と確認しました。その後の警察への取材で、ナイフからは血液反応は出ず、入念に洗った跡があることが分かりました。男子生徒は事件後、インターネットで「血の跡の消し方」について調べていて、警察は、男子生徒が証拠隠滅を図ろうとしたとみて捜査しています。

未分類

冤罪Gメン 

Published by:

冤罪Gメン

冤罪(えんざい)は、「無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと」を指す言葉である。つまり「濡れ衣」である。

無実者が刑事訴訟で有罪判決を受けることを指す立場もあれば、単に無実者が罪に問われることを指す立場もあり、法学辞典においても定義には揺れがみられる。

 

無実証明の手助け組織設立めざす

重大事件の受刑者や死刑囚が冤罪を訴えた場合に無実を証明する手助けをしようと、刑事事件に詳しい弁護士や学者らが6日、支援組織の設立に向けた初会合を京都市内で開いた。有罪の証拠とされたDNA型の再鑑定の橋渡しや、自白の信用性を心理学的に再検証する「冤罪Gメン」の活動を今年度内にも始める。

会合には、再審無罪となった足利事件の主任弁護人だった佐藤博史弁護士(第二東京弁護士会)や米国の司法制度に詳しい笹倉香奈・甲南大准教授をはじめ弁護士や刑事法の専門家、心理学者ら約20人が参加。冤罪研究で著名な浜田寿美男・奈良女子大名誉教授も中心メンバーになる。

モデルは、冤罪被害者を救済する米国の民間団体「イノセンス・プロジェクト」。1990年代から1600人以上の無実の証明につなげたという。会合の代表を務める稲葉光行・立命館大政策科学部教授(法情報学)は「私たちの技術と知見で冤罪を見抜き、真相解明に貢献したい」と話す。

未分類

証拠隠滅

Published by:

証拠隠滅

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍

事件の証拠品や捜査書類を自宅に持ち帰って隠すなどしたとして、愛知県警は24日、守山署刑事課の男性巡査部長(39)を証拠隠滅の疑いなどで書類送検し、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。巡査部長は同日付で依願退職した。

県警によると、巡査部長は2006年3月から14年3月にかけ、当時勤務していた愛知署と一宮署で取り扱った事件の証拠品など計1213点を持ち出して自宅に隠したり、破棄したりしたという。巡査部長は「処理が面倒くさく、異動を迎えて報告もできず、家に持ち帰ってしまった」と容疑を認めているという。

同県警では昨年、津島署の元警部補や守山署の警部補が証拠品を廃棄していたことが発覚している。

県警の大江英生首席監察官は「県民の信頼を損なう不祥事が相次ぎ、深くおわびする。業務管理を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

また県警は24日、江南署留置管理課の男性警部補(52)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。警部補は同日付で依願退職した。

容疑は3月12日午後3時55分ごろ、同県犬山市の市道で、酒気帯び状態で乗用車を運転し、民家の外壁や自転車に衝突したとしている。

県警によると、警部補は同日午後、自宅で缶ビールを飲んだ後、修理に出していた車を取りに行き、運転して帰る途中だった。警部補は容疑を認め「警察官としてあってはならないことをした」と話しているという。

未分類

証拠収集

Published by:

証拠収集

 

 

GPS捜査は「適法」と裁判所で判断が示されました

民事での調停や裁判といった紛争の場で、自らの立場を最も有利に運ばせる為に必要なのが「証拠」です。

 

この証拠がなければ裁判に勝つ事が難しい場合も多くあるだけではなく証拠もないのに、自らの主張すらできないことがあります。

しかし、民事においては、この証拠を自らの手で収集しなくてはならず、それは想像以上に大変な事なのです。苦労して証拠を収集してみても、プロのように的を得た証拠がそろえられるか解らないのが現状でしょう。確実な証拠を収集する為には、やはり私たちプロに証拠収集の調査依頼をした方が確実に成果が出ると思われます。

