Tag Archives: 離婚

未分類

離婚

Published by:

離婚

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

タレント鈴木紗理奈(36)さんが、

レゲエユニット「Infinity16」のTELA―C(テラシー)との

離婚を発表したようです。3日に離婚届を提出。

 

音楽を通して知り合い、5年間の交際を経て08年12月に結婚した。10年2月には長男(3)が誕生している。

 

互いに自己主張が強いためケンカの多い夫婦だったが、離婚を決断した理由は、夫の度重なる浮気に「紗理奈が耐えきれなくなった」。紗理奈は結婚後にバラエティー番組で夫の浮気について赤裸々に話した。

 

結婚前は知らない女性から夫に連絡が入るだけで怒っていたが、

結婚後は「自分は嫁だから」 と自分に言い聞かせていると明かしていた。

その際に「相手を信頼するしかない」とも話していたが、2人の信頼関係はもはや修復不可能な状態。約5年の結婚生活にピリオドを打つことになった。

 

信頼は、事実を見て判断するべきです。

何の根拠も無く信頼・信用することは空想でしかありません。

知らないから、不安になるのです。

真実は一つです。

 

浮気調査 不倫調査は、

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

 

 

 

 

アンバサダー調査事務所では、

 

証拠を活用出来る人材

 

証拠調査士の育成もしています。

 

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

 

クライアント満足度を上げて、

 

収入アップにつながる資格でもあります。

 

お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校

086-226-1099

未分類

『ウラの顔』

Published by:

『ウラの顔』

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

誰にでも『ウラの顔』はあると思います。

とくに、女のウラの顔は怖いと思いませんか?

普段は、言葉使いが荒いが、

男性の前では、キレイな話し方をする。

合コンでは、彼氏はいないことにしているが、

本当は、ラブラブの彼氏がいる。

仲のよい友達をよそおっているが、

悪口ばかりいっている・・・

家では、良き妻良き母を演じているが、

昼間に浮気を楽しんでいる。

このような裏表の行動は、周りを見れば一人や二人はいるものです。

男女トラブルや、近隣トラブルのもとです。

 

浮気調査、素行調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所まで。

086-226-1099

秘密厳守ですので、ご予約をお取りください。
年末は 浮気調査にはいい時期です。

離婚を優位にすすめたい方は、ご依頼ください。

 

~お知らせ~

ストーカー被害に合っていませんか?

初めは行為や興味から始まったストーカー行為でも、

時間が経つとともに歪んだ愛情に変わっていったり、

自分の存在を意識させる事に目的が変わったりと

エスカレートしていきます。

ストーカー被害相談 ストーカー対策は、

岡山 アンバサダー調査事務所へご依頼ください。

086-226-1099

未分類

結婚 離婚

Published by:

結婚 離婚

 

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

結婚離婚を何度もする人もいれば、一生結婚しない

出来ない人もいます。
独身男性の約半分は、交際経験がないというデーターが出ているようです。

 

独身女性は彼とどのような理由で彼との別れを決めるのでしょうか。

・結婚する覚悟がない
責任を取るのを恐れる男性。女性にとってもこれが別れる一番の原因になるそうです。

・恋愛関係の進行度が早すぎる
もっとじっくり育てて行きたい恋愛関係が急に進み、彼について行けず別れを決意することに。

・彼にお金がない
パートナーの経済力は大事なんですね。
生きる力が乏しいのは考えものです。
・彼が子供である
ゲームをしたり男友達と悪ふざけをしたり・・・
幼稚な男性は、めんどくさいのかも。
子どもが出来ると、大変なことになりかねません。
・彼の友達や家族が好きになれない
反りが合わない家族や友達とは、難しいですね。
結婚と恋愛の違いです。

・なんか違う
何が間違ってるとかじゃないんだけど、彼とはなんか違う…。

・結婚しないのに付き合う意味がない
結婚する意思がない状態がずっと平行的に続いている…。
・彼を信じられない
浮気や他の問題で彼を疑いがちになる。
先の見えない恋愛は、時間の無駄と考える女性もいます。

