Monthly Archives: 6月 2015

リベンジポルノ

元交際相手の女性の裸画像投稿

Published by:

元交際相手の女性の裸画像投稿

画像をメールで第三者に送られたり、ネットに投稿されることもあります。一度、ネットに流れた映像は完全に消し去ることは不可能であると言われています。誰もがネットで情報収集をしている時代です。その画像を誰が目にするか見当もつきませんよね。たまたまあなたの知り合いが目にすることもあるでしょう。また、彼氏や親が見る可能性もあります。就職や結婚などを機会にあなたのことを調べる人がいた場合にうまくいかなくなるばかりか、誹謗中傷の的になってしまう可能性もあるのです。ネットの画像をダウンロードした人物が、数年後メールで第三者へ送ることも考えられます。放っておくと被害は制限なく拡大します。あなたの人生を大きく変える重篤な問題です。画像や映像が公になる前に、被害が大きくなる前に、早期解決が必要です。

 

画像や映像を基に脅されるケースは、はっきり言うと相手の方が強いと言えるでしょう。
画像や映像は「証拠」です。細工をされたもの以外は、事実を表しているのです。
それが、貴方自身の弱みなのです。
弱みを握られてしまったからには、簡単に当事者間での解決は難しいでしょう。

 

水面下での解決がご希望の方からのご依頼も多く寄せられています。
トラブルが起こった時は、早く相談してください。
相手の要求に応じてしまったばっかりに、ご自分の立場をより悪い方向へ進めてしまっている方も多いのです。
中には何年にもわたり、金銭を支払い続けている被害者もいました。
別の男性に成り済まし投稿
札幌地検は17日、かつて交際していた女性の裸の画像をツイッターに投稿したとして、私事性的画像記録の提供被害防止法違反の罪で、札幌市手稲区の大学生千葉慎太郎容疑者(22)を追起訴した。

起訴状によると、千葉被告は女性の交際相手の男性に成り済まして1月19日、女性の顔や胸などが撮影された画像3点をツイッターに投稿し、不特定多数が閲覧できるようにしたとしている。

千葉被告は女性に成り済まし、男性にストーカー行為をされているとウェブサイトに書き込んだとする名誉毀損罪でも起訴されている。

トラブル解決調査

ネットの情報

Published by:

ネットの情報

デマ

「デマゴギー」の略

1 政治的な目的で、意図的に流す扇動的かつ虚偽の情報。

2 事実に反するうわさ。流言飛語。「人を中傷する―を飛ばす」

リアルタイムで情報を簡単に得ることができるネット社会となった現在、簡単に誤ったニュースが拡散されていく危険性は高いが、一方ですぐにその情報を訂正できるという利点もある。

情報を拡散したものの責任として、誤った情報を流してしまったのに気が付いたら、流しっぱなしじゃなく、発信者はただちにそれを訂正し再送信することで、軌道修正できるんじゃないかな。

「嘘を嘘と見抜く」うんぬんより、見抜けなくても、きちんとみんなが後始末をしていくことで、ネットの明るい未来が見えてくるはず。とか、しょっちゅう間違いをおかしているパルモに言われても「おまえがいうな!」って感じだろうけれど、そこは一つ、カラパイアを見ている冷静沈着博識なおともだちの「気づき」で、指摘があればその都度訂正していくので、ご協力のほどよろしくお願いしますなんだ。っていうかしょっちゅう訂正してたりしてるので、もうみんな、気が付いているよね。ご迷惑をおかけしてますほんとにあたしったら。

大手のメジャーなサイトでも、たまに間違うこともあって、なんのアナウンスもなしに訂正されていることもあるからびっくりすることもあるけど、こんな大きいニュース配信サイトが間違うんだもの、人間だもの、じゃあしょうがないよなってなって、ちょっとほっとしたりなんかする自分がここにいたりなんかもするんだ。

犯罪トラブル調査

テロ問題

Published by:

テロ問題

近年国際テロは,発生件数が増大すると共に,地域的にも広範囲に拡大しており,世界の平和と民主社会に対する重大な挑戦となっている。さらに,国際テロを政策遂行の手段として積極的に活用するいわゆる「国家支援テロ」も注目を引いており,国際テロは益々複雑かつ困難な問題となって来ている。

また,飛躍的に増大している海外邦人の安全確保の観点からも,我が国にとって,国際テロは看過しえない深刻な問題となっている

従来より,理由の如何を問わず,いかなる形のテロにも断固反対するとの立場に立ち,国際社会全体の問題としてサミット諸国をはじめ志を同じくする諸国と共に,国際テロ防止のため国際協力を積極的に推進していくとの基本的立場を取っており,今後とも,このような立場を堅持し所要の措置をとっていくことが重要である。
元自衛官「イスラム国」入り図る

 

イラク北部のクルド人自治区で今年2月、20代の元自衛官の男性が自治政府当局に拘束され、日本に強制送還される事態が起きた。大阪府警が旅券法違反の疑いがあるとして元自衛官を在宅捜査していたところ、元自衛官がイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の支配地域に立ち入る意図があった、と話したことが23日、捜査関係者への取材で分かった。

元自衛官は現地で拘束された当時、迷彩服やヘルメットなどを所持していたという。イスラム国に向かった目的は明確にしていないとされるが、戦闘に加わる意思を持っていた可能性もあり、捜査当局が関心を寄せている。

捜査関係者によると、元自衛官は2月上旬、トルコから陸路でイラク北部に入った。クルド人自治区の中心都市アルビル周辺をバスで移動中、自治政府当局者の検問を受け、手荷物から迷彩服やヘルメット、GPS(衛星利用測位システム)が見つかった。イラク訪問について、観光目的で「トレッキング(山歩き)をするために来た」と説明したという。検問場所は外国人がイスラム国の支配地域に入る際に使われるルートに近かったため、自治政府側は、元自衛官がイスラム国入りしようとしていた疑いもあるとみて身柄を拘束、取り調べを行った。ただ、言語の問題で意思疎通が難しい事情もあり、数日後には釈放。日本へ強制送還され、2月中旬に関西国際空港へ到着した。

大阪府警は、元自衛官が帰国後に任意で事情聴取。元自衛官は渡航前にパスポートを申請する際、交通事故を起こして禁錮以上の刑が確定し、執行猶予中だったにもかかわらず、未申告だった疑いが浮上。府警は旅券法違反(不正行為による申請)容疑で在宅捜査しているが、その中で、イスラム国の支配地域に渡ろうとしていたことを打ち明けたという。

元自衛官が身柄拘束されたアルビル周辺は、クルド人の自治政府がイスラム国と戦闘を繰り広げている。今月も、米総領事館そばで自動車爆弾によるテロがあったばかりだった。

犯罪トラブル調査

金銭トラブル

Published by:

金銭トラブル

金銭トラブルは、今も昔も絶えることのない難解なトラブルの一つです。お金の貸し借りは、たとえ仲の良かった人に貸す場合でも、後にトラブルになってしまうケースも多々ございます。それが原因で長年培ってきた信頼関係が一気に崩れてしまうケースもございます。また貸した相手の方の行方が分からなくなって、どうしたらいいのか分からないというご相談も近年増加しています。

