偽装結婚トラブル解決

偽装結婚

マッチングアプリやSNSを使った偽装結婚が相次いでいます。男女が逮捕。

2人、戸籍上は「夫婦」なんですが、その結婚をめぐって浮上した疑いは「偽装結婚」。

トルコ国籍の容疑者と日本国籍の容疑者の2人は他の男らと共謀し、容疑者の長期在留資格を取得するため、うその婚姻届を提出した疑いがもたれています。

夫婦としての実態がないとみられている2人。警察は認否を明らかにしていません。

一連の偽装結婚事件では、外国人らに加えてブローカーとみられる被告もすでに、うその婚姻届などを出させた罪で逮捕、起訴されています。

戸籍抄本偽造、妻以外の女性と結婚

札幌市係長免職
妻がいながら、交際相手の女性と結婚したように装うため、戸籍個人事項証明(戸籍抄本)を偽造したとして、男性係長を懲戒免職処分にし、発表した。市は、道警に公文書偽造容疑で告発する方針。

市によると、係長は既婚者だが、妻とは別の女性と結婚を約束。離婚協議が進まなかったため、同居を始めていた交際女性に、この女性と結婚したことを信用させるため、戸籍抄本を自宅パソコンで偽造したとされる。

市職員部に「係長の離婚は成立していない」と通報があり、係長に事情を聴いたところ、偽造を認めた。係長は以前、戸籍住民課に勤務していた経験があり、戸籍抄本の作成に詳しかったという。

こんなことが市職員によって実際に行われたのです。

彼は、交際している女性に本当のことを伝えることができなかったのでしょう。それにしてもこんなことまでするとは、どんな精神状態だったのか理解に苦しむところです。

現在の日本で男女トラブルを起こしている人の傾向として「優柔不断」な人が絡んでいるケースが約9割を占めています。男女とも優しいと感じる人は、「優柔不断」な人を感じるみたいです。

このケースでも、はっきり裁判で離婚が長引いているといえばよかったのですが、中途半端に相手に気を使ったのでしょう。自業自得といったところです。

男女トラブルは、感情が絡み当事者同士では犯罪まで発展することもあります。そうなる前に当社に相談ください。あなたの力になります。

「お悩み相談」、「浮気相談」のみの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

投稿者プロフィール

直美
直美面談員 調査員
探偵歴25年、未だに現場にも出て日々調査をしています。浮気調査だけでなくあらゆる調査をしています。行方調査から聞き込み調査もしたうえ面談員としても対応をしています。探偵アンバサダー調査事務所では、探偵は10年鼻たれ、20年でやっと探偵と呼ばれています。今までの経験をもとに様々なトラブルを解決します。

次の記事

不倫の罰金