出産の事を考えると、

無駄な時間は女性の価値を下げることにつながるようにもなりかねない。

後悔しない恋愛を結婚をしたいものですね。

 

素行調査は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

女性トラブル相談

盗聴や盗撮、別れ話トラブル、 夫婦問題 ストーカーなどさまざまなトラブルが女性には起こります。

心と体はつながっています

未分類

男女トラブル・離婚 人事訴訟

Published by:

男女トラブル・離婚

離婚にあたっては、離婚をすることやその条件について、夫婦で取り決め(合意)をしたり、話し合いがつかない場合には調停や裁判をしたりする必要があります。

また、収入が少ない配偶者が、収入が多い配偶者に対して、離婚までの生活費を求めることもあります。

1 人事訴訟とは

離婚や認知など、夫婦や親子等の関係についての争いを解決する訴訟を、「人事訴訟」と言います。

人事訴訟のうち、代表的なものは離婚訴訟です。離婚訴訟では、未成年の子どもがいる場合に離婚後の親権者を定めるほか、財産分与や子どもの養育費などについても離婚と同時に決めてほしいと申し立てることができます。

また、離婚訴訟とともに、離婚に伴う慰謝料を求める訴訟を起こすこともできます。

2 人事訴訟の手続

夫婦や親子等の関係についての争いは、基本的に話合いにより解決するのが適当であると思われますので、まずは家事調停を申立てていただくことになりますが、家事調停で解決ができない場合には、人事訴訟を起こすことになります。

人事訴訟は、民事訴訟の一種ですので、基本的には民事訴訟の審理手続と同じ手続で行われますが、家庭裁判所における人事訴訟においては、参与員が審理や 和解の試みに立ち会い、意見を述べたり、子どもの親権者の指定などについて、家庭裁判所調査官が、子どもに面接して調査したりすることがあります。

3 人事訴訟の管轄
(平成16年4月1日以降に新たに人事訴訟を提起する場合)

原則として、当事者(離婚であれば夫又は妻)の住所地を受け持つ家庭裁判所です。

ただし、その家庭裁判所と人事訴訟を起こす前に家事調停を取り扱った家庭裁判所とが違う場合は、家事調停を取り扱った家庭裁判所で人事訴訟を取り扱うこともあります。

4 人事訴訟の終了等

人事訴訟は、裁判官の判決によって争いを解決するほか、離婚訴訟や離縁訴訟については、和解によって解決することができます。

判決が確定した場合や、離婚訴訟や離縁訴訟について和解が成立した場合には、その内容に応じて、戸籍の届出等を行うことが必要です。また、判決や和解が 金銭の支払いを目的とするような場合には、その支払を受けることができるようになります。

さらに、支払の義務がある人がこれに応じない場合には、地方裁判 所で強制執行の手続きをとることもできます。

未分類

裁判で離婚するための条件

Published by:

裁判で離婚するための条件

離婚する理由は人それぞれだ。「妻が浮気。一緒にいるのが耐えられません」「○○力夫と別れたい」「夫が働かず、私が働いたお金をお酒や○○で使ってしまいます」など、個々の事情は数え切れない。
一方が「離婚したい」と言っても、相手の同意を得られるとは限らない。離婚を切り出されたとたん、「二度と浮気はしない」「一生懸命働く」と宣言し、「絶対に離婚はしない」と抵抗する人も珍しくはない。
夫婦間で話がまとまらなければ、家庭裁判所での「離婚調停」を経て、最終的には裁判という話になる。しかし、裁判で離婚が認められるためには、法律上の「離婚原因」が必要となります。
どのような理由なら、法律上の「離婚原因」として認められるのだろうか。
民法には5つの「離婚原因」が書かれている
「裁判で離婚が認められるためには、民法770条1項各号に定められた5つの離婚原因のうち、1つ以上を満たす必要があります」という。それぞれどんなものだろうか。