金銭トラブルは、事件に発展することも多くトラブルがこじれてしまうと大変なことになってしまいます。

下記の事件真実はどうなっているのでしょうか

10代での金銭トラブルは終わっています。

千葉・船橋市の18歳の少女が行方不明になっていた事件。監禁の疑いで逮捕されていた少年らの供述に基づき、警察が捜索したところ、少女とみられる遺体が見つかり、身元の確認を進めている。少年らと少女との間には、金銭トラブルがあったものとみられている。
千葉・船橋市在住の野口愛永(まなえ)さんが行方不明となっている事件が、24日、急展開した。
船橋東署捜査本部は24日午後9時すぎ、会見で「発見日時、本日午後4時26分、10歳代から20歳代の女性。現在、身元確認中であります」と発表した。
警察は、野口さんを車で連れ去った疑いで、主犯格とみられる住所不定無職・井出裕輝容疑者(20)、中野翔太容疑者(20)、16歳の少年、18歳の少女のあわせて4人を逮捕した。
主犯格とみられている井出容疑者は、調べに対し、野口さんを監禁した事実を認めている。
警察は、少年らの「遺体を埋めた」という供述に基づき、千葉県内の畑を捜索した。

見つかった遺体は、深さ1メートル、幅1.5メートルほどの土に埋まり、正座したような形であおむけになり、顔が、何かで覆われていたという。
船橋東署捜査本部は、「(関連事件の被疑者らによる犯行?)そのようにみておりますが、今後の捜査で明らかにしていきたいと思っております」と語った。
24日、警察に出頭した、井出容疑者ら4人が乗ったレンタカーで連れ去られ、3時間にわたり監禁、その後、行方不明となっている野口さん。
近所の人は「かわいいお嬢さんだわ」、「おとなしいよ、あそこの子どもさんちゅうのは。おとなしいし、人づきあいもいいし」などと話した。
元同級生の少女との間で、お金の貸し借りをめぐるトラブルを起こしていたことが判明。
野口さんの知人は、「お金関係で、連絡取れたり取れなくなったりとかが、多かったみたいですね。(金銭トラブルの話を)ちょろちょろ聞いてますね」と話した。
警察は今後、野口さんが、友人との金銭トラブルに巻き込まれたとみて、くわしい経緯を井出容疑者らから聴く方針。

犯罪トラブル調査

ドローン事件 テロリズム

Published by:

ドローン事件 テロリズム

 

テロリズムという言葉の持つ、強い反道徳性・反倫理性を活用するかたちで、「自らとは異なる立場に立つ者のアピールや実力行使」に対して、「それはテロリズムである」というレッテル(ラベル)を貼るという方法で、非難を行うという方法論・戦術がある(プロパガンダ)。この非難の対象とされるものには、しばしば政治的アピールや非暴力直接行動などが含まれる。歴史的にも労働運動やマハトマ・ガンディーの非暴力不服従運動をイギリス政府はテロリズムと位置づけた。

しかしながら、ある行動が、利害が対立する者からの「テロリズム呼ばわり」に基づいてテロリズムになるわけではない。利害対立者の行動をテロリズム呼ばわりするというのは、単に言語上の修辞(レトリック)である可能性があり、その行動がテロリズムに分類されるべきものであるかどうかを決定するものではないということには注意する必要がある。しばしば「利害対立者からのテロリズム呼ばわり」は、テロリズム呼ばわりした者とテロリズム呼ばわりされた者との不仲の存在証明にすぎない。

テロリズムは暴力が関わる複雑な現象である。テロリズムの中核的な概念は「社会への何らかの訴えかけが意図された、物理的被害よりも心理的衝撃を重視する暴力行為」であると捉えることができる。

 

 

昨年12月計画一度断念

 

 

首相官邸(東京都千代田区)屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件は25日、前日夜に出頭した山本泰雄容疑者(40)が逮捕されたことで急展開した。山本容疑者は関西電力大飯原発(福井県おおい町)から約5キロの同県小浜市に住んでおり、自身のブログで原発政策への抗議を訴えていた。被災地や反原発の活動に取り組む人たちには複雑な表情が広がった。【狩野智彦】

 

山本容疑者は小浜市内に住む「官邸サンタ」を名乗り、昨年7月から今年4月まで43本の記事を投稿していた。

昨年7月には、原発の立地自治体に隣接する同市について「原発が事故ると直撃コースだから避難することになる」と指摘。九州電力川内原発の安全審査の合格内定に触れ、「川内が動けばドミノ倒しのように全国の原発が動く」「再稼働まで時間ないからデモは一旦パス…再稼働に反対する活動ではなく再稼働を止める活動をしなくては」「テロをも辞さない」と書き込んでいた。

また、「反原発アピールなら汚染土か」として、昨年10月~今年3月に計3回、福島県の帰還困難区域周辺を訪れ、土を採取した経緯を明かした。第3次安倍政権が発足した昨年12月24日には、「新閣僚とマスコミがそろう官邸中庭に汚染土積んだドローンを下ろす」と、車で官邸周辺の駐車場に到着。しかし「飛ばせない…スティックを動かせば離陸できるのに」などと、いったんは断念した心境をつづっていた。

その後、4月8日に官邸へドローンを墜落させ、12日投開票の福井県知事選に混乱を生じさせようと計画。「(ドローン規制の)法整備前に飛ばしてしまおう」とし、ドローンや「汚染土100グラム搭載」とした容器と発煙筒、ドローンに貼り付けた「原発再稼働反対 官邸サンタ」とのメッセージなどの写真を掲載した。

実際に操縦した経緯も時系列で示し、7日午後に小浜市を出発し、9日未明にドローンを操縦、同日午前に同市に戻り、「帰宅後ニュースを見るが…何も報道ない」とした。22日にドローン発見が報じられると、「遅せーよ職員!」と反応しながらも、「放射線も感知してくれたか…液体とか言ってるけど土だし」「平常心を保つのが難しい」と明かした。小浜署に出頭した24日午前には「自分の無能さが悲しい」と書き込んだ。

集団ストーカー対策

集団ストーカー

Published by:

集団ストーカー

特定個人に対する組織的な監視、つきまとい、嫌がらせ行為の事をいいます。
現存するストーカー規制法は恋愛感情を伴う付き纏い・嫌がらせ行為を規制の対象としているため、集団・組織的な付き纏い行為である「集団ストーカー」については検挙・取締りをおこなう事ができません。
このため、「個人的な恨み」「企業のリストラ目的」等によるストーカー行為(つきまとい・いやがらせ)が現在日本国内でも存在しておりますが、
法規制の対象外となっているため取締ることができません。
海外ではガスライティングと呼ばれ、先進各国では日本同様の被害が報告されています。
アメリカでは、TV番組でも話題として取り上げられており、現在この犯罪行為を取り締まる法整備が進められています。
2大阪市中央区日本橋の市営地下鉄堺筋線日本橋駅で、大阪府警南署員から職務質問を受けた男が自動改札機を手で押し開けて突破し、ホーム内に侵入。そのまま線路に飛び降り、北方向に約100メートル走って逃げたが、追跡してきた署員が取り押さえ、建造物侵入容疑で緊急逮捕した。

同署によると、逮捕されたのは住居不定、無職の男(39)。容疑を認め、「集団ストーカーをされていたので逃げた」などと供述している。逃走の直前、改札付近で不審な行動をしていたという。

市交通局によると、同線は上下線8本が最大12分遅れ、約3300人に影響した。

ストーカー対策 ストーカー調査

ストーカー被害

Published by:

ストーカー被害

これってストーカー?どうすればいいの?誰が私に?
そうやって一人で悩んでいませんか?