大阪府警が容疑者らの行動を確認するためにGPS(全地球測位システム)の端末(発信器)を車両に取り付けた捜査方法をめぐり、大阪地裁の長井秀典裁判長は27日、「プライバシー侵害は大きくなかった」として適法と判断した。GPS捜査は警察庁が2006年に内規で基準を定め、各地の警察が運用してきたが、裁判所が判断を示したのは初めてとみられる。

 

GPS捜査が焦点になったのは、郵便局で収入印紙を盗むなどして窃盗と建造物侵入の罪に問われた無職の男性被告(36)の公判。

 

27日の地裁決定などによると、府警と長崎、熊本両県警は被告ら4人が近畿や九州などで盗みを繰り返していたとみて、13年5~12月に被告らが使う計19台の車両に無断でGPSの端末を取りつけた。捜査員は位置情報が分かるインターネット上のサイトを通じて被告らの行動を確認したが、グループの一人がオートバイに付けられたGPS端末を見つけた。

未分類

政治家の証拠隠滅

Published by:

政治家の証拠隠滅

政治家の逮捕は留置場へ放り込み、捜索差し押さえ令状を持って突然行う必要があるようです。

 

小渕氏政治資金問題 家宅捜索前にHD破壊 ドリルで穴開けたパソコン発見

小渕優子前経済産業相(41)=群馬5区=の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が10月末に同法違反容疑で群馬県内の関係先などを家宅捜索した際、パソコンのデータなどを保存するハードディスク(HD)が捜索以前に破壊されていたことが19日、関係者への取材で分かった。

特捜部は、HDに保存されていたデータの内容や、破壊された経緯などを調べている。

小渕氏をめぐっては、政治団体「小渕優子後援会」などが平成22、23年に東京・明治座で開いた「観劇会」で、政治資金収支報告書に記載された支出が収入を大幅に上回っていたことが10月に判明。24年も観劇会は行われたが収支報告書には記載されておらず、群馬県の市民団体が同法違反罪などで同地検に告発していた。

特捜部は10月30日以降、同法違反の疑いで、同後援会の事務所や収支報告書を作成したとされる小渕氏の元秘書で群馬県中之条町の折田謙一郎前町長(66)の自宅や町役場などを家宅捜索。関係者によると、その際にドリルでHDに穴を開けたとみられるパソコンが見つかったという。

未分類

高齢者虐待

Published by:

高齢者虐待

 

1510施設で高齢者虐待の疑い 2012年以降で調査
自分の人生を自分で決め、周囲からその意思を尊重されること、つまり人生を尊厳をもって過ごすことは、介護の必要の有無に関わらず誰もが望むことです。しかし現実には、家族や親族などが高齢者の人権を侵害する「高齢者虐待」が問題となっています。高齢者の中には、辛くても不満があっても、声を出せない人がいます。あなたの身近にも、そんな人はいませんか?

様々な形態の虐待があります

「高齢者虐待」は、暴力的な行為(身体的虐待)だけではありません。暴言や無視、いやがらせ(心理的虐待)、必要な介護サービスの利用をさせない、世話をしないなどの行為(介護・世話の放棄・放任)や、勝手に高齢者の資産を使ってしまうなどの行為(経済的虐待)が含まれます。また、中には、性的ないやがらせなど(性的虐待)もあります。

「高齢者虐待」は、虐待をしている人に自覚があるとは限りません。高齢者が危険な状態におちいっていても、虐待の自覚がないことが多いのも特徴です。
厚生労働省が例示する高齢者への「虐待」とは
全国の介護施設や療養型病院のうち少なくとも1510施設で、2012年以降の3年間に高齢者への虐待があったり、虐待の疑いがあったりしたことが、厚生労働省の補助を受けたNPO法人の調査でわかった。調査に回答した施設の2割弱にあたる。人手不足の施設ほど虐待が多い傾向もみられた。