(1)不貞行為(770条1項1号)。これは、「既婚者が、自由意思で、配偶者以外の者と性的関係を結んだ場合」だという。
(2)悪意の遺棄(770条1項2号)には、「正当な理由なく夫婦の同居義務、協力義務、扶助義務(752条)に違反する場合です。生活費を入れないようなケースが該当します」という。
(3)3年以上の生死不明(770条1項3号)と、(4)回復の見込みのない強度の精神病(770条1項4号)は比較的、文字通りに近い。
数多くのケースが「その他婚姻を継続し難い重大な事由」にあてはまる
(5)その他婚姻を継続し難い重大な事由(770条1項5号)だ。あっさりとした記述だが、具体的にはどのような内容が当てはまるのだろうか。
「婚姻関係が破綻して回復の見込みがない場合、770条1項1号~4号に該当しなくても、婚姻を継続し難い重大な事由として離婚が認められます。
具体的には、暴行・虐待(DV)、性格の不一致、価値観の相違、宗教問題、性的不能、性交拒否、性的異常(性行為をしてくれないとか、異常な○○癖がある等)、配偶者の親族との不和(嫁姑問題)、不貞に類する行為(不貞行為未満の異性との親密な交際等)、770条1項4号に該当しない○○障害、難病・重度の障害などのケースです。」
さすがに、その他というだけあって、かなり多彩な内容が当てはまるようだ。
しかし、これらに該当しても、裁判所は「離婚を認めない」ことができる
もしこういった項目に当てはまるとしても、それだけで即、離婚が認められるというわけではない。どういうことなのか。
「裁判所は、770条1項1号~4号の事由があっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却できます(770条2項)」
裁判所はあらゆる事情を全て考え合わせたうえで、夫婦を離婚させないこともできるということだ。
結婚を破たんさせた側が離婚を請求しても認められにくい
離婚請求が認められるかどうかについては、もう一つ、重大な注意点があるという。それはどのようなものだろうか。
「破たんについて責任のある者(有責配偶者)からの離婚請求は、原則として認められません。たとえば不貞行為をした夫が、愛人と再婚したいがために、妻との離婚を求めて訴えるのは基本的にはダメだということです」
自分が結婚を破たんさせておいて、「離婚だ!」と裁判を起こすというのでは筋が通らないだろう。ただ、「原則として」ということは、「例外的に」認められる場合もあるということだ。それにしても離婚の理由はずいぶんと色々とある。

未分類

男女トラブル・離婚

Published by:

男女トラブル・離婚

離婚にあたっては、離婚をすることやその条件について、夫婦で取り決め(合意)をしたり、話し合いがつかない場合には調停や裁判をしたりする必要があります。

また、収入が少ない配偶者が、収入が多い配偶者に対して、離婚までの生活費を求めることもあります。

1 人事訴訟とは

離婚や認知など、夫婦や親子等の関係についての争いを解決する訴訟を、「人事訴訟」と言います。

人事訴訟のうち、代表的なものは離婚訴訟です。離婚訴訟では、未成年の子どもがいる場合に離婚後の親権者を定めるほか、財産分与や子どもの養育費などについても離婚と同時に決めてほしいと申し立てることができます。

また、離婚訴訟とともに、離婚に伴う慰謝料を求める訴訟を起こすこともできます。

2 人事訴訟の手続

夫婦や親子等の関係についての争いは、基本的に話合いにより解決するのが適当であると思われますので、まずは家事調停を申立てていただくことになりますが、家事調停で解決ができない場合には、人事訴訟を起こすことになります。

人事訴訟は、民事訴訟の一種ですので、基本的には民事訴訟の審理手続と同じ手続で行われますが、家庭裁判所における人事訴訟においては、参与員が審理や 和解の試みに立ち会い、意見を述べたり、子どもの親権者の指定などについて、家庭裁判所調査官が、子どもに面接して調査したりすることがあります。

3 人事訴訟の管轄

(平成16年4月1日以降に新たに人事訴訟を提起する場合)

