ストーカー殺人事件

ストーカー相談 ストーカー殺人事件

路上で女性刺され重傷 昨年からストーカー相談 元交際相手の男追う

 ○○都○○区○○の路上で、女性から「刃物で刺された」と119番通報があった。○○庁○○署員が駆けつけたところ、近くに住む50代の女性が腹部に包丁を刺されて倒れているのが見つかった。女性は病院に搬送されて重傷だが、命に別条はないという。

 ○○庁ストーカー・DV対処チームによると、女性は「相手はストーカー」などと説明。昨年7月から元交際相手の40代の男の脅迫行為を同署に相談するなどしており、○○署が殺人未遂事件として男の行方を追っている。

 女性は昨年7月23日、「男から『殺すぞ』などとメールが来る」と○○署に相談。12月26日には「男にカッターナイフを突きつけられ、復縁を迫られた」と110番通報があり、○○署は女性をホテルに避難させ、翌27日に男にストーカー規制法に基づいて口頭で警告していた。

○○署は脅迫容疑での立件を検討したが、男が女性の求めに応じてカッターナイフを捨てていたことや、女性が事件化に消極的だったことから立件を見送っていた。今年1月30日に○○署が女性に様子を尋ねたところ、「異状はない」と話していたという。

ストーカーは放置していてはこのような事件に発展する可能性を秘めている場合があります。ことを公にしたくない場合や、公的機関を利用せず解決したい場合は、自費で対応するのが現状です。

「お悩み相談」、のみの方には不向きな探偵社です。問題、悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

ストーカー容疑 女性にしつこくメール  逮捕

ストーカー容疑で○○官逮捕 女性にしつこくメール ○○県警
 元交際相手の女性に執拗(しつよう)にメールを送信したなどとして、○○県警○○署は10日、ストーカー規制法違反容疑で、○○署交通課の巡査○○○○容疑者(26)=○○市○○町=を逮捕した。「恋愛感情があった。話し合いに応じてくれずかっとなってやった」などと話し、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、11月5~15日、同県内の20代女性に対し「一緒にいてください。連絡来ないなら死にます」などの復縁を迫る内容のメール計71通を、携帯電話で送信。同15日、女性宅近くで女性が持っていた菓子を奪い、投げ捨てた疑い。
○○県警子ども女性対策課によると、2人は約1年間交際していたが、11月上旬に別れた。同月中旬、○○容疑者の不審な行動に上司が気付き、執拗なメールが発覚した。

 このように、ストーカーは異性に対し固執してしまった状態で起こるトラブルです。当事者だけでは、このような対応をしても問題はこじれてしまうだけで、帰って問題が悪化してしまうことがあります。

 また法的手段に訴えて、相手の気持ちが硬化してしまうと、リベンジポルノなどの別の問題に発展してしまう恐れがあり慎重な対応が求められます。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

ストーカー事件 顎に肘鉄

アゴに“肘鉄” 復縁迫り女性殴った46歳ストーカー男を逮捕
交際していた女性に復縁を迫って殴るなどしたとして南あわじ署は15日、暴行容疑で南あわじ市の運送会社アルバイト、清水祥文容疑者(46)を逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。

逮捕容疑は15日午前9時15分ごろ、南あわじ市内の駐車場で、交際していた同市内のパート従業員の女性(44)のあごをひじで殴るなどの暴行を加えたとしている。同署によると、清水容疑者は女性の勤務先の駐車場で待ち伏せしていた。10月に女性からの「別れたいのに、別れさせてくれない」との相談を受け、同署は清水容疑者に直接会って1度、口頭で警告していたという。同署はストーカー規制法違反の疑いでも調べを進める。
「前みたいに会いたい」61歳女性にストーカー、48歳の男を逮捕
女性に繰り返しメールを送りつけたとして、京都府警生活安全対策課と木津署は29日、ストーカー規制法違反の疑いで、奈良市富雄元町のパート従業員の男(48)を逮捕した。同署によると「好きだからやりました」と容疑を認めている。

逮捕容疑は9~10月、勤務先の同僚のパート従業員で、府内の女性(61)に「前みたいに会いたい」「連絡を下さい」などのメールを9回送信したとしている。

同署によると、男と女性は、勤務先の奈良市内のホテルで知り合い、数年前から交際していたが、女性が別れ話を持ちかけていた。
9月上旬に女性から、「別れられない」と相談を受けた同署が、男に警告した後も、メールが続いたという。

明確に、この調査をしてくださいと言えない場合でも、問題となっている以上対策を考えることが必要となってきます。その様な時にはヒアリングから始めてください。当社では無料相談など一切行っていません。無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。

投稿者プロフィール

直美
直美面談員 調査員
探偵歴25年、未だに現場にも出て日々調査をしています。浮気調査だけでなくあらゆる調査をしています。行方調査から聞き込み調査もしたうえ面談員としても対応をしています。探偵アンバサダー調査事務所では、探偵は10年鼻たれ、20年でやっと探偵と呼ばれています。今までの経験をもとに様々なトラブルを解決します。