最近、ストーカートラブルが多発しており中には殺人事件にまで発展するケースが あります。そしてそれと並行して増加しているのは盗撮や、盗聴です。

誰にでも簡単に盗聴器や携帯カメラを使って犯行におよぶことができるようになってしまったのです。 その結果、トラブルは減少するどころか増加の一途をたどっています。
付きまとわれている気がする。 通勤帰宅がいつも一緒の人がいる。 下着や洗濯物を盗まれる。 非通知で着信がかかる。 家で電話していると雑音が入る。 家の中の出来事なのに周りの人に知られている。
このようなことが身近で起こっているともしかするとストーカーや盗聴の被害に会われているかもしれません。
1年で2万3000件 依然最悪、摘発も最多
全国の警察が昨年1年間に把握したストーカー被害は2万2823件(前年比8・2%増)で、統計を取り始めた平成12年以降、3年連続で最多だったことが19日、警察庁のまとめで分かった。摘発も2473件(同30・9%増)と24年の統計開始以来、最も多かった。

警察庁は、被害の現状について「ストーカーに対する社会的関心が高まり、相談が増えている。危険性があると判断すれば積極的に事件化した」としている。凶悪なストーカー事件が相次いだことから、警察庁は27年度から警察官を増員するなど対策を強化している。

摘発の罪名別では、ストーカー規制法のストーカー行為が598件、脅迫465件、住居侵入309件など。殺人も14件(未遂9件)あった。摘発のうち9割以上の2242件は逮捕だった。

証拠調査士

証拠隠滅

Published by:

証拠隠滅

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍

事件の証拠品や捜査書類を自宅に持ち帰って隠すなどしたとして、愛知県警は24日、守山署刑事課の男性巡査部長(39)を証拠隠滅の疑いなどで書類送検し、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。巡査部長は同日付で依願退職した。

県警によると、巡査部長は2006年3月から14年3月にかけ、当時勤務していた愛知署と一宮署で取り扱った事件の証拠品など計1213点を持ち出して自宅に隠したり、破棄したりしたという。巡査部長は「処理が面倒くさく、異動を迎えて報告もできず、家に持ち帰ってしまった」と容疑を認めているという。

同県警では昨年、津島署の元警部補や守山署の警部補が証拠品を廃棄していたことが発覚している。

県警の大江英生首席監察官は「県民の信頼を損なう不祥事が相次ぎ、深くおわびする。業務管理を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

また県警は24日、江南署留置管理課の男性警部補(52)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。警部補は同日付で依願退職した。

容疑は3月12日午後3時55分ごろ、同県犬山市の市道で、酒気帯び状態で乗用車を運転し、民家の外壁や自転車に衝突したとしている。

県警によると、警部補は同日午後、自宅で缶ビールを飲んだ後、修理に出していた車を取りに行き、運転して帰る途中だった。警部補は容疑を認め「警察官としてあってはならないことをした」と話しているという。

犯罪トラブル調査

法投棄が原因かな

Published by:

法投棄が原因かな


不法投棄は犯罪です。

 

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(主に、廃棄物処理法、廃掃法と略される)に違反して、同法に定めた処分場以外(主に山中や海、廃墟など人目につかない場所)に廃棄物を投棄することをいう。

最終処分場などの逼迫により処理費用が高騰していること、合法的な経済活動では生成されない物質(硫酸ピッチ等)を秘密裏に処理する必要などから行われる。また、近年では、事業ごみを家庭ごみとして投棄する行為もある。なお、既設の中間処理施設や最終処分場に、許可要件を超えて搬入・保管している状態は、不適正保管などと呼ばれ、不法投棄ではない。

なお、日本における2007年度の不法投棄全体量の約78.8%が、建設系廃棄物である。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律では、不法投棄した者の責任ばかりではなく、適正な監督を怠った排出者(事業者)に対しても撤去などの措置命令が可能となっている。不法投棄に対する罰金刑の最高額は1億円である。

非常に高い放射線量 公園を立ち入り禁止に
東京・池袋の公園内で毎時480マイクロシーベルトという非常に高い放射線量が測定され、豊島区は23日、公園全体を立ち入り禁止にした。

高い放射線が検出されたのは豊島区池袋本町の「電車の見える公園」。豊島区によると、20日に区民から「放射線の高い所がある」と連絡があり、22日に区の職員が測定したところ、すべり台の下の部分から、1時間あたり2・5マイクロシーベルトを検出。さらに23日に原子力規制庁とともに測定をしたところ、1時間あたり480マイクロシーベルトという非常に高い放射線量を検出したという。

今回測定された放射線量は、福島第一原発に近く多くの住民が避難を余儀なくされている福島県浪江町などと比べても、約20倍と非常に高い放射線量で、近くで浴び続けると2時間程度で一般の人の年間被ばく線量限度に達する可能性がある。

専門家は、原発事故から4年がたっていることや、福島から距離のある東京都内の局所的な場所でしか計測されていないことなどから、原発事故と関係があるとは考えにくいと話している。

豊島区は、公園を立ち入り禁止とするとともに、地中に何らかの物質が埋まっている可能性もあるとみて、24日にもすべり台部分の土を掘るなど調査するという。

トラブル解決調査

金銭トラブル

Published by:

金銭トラブル

金銭トラブルは今も昔も絶えることのない難解なトラブルの一つです。お金の貸し借りは、たとえ仲の良かった人に貸す場合でも、後にトラブルになってしまうケースも多々ございます。それが原因で長年培ってきた信頼関係が一気に崩れてしまうケースもございます。また貸した相手の方の行方が分からなくなって、どうしたらいいのか分からないというご相談も近年増加しています。金銭に関して、現在お悩みの方はぜひ一度、私たちにご相談下さい。

 

18歳少女不明事件 少年と少女を監禁の疑いで逮捕

千葉・船橋市の18歳の少女が行方不明になっている事件で、警察が事情を聞いていた少年と少女を監禁の疑いで逮捕していたことがわかった。
船橋市の18歳の少女は、19日夜、知人らと県内の道路を歩行中に、乗用車に乗った男らに声をかけられ、その後、車に乗り、行方がわからなくなった。
少女の知人は「3日前から、うわさは聞いていた。車で誘拐されたみたい」と話した。
乗用車には、成人の男1人と少年ら数人が乗っていたとみられ、警察は、車数台を押収して検証を行い、車に乗っていたとみられる少年と少女から事情を聴いていた。
その後の捜査関係者への取材で、警察が23日、この少年と少女を監禁の疑いで逮捕していたことがわかった。
主犯格とみられる少年らは逃走していて、警察は、監禁事件として行方を追っている。
一方、少女の父親が取材に応じ、「犯人に心当たりはない。18歳になって、家が嫌になって出ていった。どんな形であれ、わたしは帰ってきてほしい」と答えた。

トラブル解決調査

ドローン問題

Published by:

ドローン問題

総理官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、この「ドローン」には、1.2キロ離れた場所からでも操縦を可能にする映像の伝送装置が取り付けられていたことが新たに分かりました。