原則として、当事者(離婚であれば夫又は妻)の住所地を受け持つ家庭裁判所です。

ただし、その家庭裁判所と人事訴訟を起こす前に家事調停を取り扱った家庭裁判所とが違う場合は、家事調停を取り扱った家庭裁判所で人事訴訟を取り扱うこともあります。

4 人事訴訟の終了等

人事訴訟は、裁判官の判決によって争いを解決するほか、離婚訴訟や離縁訴訟については、和解によって解決することができます。

判決が確定した場合や、離婚訴訟や離縁訴訟について和解が成立した場合には、その内容に応じて、戸籍の届出等を行うことが必要です。また、判決や和解が 金銭の支払いを目的とするような場合には、その支払を受けることができるようになります。

さらに、支払の義務がある人がこれに応じない場合には、地方裁判 所で強制執行の手続きをとることもできます。

未分類

ご縁ハンター

Published by:

ご縁ハンター

 

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

観月ありささんのドラマ『ご縁ハンター』を見ました。

いろいろ思う事があります。

昔は、頑張らなくても結婚なんて誰でも出来ると思っていましたから(笑)

そんなことは、無いようで・・・

でも、真剣すぎると怖いな~とも思いました。

ここのドラマを見ていると、複雑な気持ちになりますね。

『生理的に無理!』と言うのに、バックを買わせたり、

『恋愛と結婚は別』だと、割り切っていたり。

結婚に夢を求めるような年齢ではありませんが、

モヤモヤした気持ちになりました。

ネットや結婚相談所を利用する事も出会いの一つですが、

結婚詐欺にあう人がいる事も事実です。

お困りの方は、ご相談ください。

 

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

~お知らせ~

ストーカー被害や盗聴・盗撮の被害に遭われている方、

ご相談ください。

一人暮らしの女性のプライベートが狙われやすく、注意が必要です。

盗聴器発見調査・盗撮機発見調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

当社は、完全秘密主義です。あらかじめご予約をおとりください。

お気軽にどうぞ。

 

浮気調査ならアンバサダー調査事務所

離婚や慰謝料など大きな問題に発展しないと高をくくっている場合によくあります。
浮気調査・離婚問題の優位な解決のご相談は、

岡山 アンバサダー調査事務所まで。

086-226-1099

未分類

岡山県の離婚の実態

Published by:

岡山県の離婚の実態

岡山県の離婚相談・離婚問題 岡山・倉敷・津山

岡山県の離婚件数

2007年度における 岡山県の離婚件数は3657件で、1日に10組もの夫婦が離婚している計算になります。この数字は全国47都道府県中20位です。

全国の離婚件数は2000年から7年連続で25万件を超えています。(人口動態調査より)

全国の男女別離婚申し立て件数

女性からの離婚申し立て件数は 46,066 件で、そのうち浮気(異性関係)を原因としたものは 12,069 件となり 26.2 %を占めます。これは離婚申し立て原因として、性格の不一致 45.6 %、暴力を振るう 29.1 %に次いで第 3 位となります。
男性からの離婚申し立て件数は 19,199 件で、そのうち浮気(異性関係)を原因としたものは 3,417 件になり 17.8 %を占めます。性格の不一致 62.2 %に次いで第 2 位となります。(司法統計より)

上記の数値はあくまでも申し立て件数であり、中には浮気(異性関係)が原因であっても、協議によって離婚が成立した場合や和解で済んだ場合、子供のためにと我慢している場合など、浮気(異性関係)で悩んでいる人の数ははかり知れません。私どもにおいても、 2009 年度浮気調査の相談問い合わせ件数は 150件を超えています。

 

 

離婚相談なら

岡山の探偵社 アンバサダー調査事務所

 

相談ダイヤル 086-226-1099

未分類

離婚の方法

Published by:

