岡山 婚約破棄の慰謝料請求

婚約は、男女が結婚の約束をすることを言い、結婚前に、男女間で結婚の約束を結ぶことも少なくありません。そのことを婚約といいます。

婚約を取り交わした後に婚約を一方的に解消した場合、相手は精神的に大きく傷つくことになり、現実的に、結婚のためにお金をかけて準備していたり、仕事をやめてしまっていたりしている場合には、それが金銭的な損害となってしまいます。

婚約破棄に正当な理由が認められない場合、慰謝料等の損害賠償義務が生じます。

婚約の定義

婚約とは、法的に婚姻(結婚)契約の予約です。婚約が有効に成立すると、当事者は将来に婚姻(結婚)するように努める義務を負います。

もっとも、一方の相手が婚姻(結婚)なかなかしようとはしないからといっても、強制することはできません。

婚約破棄の慰謝料が認められるケース

実際にはどのような婚約破棄の態様であれば、慰謝料請求が可能であるかを考えましょう。

婚約が成立すると、婚約した者は「正当な理由」もなく婚約を履行しない相手に対して、損害賠償を請求することができます。

正当な理由の有無については非常に慎重に判断され、婚約破棄が正当なものとして許される典型的な例を考えてみます。

婚約相手の浮気

婚約者がいる状況でも、異性と浮気を行ったうえに、婚約破棄を申し入れてきた場合、あるいはこちらから婚約破棄を申し入れた場合、慰謝料を請求することが可能になります。

婚約相手が婚約者以外の異性と交際していることを示す証拠が必要になりますので、相手方が否定する場合には、メールや写真などあらゆる証拠を集めましょう。

当然。浮気調査で浮気の証拠をつかみましょう。

婚約相手が失踪をした場合

婚約相手が、結婚式直前に無断で家出したりして、失踪となったような場合、婚姻届け提出前に行方不明になった場合、婚姻届を提出することもできなくなります。

結婚式を予定していた場合はキャンセルせざるを得ない状況となり、損害が発生してしまいます。

婚約相手が婚約の解消を示さなくれも、婚約の不当破棄として、慰謝料を請求できる可能性があります。

しかし問題は、いくら慰謝料請求したくても居場所が分からなくては何も始まらないうえ、婚約破棄をした相手の状況が分からないのでは、気持ちの整理をつけることが出来ません。

そのような時には探偵アンバサダー調査事務所岡山の行方調査 失踪調査などの調査が当あなたの役に立ちます。

婚約相手から虐待 暴行 重大な侮辱を受けた場合

婚約相手方の虐待、暴行、侮辱行為は不法行為にあたる可能性があり、そのような行為があった場合は、婚約破棄に基づく慰謝料請求が認められます。

婚約相手に結婚式直前や初夜における異常な言動があり、その行為が原因で婚約を解消せざるを得なくなったような場合、慰謝料を請求できる可能性があります。

婚約があることが前提の婚約破棄の慰謝料請求

婚約は、口約束でも有効に成立します。結納が必要なわけではありません。ただ、婚約があったという証明するということを考えると、客観的な証拠があるほうが、証明しやすいとこ言うまでもありません。

婚約破棄の慰謝料を請求する場合、そもそも、婚約が成立していたのかが問題となることがよくあります。

軽い気持ちで「将来一緒に暮らしたい」などと発言したことが、相手方はプロポーズのように捉えてしまうこともあります。

真剣に交際している男女であれば、多かれ少なかれ、将来結婚することを意識しているものですが、婚約ということをどう考えるかは個人差があります。

婚約破棄を理由に慰謝料を請求すると、相手方から、「婚約していない」と反論されないようしておかなくてはなりません。

 婚約の証拠

婚約は、上記のように、当事者の口約束でも有効に成立しますが、口約束は言った言わないの水掛け論になりやすいです。よって、婚約があったことを推測させる、客観的な証拠があれば、強いです。
婚約指輪、結納、親族、両親への挨拶

正当な理由なくして、婚約を破棄した場合

脅すことは、厳密には、恐喝罪です。不倫(不貞行為)の慰謝料請求するのであれば、合法的にすることをお勧めします。示談も合法的対処方法です。

 慰謝料請求に証拠が必要か

証拠がなくても、慰謝料請求はできますが、相手がそれに応じて、不倫の慰謝料を支払ってくれればいいのですがそんなに簡単にいくことばかりありえません。

当然、証拠があるほうが、いろんな面で強いということは当たり前です。

婚約破棄の慰謝料の相場

裁判上は、通常ならば30万円から200万円というのが多いでように思います。
慰謝料は、心の損害ですので、具体的にはケースバイケースということになりますし、相手に悪意がある場合の慰謝料の増額も考えられます。慰謝料はいくらです、とは言いにくいです。

また婚約破棄に伴う慰謝料請求(心の損害)でだけでなく、婚約破毀にともなう実損害も、損害賠償請求できます。

「お悩み相談」、「浮気相談」のみの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。

婚約破棄の慰謝料請求

探偵アンバサダー調査事務所岡山

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山 倉敷 津山

恋愛と結婚の違い 婚約破棄の慰謝料請求

投稿者プロフィール

直美
直美面談員 調査員
探偵歴25年、未だに現場にも出て日々調査をしています。浮気調査だけでなくあらゆる調査をしています。行方調査から聞き込み調査もしたうえ面談員としても対応をしています。探偵アンバサダー調査事務所では、探偵は10年鼻たれ、20年でやっと探偵と呼ばれています。今までの経験をもとに様々なトラブルを解決します。

前の記事

妄想性障害