見つかった「ドローン」は中国製の「PHANTOM2」という機種で、通常は目で見て操縦するものです。しかし、この「ドローン」には、操縦士の手元のモニターにリアルタイムで映像を送る装置が取り付けられていて、最大1.2キロ離れた場所からでも操縦ができるように改造されていたことが新たに分かりました。

また、この「ドローン」は機体全体の色が白から黒に塗り変えられたうえ、4か所のLEDライトに、光が漏れないよう黒いカバーが取り付けられていました。

警視庁公安部は、何者かが「ドローン」を夜間に飛ばす際、発見されにくいようにライト部分も改造していた可能性が高いとみて、「ドローン」が侵入した詳しい日時や操縦していた人物の特定を急いでいます。
首相官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件を受けて、政府は24日午後、関係省庁による連絡会議を開き、規制強化に向けた法整備などの検討を急ぐことにしている。
菅官房長官は「ドローンを利用しての犯罪防止を、まずしっかりとすることができるように」と述べて、ドローンなどを使った犯罪防止に向け、法整備や運用ルールの策定を急ぐ考えを強調した。
具体的には、首相官邸や皇居など、重要施設の上空の飛行を制限する法案を、早ければ、今の国会に提出する方針のほか、ドローンの事前登録制や、操縦の免許制などについても検討することにしている。

男女トラブル

男女 トラブル

Published by:

男女 トラブル

交際相手に暴行、47歳男逮捕

男女トラブルの内容は様々です。落ち着いた、信頼しあえる男性の存在は大きな支えとなり、また充実した時間を過ごすことができますが、何か問題がある場合は、良い仕事をしようと思ってもどこかでミスを犯してしまったり、隙が出てくるものです。

男女トラブルは、女性にとっては大きな悩みのタネとなるので日頃から気を付けておく必要があります。いい関係の時は起こらなかったトラブルも、別れる際に出てくるのです。そして、別れ方によっては相手がストーカーになったり、愛情が恨みに代わることもあります。男女トラブル特有のこじれた人間関係は早期解決が必須です。

また、東京で起こった女子高生殺人事件もありましたが、『リベンジポルノ』被害。気軽に撮影した、または寝ている間に撮影されたあられもない姿で映っている自分の写真や映像をもとにお金を要求されたり、会うことを強要されるなどの被害が起こっています。相手は、彼氏や元カレ、遊び相手、先輩、アルバイト先の店長、不倫相手など様々です。誰にも相談できずに一人で悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

今すぐ相談してください。秘密厳守ですのでご安心ください。

交際していた女性に暴行を加えたとして、警視庁高井戸署は28日、傷害容疑で東京都杉並区高井戸東、会社員鶴田知己容疑者(47)を逮捕した。女性は暴行を受けた数日後、急性硬膜下血腫で死亡。同署は女性の死亡と暴行に関係がないか慎重に調べている。鶴田容疑者は容疑を否認している。
同署によると、女性は杉並区浜田山の無職伊藤亜希子さん(41)。
逮捕容疑は20日ごろ、伊藤さんに暴行を加え、顔面打撲などのけがをさせた疑い。鶴田容疑者は27日に「女性がおう吐して意識不明になった」と通報。伊藤さんは病院に搬送されたが同日、死亡した。伊藤さんの顔や膝にはあざがあったという。
伊藤さんの母親が2月に計4回、同署に「娘が殴られている」と相談。同署は、伊藤さんにシェルターに避難することなどを勧めたが伊藤さんが拒み、被害届も出さなかったという。

リベンジポルノ

無法状態

Published by:

無法状態

情報拡散に責任意識を

 

凶悪事件が発生するたび、インターネット上で「犯人捜し」が起きている。特に過熱するのは少年事件だ。真偽が不確かな関係者の名前、住所、顔写真が掲載されるのは当たり前。家族とされる人の写真までアップされる。「加害者を許せない」という正義感や処罰感情を背景に、ネット上で繰り広げられる無責任な「犯人捜し」はまさに「私刑」だ。安易な情報拡散で「私刑」に加担すると、名誉毀損(きそん)などで訴えられる法的リスクを負う。どれだけのネットユーザーがこのことを理解しているのだろうか。

 

川崎市の中学1年、上村遼太さん(13)が殺害され、17~18歳の少年3人が殺人や傷害致死の非行内容で家裁送致された事件でも「私刑」が起きた。少年法は61条で、20歳未満の少年が関与した事件について、少年の特定が可能な報道を禁じている。そのため、新聞・テレビ各社は少年の実名などを明かしていない。週刊誌の対応は分かれたが、リーダー格の少年(18)の実名掲載に踏み切った「週刊新潮」も他の2少年は匿名だ。賛否はあれど、メディアとして一定の判断基準を持っている。

 

しかし、ネット上ではそうしたことを意識している人はごくわずか。「無法状態」のネット空間では、関係者に対する差別的な表現や報復を扇動する文言が飛び交い、「(加害者を)殺せ」といった暴力的な言葉まで見かける。少年法を議論する以前の問題だ。

川崎市の事件では、発生直後から「犯人グループ」として10人近い少年の実名や顔写真がアップされた。真偽に関係なく「疑い」の段階で書き込まれ、中には住所や家族関係などの情報もあった。誰かが掲載した情報が、事実かどうか確認されないまま次々と拡散されていった。

動画配信サイトを使い、逮捕された少年の自宅前とされる場所から生中継したネットユーザーが現れたほか、ニュースアプリ「スマートニュース」が3少年の実名と顔写真とされる情報が載ったサイトを「記事」として転載する事態も起きた。運営会社は「利用規約に違反」「運用基準に抵触」として、サイト上で閲覧できないようにしたが、一度広がった情報は簡単に消えない。

「無法状態」を止めるにはどうすればいいのか。検索大手ヤフーは「プライバシー保護」の要請が高い情報を検索結果から削除する際の基準を新たに示したが、「表現の自由」「知る権利」とのバランスなど課題は山積している。対策は、現実の後手に回っている。

 

たとえ善意で広めた情報でも、「加害者」になる法的リスクが発生する。発信者は特定され、その思いは一切関係ない。これが現実だ。誰でもネットを使い、多くの人に発信できるということは、誰もがリスクを背負う時代になったことを意味する。

夫の不倫浮気 慰謝料請求 妻の不倫 慰謝料請求

慰謝料が認められない事例

Published by:

慰謝料が認められない事例

 

婚姻関係破綻後(特に別居後)の不倫関係

判例では、婚姻関係破綻後の不倫は、法的責任がないとされています。ただし、証拠の有無で表向きそうなっただけで、真実とは異なるケースもけっこうあるのではないかと思います。
ちなみに、不倫相手と同棲するために別居して、婚姻関係が破綻したと主張する人がいますが、これは都合のよすぎる解釈です。婚姻関係の破綻の原因が、その不貞行為自体にあるなら、当然、不倫相手に法的責任はあります。

慰謝料の請求方法に違法性がある場合

暴力的な請求、嫌がらせ的行為、また、それまでまったく請求しなかったのに、夫の死後、夫の子の認知請求があったため、相続問題を牽制するために妻が夫の愛人を訴えたようなケースにおいて、信義誠実の原則に反し、権利の濫用(民法第1条の2,3)とされました。