調査したのは、NPO法人・全国抑制廃止研究会(吉岡充理事長)。今年1~2月、全国の3万5278施設に郵送で行い、施設名を出さない前提で、虐待に関しては8988施設から回答があった。

このうち461施設が「虐待があった」、1049施設が「あったと思う」と答えた。虐待を受けたり、受けたとみられる高齢者数を聞いたところ、計2203人になった。

未分類

証拠調査士を育成

Published by:

証拠調査士を育成

証拠調査士とはトラブル解決、問題解決にあった対策を考え、その事案に関連する証拠を洗い出し、様々な案件に対応します。証拠調査士を育成

法律は全国民が全法律を理解しているという前提で適用されるため、知らなかったは全く通用しないのが当然のことです。

トラブル解決、問題解決は法律を十分に理解し活用することは、法治国家日本では当然のことといえるでしょう。

たとえば、浮気相手に慰謝料請求するとしましょう請求すること自体は当然の権利ですが、誤った請求だと、請求相手に恐喝だといわれかねないのです。

実際に問題となり事件になっているケースもあります。

権利の主張には「主張立証責任」は主張する側にあります。しかし何の証拠もなく主張する人は多くいます。実際に警察に相談しても動いてくれないといわれる方が多くいますが、根拠もなく動くことができないのが当たり前です。そんなことを嘆く前に証拠、根拠を提示するべきです。

アンバサダー調査事務所に相談ください力になります。
アンバサダー調査事務所では、クライアントの情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!クライアントがお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

弁護士盗撮で肖像権侵害
探偵による隠し撮りで肖像権などを侵害されたとして、京都弁護士会所属の弁護士2人が、東京都の探偵業者に計200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、京都地裁であった。橋詰均裁判長は請求を一部認め、業者に30万円の支払いを命じた。
判決によると、探偵業者は2013年7月、京都市内の同族会社の支配権をめぐる争いを調査する過程で、この会社の職務代行者を務めていた弁護士2人の隠し撮りを実施。2人の写真を掲載した報告書を依頼者に渡した。
橋詰裁判長は、弁護士は職業上、接触相手などを第三者に知られることを嫌う職業だと指摘。探偵業者が弁護士の写真を撮る必要性は乏しく、相手を弁護士と認識した後も撮影を続けたことで、肖像権を侵害したと判断した。

未分類

証拠調査士を育成 証拠調査士育成スクール

Published by:

証拠調査士を育成 

アンバサダー調査事務所は証拠調査士の育成をしています。

証拠調査士とは

日本における証拠調査士とは、裁判資料に使える証拠、警察に届けをすつ際に、警察も動かざるを得ない資料を収集できる人を指します。

現在、探偵業は、届出制になっていますがただ書類を提出するだけで、技術、知識は問いませんので、素人同然の調査レベルと、知識で運営している探偵社が、私個人の感想ですが、7割ぐらいいます。

実際に、当社に相談に来られるクライアントの中には、どう考えても使えない調査報告書を持ってくる方がいます。色々な事情があると思いますが、弁護士も依頼を受けてもらえなかったようです。

当社では、そのような時には調査のやり直しを勧め、どのようにしたいのかをクライアントと打ち合わせをし、それに応じた調査をできる探偵社に調査依頼していただくようにしています。

 

探偵社に、調査依頼する金額は数百万を超えることも少なくありませんが。使えない証拠収集のために1円でも使うべきではないと思います。

どんな探偵社が良いかといえば、誰かが紹介してくれる探偵社ですが、口コミサイト、などのネット情報は全て嘘と考えてもいいです。なぜなら、すべて自作自演だからです。

当社は、実際に探偵社の証拠調査士を育成をしていますので、クライアントの状況に応じて、ベストな探偵社を育成し皆様の信頼できる探偵社を育てていきます。

 

使える証拠を欲しい方は

証拠調査士 育成スクール

 探偵 岡山 アンバサダー調査事務所

 相談ダイヤル 086-226-1099

トラブル 相談 盗聴 電磁波 裁判資料