妻の浮気疑い 浮気調査のすすめ

妻の浮気疑い

みなさん浮気と言えば気になるのは慰謝料ですよね。
浮気の慰謝料は、決まっていません。
貴方が受けた苦痛をお金に換算すればよいのです。
浮気をされた心の痛みを慰謝料として請求することは、当然の行為です。
少しでも多く慰謝料を払わせたいと思うはずです。
では、一体どうすれば良いのでしょう

浮気の慰謝料は、浮気相手にも請求することができます。
浮気をした旦那様や奥様よりも、浮気相手に対いて慰謝料を請求したいと言う方は多いのです。
浮気相手に慰謝料を請求するためには、浮気の証拠を収集するだけでは足りません。
浮気相手の情報も入手しておきましょう!
この情報は、どこまで入手すれば良いのかはご相談ください。

妻の知人に暴行を加えて金銭を要求したとして強盗致傷の疑いで循環器内科部長の男を逮捕した。

逮捕容疑は路上で男性会社員を土下座させ、脇腹を蹴るなどして打撲などの軽傷を負わせ、近くの駐車場で刃渡り約10センチのナイフを突き付け、「50万円持ってこい。殺すぞ」などと金銭を要求した疑い。

容疑者の男は事件直前にトラブルになった妻からスマートフォンを取り上げ、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で妻になりすまして男性を呼び出した。

容疑者と男性は初対面だったという。男性からの110番で、駆け付けた署員が付近の路上で容疑者を発見した。

容疑者は「妻が浮気をしていると思い、カッとなった」と容疑を認めているという。

この様な事件になる前にご相談ください。

浮気調査のすすめ

事実は事実以上でも、以下でもなくただ事実なのです。事実を知り、理解することでどうしたらよいかが見えてくるのです。

事実なしで判断すること自体無謀なことです。浮気で悩んでいるなら当社に相談ください。

不倫疑惑は証拠採用されず 

 タレントを殴ったとして暴行罪に問われた会社経営の夫の公判、被告人質問が行われ、被告は暴行について認めず、改めて無罪を主張した。

 事件当時に録音した音声データが公開された。「パチン」という何かをたたく音について、被告は決してたたいた音ではなく、「はだしで右足を踏み出した時に、フローリングと接触した時の音」などと主張した。

 被告は事件後、「深く反省しています」「今後は暴力を振るいません」という誓約書を提出している。殴っていないという主張とは矛盾するが、この点を検察官からツッコまれると診断書が提出され、彼女が(暴行を)主張しているから、そういうことだろうと思ったと述べた。

 これらを踏まえ「今、なぜ殴っていないと言い切れるのか?」と質問。被告は「音声が何の音なのかわかったことと、彼女がケガをしていないことがわかったから。テレビの生放送に出ていたし」と弁明した。

 被告人質問では、以前から被告が疑っていたという浮気疑惑に関する証拠を申請しようとするも、裁判所は暴行事件と関係がないことや不確実性が存在するなどとして却下した。

投稿者プロフィール

直美
直美面談員 調査員
探偵歴25年、未だに現場にも出て日々調査をしています。浮気調査だけでなくあらゆる調査をしています。行方調査から聞き込み調査もしたうえ面談員としても対応をしています。探偵アンバサダー調査事務所では、探偵は10年鼻たれ、20年でやっと探偵と呼ばれています。今までの経験をもとに様々なトラブルを解決します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。