性的関係が、夫の強姦、関係強要、セクハラで始まった場合

妻は、夫の相手の女性を憎むものですが、夫の不法な行為でやむなく性的関係に至った場合は、夫の不貞相手の女性には法的責任はありません。

時効が成立している場合

慰謝料請求の時効は、「損害と加害者」を知ってから3年(または行為のときから20年で請求できなくなります。)ですが、別居してから3年以上たつと、婚姻関係が破たんしてから3年以上たったとみなされ、時効によって慰謝料請求権が消滅する可能性があります。ただし、一方で、離婚した場合において、離婚時から時効の進行をカウントするとした裁判例があります。時効についての詳細はこちら

配偶者からすでに十分な慰謝料を受け取っている場合

不倫は共同不法行為ですので、損害賠償債務は一種の連帯債務となります。(不真正連帯債務)このため配偶者から多額の慰謝料を受け取っている場合は、それですでに慰謝されたと判断される場合があります。慰謝料として300万円を相当としつつ、配偶者から500万円の慰謝料をもらっていることを理由に、すでに十分もらっているとして棄却された事例があります。

不倫トラブル

不倫

Published by:

不倫

正しい考え、道徳的では無いこと。不倫理。

現代日本で、不倫と言えば男女間での良くない行為に対して使われやすい。 特に既に結婚しているのに他の人間にうつつを抜かす事がそう呼ばれる傾向にある。本来は、道徳から外れること全般に使われていた単語らしい。 不倫 男女間の浮気問題 男女間での不倫とは配偶者のある男や女が、配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことがそう呼ばれやすい。また、配偶者のいない男や女が、配偶者がいる異性と恋愛し、性交を行う場合も指したりする。 一部では、性交してない場合は不倫とはいえないとの考えもある。それ以外の場合は単に「浮気」というのかもしれないが、実際には不倫と浮気の両語は分別されて用いられてはいない (つーかセックスしなけりゃわるくないってもんじゃないだろ!) 。ただメディアが「不倫」と報じた場合、性行為に及ぶ関係であるとメディアは主張していると考えて良い  。   恋愛には色々な形があり、既婚者であるにも関らずの他の異性を好きになってしまう事もないわけではない。問題なのは、行動に移すか移さないかである。公になれば明らかに社会的な非難は避けられない。それは恋愛中の二人のみならず、相手にも確実に被害が及ぶ。さらにその相手が既婚者で子供がいる場合、確実に揉め事の種である。というか子供が一番かわいそうである。

証拠収集調査

和歌山カレー事件 冤罪

Published by:

和歌山カレー事件 冤罪

私には記憶に新しい和歌山カレー事件で新たな事実が明らかになった。もしかすると、これは決定的な新証拠になるかもしれない。

夏祭りの炊き出しで出されたカレーに猛毒のヒ素が混入し、4人の死者と63人の負傷者を出した「和歌山カレー事件」は、林眞須美被告が否認・黙秘を続ける中、2009年4月に最高裁で死刑が確定している。今回、その死刑判決の重要な判断材料の一つだった「亜ヒ酸の鑑定」において、新たな事実が明らかになったのだ。

今回問題となっている証拠は、犯行に使われたとみられる紙コップに付着していたヒ素(亜ヒ酸)と、林氏宅で見つかったヒ素とが同じ組成のものだったとする鑑定結果。林真須美氏の夫の健治さんがシロアリ駆除の仕事をしていたことから、林氏の自宅には普段からヒ素が保管されていたという。この鑑定結果は林真須美氏を有罪とする上で最も重要な証拠の一つだった。

亜ヒ酸の鑑定については、当時最先端の大規模研究施設「SPring-8(スプリング・エイト)」を使った鑑定によって、科学な裏付けがなされたと考えられてきたが、今回、それを否定する新たな検証論文が京都大学の河合潤教授によって発表された。河合教授が『X線分析の進歩44号』に発表した論文によると、カレーにヒ素を混入するために使われたとされる紙コップに付着していたヒ素と林さん宅にあったヒ素をより詳細に検証した結果、両者の間には明らかに異なる不純物が見つかったという。

これは科学鑑定の成果の一つである。

証拠収集調査

主張立証責任

Published by:

主張立証責任

 

被害者ぶっていても何も解決しません。主張するには自らの主張を証明することは当たり前のことです。

無過失証明できなければ責任あり

 

車同士が衝突し、センターラインをはみ出した側の助手席の男性が死亡した事故について、直進してきた対向車側にも責任があるとして、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが13日、福井地裁であった。原島麻由裁判官は「対向車側に過失がないともあるとも認められない」とした上で、無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき「賠償する義務を負う」と認定。対向車側に4千万円余りの損害賠償を命じた。

一般的な感覚では責任の配分が一方的となりそうな事故。はみ出した車は家族以外が運転していたため任意保険が使えず、この車に乗り死亡した男性の遺族補償が困難視されたケースだった。判決は遺族を救済する形となった。

原告側の代理人を務めた宮本健治弁護士によると、自賠法では「人身事故が起これば、自動車同士なら互いに共同不法行為となる。少しでも過失があるとなれば賠償責任が生じる」という。一見、「もらい事故」という形でも、無過失の証明ができなければ責任があるというわけだ。

一般的に責任の配分が「10対0」といわれる事故もあるが、「10」ならすべての責任を負うというイメージだった。“常識”を覆す判決といえる。

自分に過失がなくても、相手が任意保険に加入しておらず、十分な補償がしてもらえない場合がある。今回の判決のほか、他者運転危険担保特約や人身傷害保険など、さまざまなケースを救済できる仕組みがあることを知らない人も多いという。

盗撮器発見調査 盗聴器発見調査

会話を傍受TV

Published by:

会話を傍受TV

インターネットに接続してさまざまな情報を送受信できるスマートテレビ。次世代型家電の筆頭格だが、韓国サムスン電子の製品で傍受した会話が正体不明の第三者に流されるとの懸念が浮上し、同社が打ち消しに追われる事態となった。サムスンのスマートテレビの個人情報の取り扱い方針の中に、音声認識機能を通じ私的な会話が送信される可能性があるとの記述が見付かったためだ。韓国だけでなく、プライバシーや表現の自由に極めて敏感な欧米のメディアが相次いで報道し、業績改善を目指すサムスンにとっては、想定外の冷や水だった。

 

「私的会話や重要な情報を含め、発言の情報がデータとなって受信され、音声認識機能を通じて第三者に送信されますので注意してください」。サムスンのスマートTVのプライバシーポリシー(個人情報取り扱い方針)に掲載されていた告知が、思わぬ波紋を呼ぶことになった。

米インターネットメディアが告知の内容を紹介し、2月初めごろから一気に拡散。北米の薄型テレビ市場のシェアでサムスンは首位にあるだけに関心も高かったようだ。

「サムスン製テレビの前では発言に気を付けた方がいい。テレビの前で話した言葉はすべて傍受され、インターネットを介して送信されている」。米CNN(日本語電子版)が刺激的な表現で伝えたほか、英BBC放送も「サムスンがテレビの前で個人情報について話さないように注意している」と報道した。

証拠調査士

証拠収集

Published by:

証拠収集

 

 

GPS捜査は「適法」と裁判所で判断が示されました

民事での調停や裁判といった紛争の場で、自らの立場を最も有利に運ばせる為に必要なのが「証拠」です。

 