離婚の方法

まずは話し合いによる離婚(協議離婚)を目指して交渉から始めます。協議では合意できない場合、家庭裁判所で調停を行います。

調停とは裁判所での話し合いであり、双方が合意しなければ成立しません。調停が成立しない場合、訴訟を提起することになります。

  調停離婚とは

相手方に、協議離婚に応じてもらえない場合には、すぐに離婚の裁判をするのではなく、家庭裁判所に離婚調停の申立てを行う必要があります。調停には、裁判のような強制力はないため、裁判所として離婚が適切だと判断する場合でも、最終的に夫婦の合意がなければ離婚は成立しません。調停において相手方が離婚に応じない場合にはじめて裁判となるのです。

離婚の話し合いがまとまらない場合、また別れることには同意できても、親権者・監護者が決まらない、養育費、財産分与、慰謝料、面接交渉などの条件で同意できないケースなどは、家庭裁判所に調停を申したてる方法で成立する離婚のことです。離婚全体の約9%を占めています。

裁判と混同している人がいますが裁判とは全く別で、裁判の前には調停をしなければなりません(調停前置主義)。例外として、相手が行方不明の場合、調停のしようがありませんので、初めから地方裁判所に裁判を起こすことができます。

家庭裁判所というとなじみもないし不安に感じたり、弁護士が必要なのではないかとためらったり、費用がかかるのではないか、そもそも離婚するかどうか迷っているという人は、家庭裁判所の家事相談室であらかじめ相談することもできます。相談は無料で、相談したからといって調停を申したてなければならないということもありません。今後の対策の参考にすればよいと思います。

離婚するか迷っていても調停の申立てはできる

離婚すべきか気持ちがはっきり決まらなくて迷っている状況でも調停を申し立てることができます。家庭裁判所の夫婦関係に関する調停は、広く「夫婦関係調整調停」と分類されていて、離婚を求めるものだけではなく、それぞれの夫婦の悩みに合わせて裁判所が夫婦関係の仲裁をしてくれるものです。

離婚の理由は問われない

調停の申立てに法律的な離婚理由は必要ありません。有責配偶者からの申し立てかどうかは問われず、有責者からの調停申立も認められます。

さまざまな問題を同時に解決できる

離婚そのものに限らず、親権者・監護者、養育費、財産分与、慰謝料、婚姻費用、面接交渉など離婚に関するあらゆる問題を同時に解決できます。

離婚の意思は双方合致しているけれど、その他の問題が解決されていないため協議離婚ができないような場合でも、調停を申し立てることができます。

 離婚調査なら

岡山の探偵社

アンバサダー調査事務所

談ダイヤル 086-226-1099

未分類

離婚の準備

Published by:

離婚の準備

探偵 岡山・倉敷・津山

離婚を決意する前に

離婚をするには、まず離婚後の生活に向けて準備をしておく必要があります。最低でも離婚する1年前から仕事を見つけたり、住む場所を確保したりといった準備をしていかなくてはなりません。離婚のための準備すべき点を整理しておく必要があります。

準備期間は1年ぐらいをめどに考えましょう。 1, 1年とはいえ、その人その人が抱えているものや状況によって、当然前後してきます。 2, 貯金が全くないという人は、まず離婚を考え出してから1年間分の生活費を蓄えなければい けません。離婚しても生活費がなければ生活もままなりません。 3, 相手の不倫等の原因で離婚する人は、証拠をとることも大切です。離婚原因がパートナーの不貞 行為なら慰謝料の金額、離婚条件も変わってきます。 4,仕事を持ち、定収入がある人でも、慎重に今のうちしておくべきことは何か考えてみましょう。

1,住む場所の確保  実家に住めればそれに越したことはないです。

2, 賃貸マンション・アパートに住む為の資金、〈前家賃・敷金・礼金・手数料などの金額)

3,母子寮各自治体に問い合わせてみましょう。

4, 県営住宅ひとり親家庭の優遇制度がありますが、離婚成立後でないと該当しないこともありますので自治体に問い合わせてみてください。

 

離婚の準備

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山 倉敷 津山

男女 トラブル  離婚トラブル 盗聴調査 大阪  電磁波調査 大阪