この証拠がなければ裁判に勝つ事が難しい場合も多くあるだけではなく証拠もないのに、自らの主張すらできないことがあります。

しかし、民事においては、この証拠を自らの手で収集しなくてはならず、それは想像以上に大変な事なのです。苦労して証拠を収集してみても、プロのように的を得た証拠がそろえられるか解らないのが現状でしょう。確実な証拠を収集する為には、やはり私たちプロに証拠収集の調査依頼をした方が確実に成果が出ると思われます。

大阪府警が容疑者らの行動を確認するためにGPS(全地球測位システム)の端末(発信器)を車両に取り付けた捜査方法をめぐり、大阪地裁の長井秀典裁判長は27日、「プライバシー侵害は大きくなかった」として適法と判断した。GPS捜査は警察庁が2006年に内規で基準を定め、各地の警察が運用してきたが、裁判所が判断を示したのは初めてとみられる。

 

GPS捜査が焦点になったのは、郵便局で収入印紙を盗むなどして窃盗と建造物侵入の罪に問われた無職の男性被告(36)の公判。

 

27日の地裁決定などによると、府警と長崎、熊本両県警は被告ら4人が近畿や九州などで盗みを繰り返していたとみて、13年5~12月に被告らが使う計19台の車両に無断でGPSの端末を取りつけた。捜査員は位置情報が分かるインターネット上のサイトを通じて被告らの行動を確認したが、グループの一人がオートバイに付けられたGPS端末を見つけた。

GPS発見調査

GPS問題

Published by:

GPS問題

愛知県警が無断でGPS 男性が提訴、県は棄却求める

愛知県警が無断で自家用車に全地球測位システム(GPS)端末を取り付け、プライバシーを侵害されたとして、名古屋市守山区の男性(21)が県に約140万円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が19日、名古屋地裁であった。県は請求の棄却を求めた。

訴状によると、原告の男性は今年3月中旬、自宅マンションの駐車場に止めていた乗用車の底に、磁石とともにGPS端末が取り付けられているのに気づいた。GPS端末は大手警備会社が貸し出しているもので、約1週間前に確認した際には取り付けられていなかった。相談を受けた弁護士が愛知県弁護士会を通じて警備会社に照会したところ、県警がGPS端末を借り受けていたことがわかったという。

原告側は、車の動きを監視する捜査は現行法では認められておらず、違法だと主張。約1週間にわたって行動を監視され、プライバシーを侵害されたことの慰謝料を支払うよう求めた。

GPS端末を使った捜査手法は、必要があれば許容されるという意見と違法な人権侵害だという意見があり、福岡地裁でも裁判になっていた。弁護士は口頭弁論後、「根拠となる法律がないのに、警察が独自の判断でGPS端末を取り付けるのは行き過ぎだ。認められれば監視社会になってしまう」と批判した。

県警によると、スマートフォン窃盗事件を捜査する過程でこの車が浮上し、GPS端末を使用したという。

誹謗中傷対策

誹謗中傷

Published by:

誹謗中傷

 

数々の誹謗中傷で心身ともに疲れ果ててしまうこと、これは大きな問題です。
しかし、自分ではどうにも出来ない状況になってしまっていませんか?
長引く誹謗中傷は、当事者間では解決できない深刻な問題に悪化していることがあるのです。
ライバル企業、近所の住人、ママ友、会社の同僚、友人、元交際相手など
誹謗中傷の相手は身近に生活している人物であることもあり、毎日が苦痛でウツになってしまう被害者もいます。
見かねたご家族からのご依頼も多いのです。

元交際相手をネットで中傷

 

元交際相手を誹謗中傷する内容をインターネットに書き込むなどしたとして、広島中央署は16日、名誉毀損とストーカー規制法違反の疑いで、広島市東区戸坂長尾台の女子大学院生(23)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は、1月30日~3月10日の間、16回にわたり、元交際相手の20代の男子大学生に、インターネットの掲示板サイトに誹謗中傷する内容を掲載して名誉を毀損し、ストーカー行為をしたとしている。

同署によると、掲示板サイトに被害男性の住所、名前を掲載した上で、「女たらし」などと書き込まれていたという。被害男性は昨年末に同署に相談。同署が3月末に女子大学院生に電話で警告したが、4月に入っても書き込みがあったことから逮捕に至ったという。

隠蔽工作調査

組織ぐるみの隠ぺい行為

Published by:

組織ぐるみの隠ぺい行為

 

野村総研強制わいせつ事件組織ぐるみの隠ぺい行為が認定

野村総研はこれまで、被害者女性に対し「事実無根」だとして名誉棄損を民事で提訴していたが、そもそも被害者女性にはなんら違法性も関与も立証もできず、和解もできずに提訴の取り下げを行って実質上の全面敗訴が東京地裁で確定している。そして被害者女性らの支援者に対しても名誉棄損として訴えたが、裁判所より「強制わいせつ行為や、野村総研はこれまで、被害者女性に対し「事実無根」だとして名誉棄損を民事で提訴していたが、そもそも被害者女性にはなんら違法性も関与も立証もできず、和解もできずに提訴の取り下げを行って実質上の全面敗訴が東京地裁で確定している。そして被害者女性らの支その上での隠ぺいのための野村総研側による脅迫行為などは真実の通りであり名誉棄損にならない」と裁判所の判決で認定されている。

野村総研は警視庁の捜査がY氏に行われた後にも、裁判所へ「警察の捜査など受けている事実はない」という主張を行っていたことが明らかとなった。

これについて東京高裁の裁判で指摘された野村総研は、同社代理人でこの主張を行った森・濱田松本法律事務所の高谷知佐子弁護士、上村哲史弁護士、増田雅司弁護士の3名からなる弁護団を通じて「(裁判長からの質問は)野村総研が性犯罪の被疑者になっているのかを尋ねる質問であったので、そのような事実はないと説明した」という主旨の反論を行っていることがわかった。これは「性犯罪の加害者を野村総研とする捜査だと間違えていた、野村総研のY氏を加害者とする捜査だとは思っていなかった」という苦しい反論だ。このような誤解を大手法律事務所の弁護団がすることなど、ありえるのだろうか。都内の弁護士は次のように語る。

「裁判資料を見ましたが、弁護士が『性犯罪の加害者を法人かと間違えていた』などということはありえません。性犯罪の加害者が法人でなく個人なのは当然すぎます。ましてや森・濱田松本の弁護士3名が総がかりで間違えていたなどとは、まず考えられません。少なくとも捜査機関の捜査に対して真摯でなければいけない企業の態度として、あまりにも不適切ではないかと思います。大手上場企業、そして大手法律事務所弁護士の倫理観として大きな問題ではないでしょうか」

野村総研はこれまで、「犯罪の可能性について把握していなかったのか」との筆者の取材に対し、「当社社員がそのような犯罪に係わったという事実はない」との回答を寄せている。そして事実が明らかになり、警視庁などの捜査を受けた上でも、いまだに被害者女性側への謝罪なども一切行わないという姿勢をとっているのは、企業としてあまりに不誠実ではないか。

すでに野村総研は組織的脅迫を行っていた事実が裁判所で認定されており、その対応についての責任も問われかねない事態となっている。さらに、一連の脅迫行為の真の目的は、中国での特別背任未遂等の疑いのある事件隠ぺいではないかという疑問も広まっている。

セクストーション

野村総研強制わいせつ事件

Published by:

野村総研強制わいせつ事件


この事件は、のちに組織ぐるみの隠ぺい、脅迫とつながる。

株式会社野村総合研究所(東証一部/以下、野村総研)は、同社中国北京社副社長だったY氏による女性への強制わいせつ行為、その通知を受けた同社による被害者女性側への脅迫行為、Y氏によるつきまとい行為が、東京地裁で「真実の通り」として認定されたことを受け、その取り消しを求めて東京高裁に付帯控訴のかたちで控訴したことがわかった。

同事件は、Y氏が取引候補先企業の日本人営業担当女性社員を会社のメールで呼び出し、さかんに酒を飲ませ酔わせた後、女性が乗るタクシーに乗り込んで性的嫌がらせを行い、さらに女性のひとり暮らしの自宅にまでついていき猥褻行為を働いたとされる、いわゆる「野村総研強制わいせつ事件」である。

この強制わいせつ行為の通知を受けた野村総研は、弁護士を使って「裁判にするなら友だちを法廷に呼び出してやる」「法的措置をとる」などと被害者女性に脅迫的な対応を繰り返した。そして同社の行為が社会的に悪質すぎるとして、被害者女性を支援する団体の一人(以下、支援者・A氏)が告発したが、ほかにもY氏による行為の被害者女性が多数いることを知った同社は、A氏と被害者女性の一人を「名誉棄損」だとして東京地裁に提訴していたのだ。

まず、被害者女性に対し起こされた裁判においては、当初から野村総研は性犯罪が親告罪であることを悪用して、被害者女性を裁判を使って恫喝し性犯罪の立件をさせないようにする手口を使っているのではないか、という批判が数多くなされていた。そして同社は被害者女性を訴えておきながら、裁判ではなんら名誉棄損の事実を証明することができず、被害者女性と和解もできずに訴えを取り下げて、実質上、同社の全面敗訴が確定した。

 
不倫トラブル

不倫の悩み解決

Published by:

不倫の悩み解決

不倫でお悩みの方は、アンバサダー調査事務へご相談ください。
現在不倫中の方、誰にもばれてはいけないと隠していることでしょう。
不倫していることがバレては社会的な地位や名誉が失われる可能性があります。
純愛と感じていても、不倫は不倫。
相手のご家族から見れば、迷惑なことでしかないのです。

 

不倫の誰にも言えない悩み

不倫相手にこういった事を言われていませんか。
「本当は一番愛している。」
「離婚して、君と結婚したい。」
「夫婦関係が冷め切っている。」
「子供がいなければ・・・」
愛情を感じてはいるものの、不倫を続けることで辛い思いをするのはあなたです。
不倫相手の言うことを信じられない、疑問を感じていませんか。

不倫関係を継続させるメリットとデメリット、
相手の言うことを鵜呑みにしてはいけません。
不安や疑問があるからこそ、悩んでいるのではありませんか。

アンバサダー調査事務へご相談ください。

 

不倫と妊娠 不倫相談室
先の見えない不倫関係であるのに、妊娠してしまった女性からのご相談も寄せられます。
また、不倫相手から妊娠したと告げられてどうすれば良いのかという男性からのご相談も増えています。

 

 

岡山の探偵 興信所 不倫調査はアンバサダー調査事務へ

証拠収集調査 証拠調査士 隠蔽工作調査

政治家の証拠隠滅

Published by:

政治家の証拠隠滅

政治家の逮捕は留置場へ放り込み、捜索差し押さえ令状を持って突然行う必要があるようです。

 

小渕氏政治資金問題 家宅捜索前にHD破壊 ドリルで穴開けたパソコン発見

小渕優子前経済産業相(41)=群馬5区=の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が10月末に同法違反容疑で群馬県内の関係先などを家宅捜索した際、パソコンのデータなどを保存するハードディスク(HD)が捜索以前に破壊されていたことが19日、関係者への取材で分かった。

特捜部は、HDに保存されていたデータの内容や、破壊された経緯などを調べている。

小渕氏をめぐっては、政治団体「小渕優子後援会」などが平成22、23年に東京・明治座で開いた「観劇会」で、政治資金収支報告書に記載された支出が収入を大幅に上回っていたことが10月に判明。24年も観劇会は行われたが収支報告書には記載されておらず、群馬県の市民団体が同法違反罪などで同地検に告発していた。

特捜部は10月30日以降、同法違反の疑いで、同後援会の事務所や収支報告書を作成したとされる小渕氏の元秘書で群馬県中之条町の折田謙一郎前町長(66)の自宅や町役場などを家宅捜索。関係者によると、その際にドリルでHDに穴を開けたとみられるパソコンが見つかったという。

告訴 告発

政活費不正議員を刑事告訴

Published by:

政活費不正議員を刑事告訴

東大阪市議会の政務活動費の不正支出問題で、同市の野田義和市長は15日、領収書を偽造するなどして政務活動費を不正に受け取った議員について、詐欺や有印私文書偽造・行使などの容疑で刑事告訴する方針を固めた。弁護士に手続きを委任し、今月中にまず1人について告訴状を提出する。

野田市長は複数の議員について告訴を検討していることを明らかにし、「公金を明確な意図を持って私物化した。市長として看過できない」と話した。

同市議会では昨年夏以降、政活費の運用マニュアルに反した事務所賃料や飲食費などの不正支出が次々と明らかになった。

野田市長は昨年12月、市監査委員に対し、2011~13年度の3年分の監査を要求。監査委は支出済みの約2万件(約2億8000万円分)の領収書を点検し、今年3月、大阪市内の高級ホテルで開かれた会合の開催日と領収書の日付が異なったケースなど、「不適切な支出が1488万円あった」と認定。野田市長に、議員が既に自主返還した額を差し引いた250万円を市に返還させるよう求めた。

一連の問題では、09~13年度分で32人が総額3883万円を自主返還。責任を認めた1人が議員辞職した。正副議長は2代続けて辞任している。

心霊調査

心霊調査

Published by:

心霊調査

心霊調査・心霊現象の解明

「家鳴りがする・・」「誰もいないのに 誰かに見られているようで怖い・・。」

など、この世の中には理屈や科学では割り切れないものがたくさんあります。また 他の人には見えない

ものが見えたり、声が聞こえてきたりといった現象をとらえる人もいます。最近 これと言って疲れるような

ことをしたわけでもないのに、身体が重たくて仕方がないとか、見えないものが見えるといったことも実際

あるのです。このようなことは、ほかの人には理解してもらえず、苦しい思いや辛い思いをしている人が多

くいます。このようなことでお困りの方はアンバサダー調査事務所へご相談下さい。土地の因縁、今起きて

いる心霊現象・現象の解明、悪徳霊能者の詐欺を暴くなど霊現象の解明を行っていきます。秘密厳守です

ので安心してお電話ください。専門の相談員が対応いたします。

TVが勝手についたり消えたりの異常障害

3月29日、三菱電機の液晶テレビ「リアル」で、視聴中や録画予約中に電源がオンとオフを繰り返すという、まるでオカルト映画のような障害が全国規模で発生した。日曜日の未明だったため、テレビを見ている人も多く、戸惑う利用者によるインターネットへの書き込みも相次いだ。ソフトウエアの不具合が原因で、障害は半日程度で収束したが、約168万台という大量の家電に一斉に障害が起きたことを考えると、便利さと裏腹なインターネット時代の怖さが浮き彫りになった。

ソフトウエアの不具合が原因

「また(電源が)ついたり消えたりが始まった」「フリーズ→再起動の繰り返し」「ゲームができないのが辛い」「アニメ最終回なのに」…

土曜から日曜に日付が変わってまもなく、インターネットの掲示板でこうした書き込みが相次いだ。障害を体験した利用者がネットを通じて情報を交換していたのだ。三菱電機によると、平成22年以降に発売された120機種、約168万台が対象。バックライトにLED(発光ダイオード)ではなくレーザーを使うなどして、「純度の高い三原色」(同社)を再現したというリアルには、根強いファンが多い。

障害は3月29日正午ごろに収まり、三菱電機はホームページで「お客様には大変ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません」と謝罪。4月9日には、原因はソフトウエアの不具合だったとして、13日から放送電波を使ってソフトを更新することで対応するとした。

ソフトの不具合とは何か。メーカー各社はテレビに内蔵されているソフトを更新するためのデータを随時、デジタル放送推進協会を通して配信しているという。テレビの機種ごとにデータを変えて送ることはできないので、各社のデータをまとめて送るがこの際、三菱電機のテレビのソフトは他社のテレビ向けに送られたデータを正常に処理できず、異常な反応につながってしまった。

証拠収集調査 証拠調査士 隠蔽工作調査

高齢者虐待

Published by:

高齢者虐待

 

1510施設で高齢者虐待の疑い 2012年以降で調査
自分の人生を自分で決め、周囲からその意思を尊重されること、つまり人生を尊厳をもって過ごすことは、介護の必要の有無に関わらず誰もが望むことです。しかし現実には、家族や親族などが高齢者の人権を侵害する「高齢者虐待」が問題となっています。高齢者の中には、辛くても不満があっても、声を出せない人がいます。あなたの身近にも、そんな人はいませんか?

様々な形態の虐待があります

「高齢者虐待」は、暴力的な行為(身体的虐待)だけではありません。暴言や無視、いやがらせ(心理的虐待)、必要な介護サービスの利用をさせない、世話をしないなどの行為(介護・世話の放棄・放任)や、勝手に高齢者の資産を使ってしまうなどの行為(経済的虐待)が含まれます。また、中には、性的ないやがらせなど(性的虐待)もあります。

「高齢者虐待」は、虐待をしている人に自覚があるとは限りません。高齢者が危険な状態におちいっていても、虐待の自覚がないことが多いのも特徴です。
厚生労働省が例示する高齢者への「虐待」とは
全国の介護施設や療養型病院のうち少なくとも1510施設で、2012年以降の3年間に高齢者への虐待があったり、虐待の疑いがあったりしたことが、厚生労働省の補助を受けたNPO法人の調査でわかった。調査に回答した施設の2割弱にあたる。人手不足の施設ほど虐待が多い傾向もみられた。

調査したのは、NPO法人・全国抑制廃止研究会(吉岡充理事長)。今年1~2月、全国の3万5278施設に郵送で行い、施設名を出さない前提で、虐待に関しては8988施設から回答があった。

このうち461施設が「虐待があった」、1049施設が「あったと思う」と答えた。虐待を受けたり、受けたとみられる高齢者数を聞いたところ、計2203人になった。

脅迫・恐喝解決 脅迫文

脅迫

Published by:

脅迫

芸能人の脅迫事件

ふかわりょうさんに「殺す」脅迫容疑 

刑法における脅迫とは「害悪の告知」をいう。脅迫罪(刑法222条)の成立が問題になる場合の他、強盗や強姦の手段として脅迫が行われた場合、強盗罪や強姦罪の成立が問題になる等、多くの犯罪類型において、行為態様の1つとして規定されている。それらの犯罪における「脅迫」の程度やその態様は、犯罪類型ごとに内容が異なる。

フェイスブック上でタレントのふかわりょうさん(40)を脅したとして、警視庁は川崎市に住む30代の女を脅迫容疑で逮捕した。麴町署への取材で10日わかった。女は容疑を認め、「メッセージを投稿したのに、うそをつくので許せなかった」と供述。署は刑事責任能力の有無を調べる。

署によると、女は昨年3月27日~4月1日ごろにかけて、フェイスブックのふかわさんのページに、「今すぐ死ねよ」「殺してやる」などのコメントを計14回書き込み、脅迫した疑いがある。女は「ふかわさんのファンだ」と話しているという。ふかわさんが昨年12月、署に被害届を出していた。

 

脅迫、恐喝、強要といった問題は、当事者間ではなかなか解決に至らないことでしょう。
弱い立場に付け込まれるのが、脅迫や恐喝、強要の被害に遭う理由です。
中には不当な要求をされることもありますが、
多くは、脅される理由があります。
この理由になる脅迫のネタは、誰にも話せないような内容であることから
警察にも相談できない、弁護士にも断られる
そして、一人で悩む結果となるのです。

犯罪トラブル調査

贈賄の下請け業者

Published by:

贈賄の下請け業者

 

最近、企業内での問題や事件がテレビや雑誌等で報道されることが多くあります。

こうした不祥事がが発覚すれば、今まで築いてきた信用やイメージ、社員の自社への不信感、意識の低下などそ

の企業が被る損害は予想をはるかに上回るものとなります。

そのため、ますますリスクマネージメントやその問題の原因の解明が必要になってきます。

不正不防止にあたっては、次のポイントを押さえておく必要があります。

1、不正事実の全体像をつかむ
2、その事実から体制を立て直し、二度と同じ過ちが起きないようにしていく
3、不正が生じないように体制を強化していく
不正行為は社員やそれに関わる人が行うのであって、その人間の欲求や考えを把握し未然に防ぐこと、対処が適切でないと何度も行われるかもしれないのです。

 

JR貨物(東京都渋谷区)の物流施設工事を巡る贈収賄事件で、JR会社法違反(収賄)容疑で逮捕された同社事業開発本部グループリーダー、富永英之容疑者(45)が、贈賄側の電気設備会社「カナデン」(港区)の空調1課長、三枝裕祐容疑者(47)から接待を受けた年に初めてカナデンが工事の下請けに入っていたことが捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査2課は、発注担当の富永容疑者が元請け企業にカナデンを下請けに入れるよう働きかけた可能性もあるとみて調べている。同課は11日、JR貨物本社の家宅捜索に入った。

同課によると、富永容疑者は2012年6月~14年8月ごろに計7回、三枝容疑者から川崎市の風俗店で約43万円分の接待を受けたとして逮捕された。

カナデンはそれまでJR貨物の工事を受注したことはなかったが、最初の接待が行われた半年後の12年12月に初めて、品川区八潮の複合物流施設「エフ・プラザ東京」の改修に伴う2件の空調・照明設備工事の下請けに入った。翌13年11月にも新築する同施設の電気設備工事1件で下請け業者に選ばれていた。

富永容疑者は12年3月に工事の発注を担当する同本部グループリーダーに就任したが、三枝容疑者とはそれ以前から知り合いだったといい、同課は2人の癒着の経緯を調べる。